犬のリハビリテーション 第1回 保護犬「ひなた」とのリハビリ

犬は「自分の足で立って歩きたい」という気持ちが強い動物です。 体へのリハビリは、心のケアやリハビリにつながり、犬たちが心身ともにより健康に楽しく暮らしていける時間をより長くしていくこともできます。

猫にシャンプーが必要なときって?

「飛びつき行動」を考える

ゆるっとワンコ薬膳のススメ 第2回 バランス 〜気・血・水(き・けつ・すい)〜 《 レシピ紹介》「気・血・水」を巡らせる 秋の潤いご飯

ゆるっとワンコ薬膳のススメ 第1回 薬膳ってなに? 《 レシピ紹介》鶏肉とカボチャのお粥 ~お腹を壊した時のお助けレスキューメニュー!

シニアドッグに部活動を 「嗅ぐ」遊び ~ノーズワーク~

年齢と共に、運動量が減り、身体機能が落ちていくのは、犬も人も同じ。 犬は、シニアになるとボール投げや引っ張りっこ、追いかけっこなど、アクティブな遊びをする頻度が減ってくるものです。 しかし、「あんまり動きたくなさそうだから」とそのままにしておくと、さらに愛犬が老け込んでしまうかもしれません。
今回は、運動系に変わる遊びで、何歳になっても犬が楽しみや達成感を得て活き活きとしたシニアドッグ生活をおくるためのヒントを考えていきます。 犬にとって、視覚・聴覚・嗅覚の中でいちばん最後まで残りやすい感覚は「嗅覚」。嗅ぎ分ける能力です。 個体差や知覚能力に違いますが、遊びの範囲でできるトレーニングとしては、犬種や年齢に関係なくできるのは、「嗅ぐ」を使ったオヤツ探しゲームです。

犬と猫と人間 『皮膚のトラブルと皮膚常在菌』のお話し

ペットのトラブル対処法 第1回 誤飲編〈 乾燥剤 〉シリカゲルの誤飲に気をつけて!乾燥剤の種類と対処法

犬のボディケア 第4回 作り方は簡単!ハッカ油で虫除けスプレー!

日本は動物愛護後進国! ~海外に学ぶ動物愛護 第1回~

みんなの夢、猫の未来 第3回「殺処分とペットビジネス」

動物愛護センターでは、1日に1000頭ほどの動物が、二酸化炭素ガスで殺処分させられています。(平成21年度の東京都の殺処分数は犬1,317頭 猫3,877頭)愛護センターという名称から動物が保護されていると思う方もいるかもしれませんが、殺処分が行われているのです。飼い主より直接持ち込まれた動物は、引き取り手がいないので即日処分をされます。私たちは、こうした動物をゼロにしたいのです。

鳥猟犬をたすけるために 第10回 声よ届け、想いよ届け

被災地に残された犬と猫 ~東日本大震災、ちばわんの被災動…

みんなの夢、猫の未来 第5回「命の大切さを伝えたい」

鳥猟犬をたすけるために 第9回 多くの犬とのめぐりあい

ピックアップ記事 〈 ワンコと一緒に鎌倉紅葉めぐり 〉

特集記事〈 アメリカの動物事情 〉

犬と猫と動物とアート

ゾウが絶滅する?

いま、野生のゾウが絶滅の危機に瀕していることをご存じでしょうか? アフリカのサバンナで、群で生活するゾウの姿を映像などでご覧になることも多いでしょう。大きな体をもつ、地上最大の動物と言われるゾウ。子ゾウがライオンなどに襲われることはあっても、生存を脅かすような天敵はいません。生態系の頂点にいるともいえるゾウが、絶滅の危機に瀕しているというのはどういうことなのでしょう。

おすすめ記事

これからのパートナー(犬・猫)と暮らす住まい 第3回 ~空き家リノベーションの提案~

社会問題にもなっている空き家(中古住宅)に着目し、 その活用例として「空き家をパートナー(犬・猫)と快適に暮らせる賃貸住宅にリノベーションした計画」を紹介します。

おでかけ

飼い方

しつけ

健康・病気

世界の動物事情

すまい

食べもの

アニマルライツ

PAGE TOP