投稿・取材協力里見潤

  1. ペットを買うのは簡単。でも、飼いきることは、、、

    保護団体は、強く咬む犬を引き取り里親募集することはない。 万が一、里親が決まったとしても、その里親先でも同じ問題が起きる可能性があるからだ。 里親探しは、ミントと自分たち家族の問題を他の人に投げるだけだと伝えた。 愛護センターに放棄すれば、咬む犬は譲渡対象にできないため殺処分される。

  2. ブリーダー放棄犬 ~ 家族に福をもたらした「ふく」 ~

    「繁殖としての用途が終わったから」という理由で、ブリーダーから放棄された推定5歳のイタリアングレイハウンドが、犬の譲渡を専門に行っている動物愛護団体『Dog Shelter(ドッグシェルター)』に保護された。 穏やかな性格だったその犬は、「ふく」と名前と名付けられ、新しい家族が見つかるまで私の自宅で預かることになりました。

  3. 「ウン(チ)を拾って、運を取る」活動!

    犬の飼い主ひとりひとりが、日々の暮らしのついでにできる 「ウン(チ)を拾って、運を取る」活動! あなたもやってみませんか?

  4. イヌに教え、教えられ 第41回 家族が変わると犬が変わる

    家族にとってカイは、孫のような存在で可愛くてしかたがない。 このトレーニングの課題は『家族の考え方を変える』ことでした。

  5. ペットも食育 ~食べることがしつけにつながる~

    犬が「食べない」ことで「要求」が通ることを覚え、他の行動にも影響を与えはじめることがあります。 犬の食育を通して考える、愛犬にとっての10年先。

  6. 「飛びつき行動」を考える

  7. イヌに教え、教えられ 第40回 犬は、自らの準備が整ったとき、自ら変われる

  8. 飼いたい犬と飼いやすい犬は違う ~犬をむかえる前に「良い面」「難しい面」の両方を知ろう~

  9. イヌに教え、教えられ 第39回 経験させないことも大切な「犬の社会化」

  10. ドッグランを楽しむために 〜飼い主ができる3つのサポート〜

  11. イヌに教え、教えられ 第38回 先輩から教わり、後輩に繋げる

  12. 犬を飼っていない人の立場で考えてみると

  13. イヌに教え、教えられ 第37回 先代犬と比べない。目の前の犬と向き合う

  14. グループレッスンに行こう! 愛犬と一緒にいつもと違う環境でトレーニング

  15. イヌに教え、教えられ 第36回 トレーニング意識を持ち続ける

今月の人気ランキング

おすすめ記事

犬と共に踏み出す一歩「KIDOGS」 第1回 KIDOGSの活動と目的 KIDOGS 犬の講師 里見潤

私は、ドッグトレーナーをする傍ら、飼い主に捨てられ保護された犬を一般家庭で暮らすためのトレーニングを通し、引きこもりや就学就労を継続的にできずに悩む若者たちの自立をサポートするNPO法人キドックス(KIDOGS)の活動に参加しています。 NPO法人「キドックス」は、「人と犬」双方の支援に繋がる活動をしたいと考えた当会代表の上山琴美のもとに、犬の専門家など数名が集まり、2013年4月茨城県土浦市にある土地と平屋を借り活動を始めました。

新着記事

PAGE TOP