投稿者の記事一覧

里見 潤

里見 潤

(さとみ じゅん)

ドッグコーチ

1975年、横浜市生まれ。2004年、警察犬訓練校に入学、出張トレーニング会社を経て、保護活動団体「Dog shelter」の専属スタッフとして、保護犬のトレーニング、一時預かり家庭と里親家庭の間に入り、アフターフォローを担当する。
2012年7月より独立。出張、及び預託トレーニングを柱に活動する傍ら、保護犬の一時預かりを継続中。
 
日本警察犬協会公認訓練士
ジャパンケネルクラブ公認訓練士
東京都動物愛護推進員

 保護犬預かりを主に、トレーニングのことを書いている里見潤さんのブログ
 「イヌと歩けば。」http://setahachidog.blog.fc2.com

  1. イヌに教え、教えられ 第38回 先輩から教わり、後輩に繋げる

    先輩から学び、後輩に教えるのは、どの社会にもあること。 犬も人も似ている

  2. 犬を飼っていない人の立場で考えてみると

    自分(犬と散歩をしている人)が気にしないことでも、他の人にとって、とても気になることもある。

  3. イヌに教え、教えられ 第37回 先代犬と比べない。目の前の犬と向き合う

    先代犬が扱いやすい子だった場合、次に迎えた子とのギャップに悩み、比べてしまうことがあります。 その気持ちは、とてもよくわかります。 でも、耳丸(先住犬)は耳丸、すももはすももです。

  4. グループレッスンに行こう! 愛犬と一緒にいつもと違う環境でトレーニング

    グループレッスンとは慣れない場所で、他のペアとグループで飼い主と犬が一緒にトレーニングを行う…

  5. イヌに教え、教えられ 第36回 トレーニング意識を持ち続ける

    ヨークシャーテリアの「リク」は、散歩中に会う人・自転車・車など、何にでも吠えかかる。自宅周辺が通…

  6. 犬とのキャッチボールを楽しもう

  7. イヌに教え、教えられ 第35回 「根気よく、気長に向き合う」その後

  8. どこから犬を迎えるときも ~ドッグコーチ里見潤さん

  9. イヌに教え、教えられ 第34回 親に教えることは難しい

  10. 保護犬と暮らす時 気をつけるべき「脱走」

  11. イヌに教え、教えられ 第33回 「怖い」を「期待」に変えていく

  12. シニアドッグに部活動を 「嗅ぐ」遊び ~ノーズワーク~

  13. イヌに教え、教えられ 第32回 しつけは、家族みんなで

  14. 犬が匂いを嗅げる散歩をしていますか?「嗅ぐ」ことがとても大切な理由

  15. 子供と犬を守るために 乳児とゴールデンレトリバーの事故を考える ドッグコーチ 里見 潤 さん

今月の人気ランキング

おすすめ記事

鳥猟犬をたすけるために 第1回 CACIの活動を始めるまで

現在の日本では、猟犬は「狩の道具」であり、狩の現場で飼い主が放棄してしまうことが多いのです。これらの猟犬たちは、動物愛護センターに保護されますが、鳥猟犬を家庭犬として引き取ってもらうのは難しく、多くの犬たちはガスによる殺処分によって命を終えてしまいます。

新着記事

PAGE TOP