おでかけ

ペットと一緒に行く船旅!北海道へ - 後編 –  『さんふらわあ ふらの』『さんふらわあ さっぽろ』

ぜひペットと一緒に乗船してほしい!
関東(大洗)・北海道(苫小牧)間を就航する『さんふらわあ ふらの』『さんふらわあ さっぽろ』の船旅をご紹介します。
開放的なパブリックスペース、プライベートな船旅が楽しめる個室が充実した新造船『さんふらわあ ふらの』『さんふらわあ さっぽろ』
 【商船三井フェリー】https://www.sunflower.co.jp/

ペットと泊まれる部屋『ウィズペットルーム』やドッグランがあり、ペットとの船旅を満喫できるフェリーです。

 まずは、乗船する前の楽しみ!

関東からの乗船は、茨城県にある『大洗港フェリーターミナル』
元気なわんちゃんたちは、すぐ近くにある『大洗サンビーチ海水浴場』でひと走り・ひと泳ぎするのがおすすめ!

町営の広い駐車場があり(夏季のみ有料)、遠浅で奥行きがあり1300mの長さがある砂浜なので、海水浴シーズン以外であれば、犬連れで思いっきり楽しめます。

 【BeachVr】大洗サンビーチ詳細情報 http://beachvr.net/ibaraki-ooaraisunbeach

そして、北海道で乗船する『苫小牧港フェリーターミナル』には、ドッグランがあります。

 

長さがあるランの中には、アジリティーセットもあります。
走るのが好き、遊び好きな、そんな犬たちの乗船前に使いたいドッグランです。

【苫小牧西港フェリーターミナル】ターミナル案内/ドッグラン
http://www.tomakai.com/ferry/2001_institution_03/2001_dogrun_0307.html

 いよいよ乗船!

乗船手続きで『ウィズペットルーム』や船内でペットと過ごす注意事項の説明をうけて、乗船時間を待ちます。
コンテナ、オートバイ、トラックが乗船して、最後に乗用車が乗船します。
手続き完了から車両の乗船まで約1~2時間、少し時間がかかります。
基本的に、車で乗船できるのは運転手のみ。同乗者は、歩いて乗船します。
犬は、運転手と一緒に車で乗船、ケージに入れて同乗者と乗船することもできます。

そして、ついに乗船!
車両デッキから個室までの移動は、カートを使います。
船内でペットをフリーにできる場所は、個室内(ウィズペットルーム)とペットルームとドッグラン。
それ以外は、デッキも含めて、カートにいれて過ごします。
フェリーには、大型犬も使えるレンタルカートが用意されています。
(レンタルカートは、車両デッキとフェリー内インフォメーションカウンターに置かれています)

 

 ホテルのような船内!

船内に入る扉を開いてびっくり!まるでホテルのような空間です。
きれいに整えられた開放的な船内と充実した設備。
レストランや売店はもちろん、2フロア吹き抜けになった展望ラウンジ(プロムナード)、遊具が用意されたキッズランド、落ち着いた雰囲気のベビールーム、船旅の思い出作りができるフォトギャラリーやゲームコーナー。

 
 
そして、大海原や夜空、朝日を眺めながら入れる広くてきれいな展望浴場&サウナ!

出航のわくわくと船旅の楽しみにテンションが上がりながら『ウィズペットルーム』に到着。

ペットと過ごせる『ウィズペットルーム』は3タイプ。
 *スーペリアウィズペット オーシャンビュー(5階/2室)
  4名定員/13.43㎡
 *スーペリアウィズペット オーシャンビュー(6階/2室)
  2名定員/8.46㎡
 *スーペリアウィズペット インサイド(6階/1室)
  2名定員(最大3名)/8.46㎡
写真は、スーペリアウィズペット オーシャンビュー(5階/2室)4名定員/13.43㎡です。

《 参考:2人と中型犬2頭で利用したときの印象 》
4名定員のスーペリアウィズペットは、余裕があり快適に過ごせました。
2名定員の部屋は、出入りの時などすこし狭さが気になりました。
5階のスーペリアウィズペットルーム入口の前室に、展望デッキにあるドッグランへの出入口があり、ドッグランへの移動がスムーズにできておすすめです。

〈参考〉商船三井フェリーオフィシャルホームページより

室内には、ペット専用の備品・設備も用意されています。

 

 ・空気清浄器 ・蓋付きダストBOX
 ・リードフック・リード(1本)
 ・お食事器・水飲み器
 ・L字型トイレトレー
 ・ペットシート(2枚) ・ビニール袋(2枚)
 ・ウェットティッシュ ・消臭スプレー
 ・粘着クリーナー(コロコロ)

お部屋でひとやすみしたら、ドッグランへ!

ドッグランには、
・シャワー ・水栓 ・水飲み場 ・ウンチBOX&ウンチ袋
が設置されています。

軽く走れる大きさがあり、犬たちの息抜きに充分な広さですね。
(デッキ左右の木枠が、ドックランになっています)

 

この日は、風が穏やかで海も凪いでいて、気持がいい展望デッキでした。
船内でくつろいでいる乗客が多いのか、いつの時間も人影はまばら。

 

船内の詳細は、下記URLでご確認ください。
 【商船三井フェリー】ペットと一緒にご乗船のお客様へ https://www.sunflower.co.jp/support/pet/

 楽しみに溢れるフェリーの旅

『さんふらわあ ふらの』『さんふらわあ さっぽろ』は、大切な家族であるペットとすっと一緒に過ごせるだけではなく、人にとってもいろんな過ごし方を楽しめるフェリーです。
和洋中、作りたての料理が食べれるバイキング方式のレストラン。
窓際のテーブルで、海と空を眺めながらの食事。
吹き抜けと大きな窓があるプロムナード(展望ラウンジ)は、個室では陸との距離によりつながりにくいこともあるwifi環境も比較的快適に使えます。
心地のいいソファに座ってくつろいだり、ネットで旅の計画をしてみたり。

そして一番のおすすめは、なんといっても展望浴場!
早起きをして楽しむ朝日を眺めながらの朝風呂。

〈入浴可能時間〉
 大洗港を出発するフェリー:乗船時~23時/6時半~下船時
 苫小牧港を出発するフェリー:乗船時~22時/6時半~下船時

アメニティーも充実した船室、天候や季節により変わる景色を楽しみながら、ぜひ一度ペットとの船旅を楽しんでみてください。

 

ペットと一緒に行く船旅!北海道へ - 前編 –  『さんふらわあ ふらの』『さんふらわあ さっぽろ』

吉川 奈美紀

吉川 奈美紀

投稿者の記事一覧

(きっかわ なみき)

ヨガ・ピラティス・空中ヨガ インストラクター
メディカルアロマアドバイザー

関連記事

  1. ペットと共に暮らすために考えたいこと 第12回 多頭飼育を考えた…
  2. 仔犬との暮らし手帖 第4回 とても大切な「社会化期」の過ごし方
  3. ペットを連れて、もっとおでかけを楽しもう! 第2回 九州 長崎の…
  4. 仔犬との暮らし手帖 第3回 散歩編 首輪or ハーネス?お散歩準…
  5. ワンコと一緒にアウトドア! 第2回 ある休日の海キャン
  6. ペットとの行楽で気を付けたいこと
  7. ペットとお出かけ 「夏」~国内編~ おでかけの準備
  8. ワンコ連れのおでかけガイド 第2回 乗り物 [車編]

今月の人気ランキング

PAGE TOP