アニマルライツ

犬と共に踏み出す一歩「KIDOGS」 第1回 KIDOGSの活動と目的 KIDOGS 犬の講師 里見潤

犬と共に踏み出す一歩
「KIDOGS」

第1回 KIDOGSの活動と目的
KIDOGS 犬の講師 里見潤


私は、ドッグトレーナーをする傍ら、飼い主に捨てられ保護された犬を一般家庭で暮らすためのトレーニングを通し、引きこもりや就学就労を継続的にできずに悩む若者たちの自立をサポートするNPO法人キドックス(KIDOGS)の活動に参加しています。
 
NPO法人「キドックス」は、「人と犬」双方の支援に繋がる活動をしたいと考えたキドックス代表の上山琴美のもと、ドッグトレーナーの山田有紀子と3名で2011年8月活動をスタートしました。それからどのような活動がいいのかを考えては行動することを繰り返し、2013年4月から茨城県土浦市にある土地と平屋を借りて現在の活動を始めました。
 
NPO法人動物愛護を考える茨城県民ネットワーク「CAPIN」の協力のもと、毎週火曜日から金曜日の日中に保護犬を預かり受け、参加する若者がそれぞれ1頭、保護犬のトレーニングを担当していきます。
保護犬が再び家庭で暮らし始めた時、一緒に暮らす家族が困らず、犬も安心してスムーズに生活に慣れていけるように、人の指示を理解し従うためのトレーニングを行っていきます。
犬たちをトレーニングするのは、あくまで参加する若者たちであり、犬と若者の双方にトレーニングのやり取りを教え伝えていくことが、ドッグトレーナーとしての私の役目です。

人と犬との繋がりを通し、互いに学び・考え・行動をしていくことで
「若者たちは、家から出る習慣を身に付け、就学就労や社会での自立をしていく」
「保護犬たちは、生涯を共にする里親家族との出会い、そして家庭犬としての暮らし」
キドックスの活動は、「人にとって」「犬にとって」共に一歩を踏み出すことを目的としています。
 
キドックスには、現在4人の若者が通っています。
彼ら彼女たちは、保護犬の散歩やトレーニングだけでなく、土を耕し畑を作り、その畑で野菜や花を育てたり、施設として使用している平屋のリフォーム、看板作り、草刈り、里親募集のポスター作りなど、たくさんのことを行っています。保護犬たちが運動したり、共にトレーニングを行うドッグランも自分たちで敷地内に作りました。
その他、コミュニケーションスキルを身に付けるための練習やパソコンスキルアップなど、就労に繋げるための講座やイベントにも参加しています。
若者たちは、保護犬を通して人と関わり・身体を動かし・生活習慣を取り戻していくことから始め、最終的には若者それぞれにとっての一歩に繋げていきたいと願っています。

 

活動をスタートしてから今まで、キドックスに通った若者は約20人。
キドックスでのプログラムを終えた後、約2ヶ月間の短期アルバイトをしたひとりの若者は、週5日・朝から夕方までの就労を、契約期間中に休むこと無くやり遂げました。
人に対する不安感があった和犬ミックス「タロウ」は、プログラムを通して、再び人との信頼関係を築き、里親家族が決まりました。
 
当然ですが、保護犬1頭1頭、若者1人1人、性格も悩みも課題も長所もみんな違います。
それぞれの犬・それぞれの若者にとって、何が正しいのか、どうすることが次のステップに繋がるのか、誰にも答えは分かりません。
私自身、初めての試みである自立に悩む若者たちへの指導がうまくいかず、悩むこともあります。だからこそ、若者たちの小さな変化に気付いたときが、とても嬉しいです。
朝、自ら挨拶することが苦手な若者が、自ら目を合わせ「おはようございます」と声をかけてくれたときは、挨拶をかえすことを忘れ、思わず喜んでしまいました。

 

犬と共に踏み出す一歩

-NPO法人「キドックス」のビジョン(目指す社会のあり方)

子ども・若者が自ら学び考えて行動し、主体的に自分の人生を生きることができる、犬が犬らしく人間社会の中で生きることができる、“人がその人らしく””犬がその仔らしく”心身豊かに生きられる社会を目指します。

-NPO法人「キドックス」のミッション(果たす使命)

“若者が社会で自立するための基礎力を身につける教育機会”
“犬が人の社会で幸せに暮らすための教育機会”
の2つを同時につくることで、双方に価値のある「ドッグ・プログラム」を提供します。

 

2014年8月8日掲載

 

NPO法人キドックス(KIDOGS)
http://kidogs.org/
キドックス 犬の講師 山田有紀子 Dog Training Wind Blume
http://wind-blume.com/index.html
 
【KIDOGS 講演会情報】2014年9月20日(土)都内にて講演会
「捨てられた犬とひきこもりの若者の再出発〜キドックスの現場から〜」を行います

http://kidogs.org/archives/5995

犬と共に踏み出す一歩「KIDOGS」
第2回 保護犬

里見 潤

里見 潤

投稿者の記事一覧

(さとみ じゅん)

ドッグコーチ

1975年、横浜市生まれ。2004年、警察犬訓練校に入学、出張トレーニング会社を経て、保護活動団体「Dog shelter」の専属スタッフとして、保護犬のトレーニング、一時預かり家庭と里親家庭の間に入り、アフターフォローを担当する。
2012年7月より独立。出張、及び預託トレーニングを柱に活動する傍ら、保護犬の一時預かりを継続中。
 
日本警察犬協会公認訓練士
ジャパンケネルクラブ公認訓練士
東京都動物愛護推進員

 保護犬預かりを主に、トレーニングのことを書いている里見潤さんのブログ
 「イヌと歩けば。」http://setahachidog.blog.fc2.com

関連記事

  1. 鳥猟犬をたすけるために 第8回 「いのち」をめぐる多くの課題
  2. ヨガでチャリティー 地域の力で地域の動物愛護を支えよう!
  3. 愛犬とのしつけエクササイズ 第5回.アイコンタクト
  4. これから
  5. イヌに教え、教えられ 第3回 生きるために、必要な物は多くない。…
  6. イヌに教え、教えられ 第34回 親に教えることは難しい
  7. イヌに教え、教えられ 第31回 犬(動物)目線からの譲渡
  8. 鳥猟犬をたすけるために 第6回 家族の理解

今月の人気ランキング

PAGE TOP