トラブル

  1. 被災地に残されたペットの救済 〜 被災地に学ぶこと 3 〜


    犬も猫も人も助かってよかった、だけではない。 ひとりでも多くの人が日頃から避難について考え、「助かってよかった、だけではない」ことを意識をして、避難行動をするきっかけとなれたら幸いです。

  2. 被災地に残されたペットの救済 ~被災地に学ぶこと 2 ~

    《 実際に、災害が起きて救助作業をする時、考慮しなくてはならないポイントは3つ 》 *総監督の指示が絶対 *現地の人員 行政・警察・自衛隊・プロ・関係者・被災者、そしてボランティアのチームワーク *トリアージュ

  3. 被災地に残されたペットの救済 〜被災地に学ぶこと 1〜

    今回は、「被災地に残されたペットの救済」について、動物虐待や違法行為などに関する「獣医法医学」を修了した認定法医学獣医師であり、アメリカ在住の現役臨床獣医師、シェルターメディシンでもある西山ゆう子さんにうかがいました。 実際に行われた「熊本県球磨村での犬・猫、そして住民の救済」から学び考えることです。

  4. ペットのトラブル対処法 第5回 アウトドア編 〈 ヘビに咬まれたら 〉-2 落ち着いて対処するために

    犬の様子が変な時、まして重篤な状態であれば、どんな飼い主さんでもパニックになるでしょう。 少しでも落ち着いて対処するために、毒性のあるヘビに咬まれた場合の症状と対処法について知っておきましょう。

  5. ペットのトラブル対処法 第5回 アウトドア編 〈 ヘビに咬まれたら 〉-1 日本にいるヘビの種類

    暑い季節は、川や湖などの水辺や涼しい森の中で犬と遊ぶ機会が増えますよね。 山や川など自然の多い場所では、草むらはもちろん、川石の影で体を温めているヘビに犬が咬まれる被害が多くあります。 愛犬をキャンプやハイキングなどのアウトドアに連れて行くときは、「ヘビがいる」ことを意識して、まず注意することが必要です。

  6. 犬にとって危険な植物たち ~危険!犬に食べさせてはいけない植物 2~

  7. 犬にとって危険な植物たち ~危険!犬に食べさせてはいけない植物~

  8. 犬にとって危険な植物たち ~犬が食べていい植物は?~

  9. 新型コロナウイルスに感染した人が住んでいる住居に入る時の注意

  10. 新型コロナウイルスに感染した人が住んでいる住居に入る時の注意 「ペットの取り扱いを注意する理由」

  11. 犬にとって危険な植物たち ~ガーデニングやお散歩で気を付けたい!~

  12. 「マナー」を意識することが「しつけ」にもいい影響をもたらす

  13. ペットの救急箱 我が家のオリジナル救急セットをつくろう!

  14. 犬の大敵「ノギ」イネ科の植物にご注意を!

  15. 災害時のペットとの避難を考える ~アメリカの事例:ペット同行避難のために事前計画を~

今月の人気ランキング

おすすめ記事

みんなの夢、猫の未来 第1回「不幸な猫をなくそう!」

猫は、保健所による捕獲義務のない動物です。その代わりに去勢や避妊の助成を行っている自治体が多くあります。足立区では、オス猫の去勢に2000円、メス猫の避妊に4000円の助成金制度を設けています。

新着記事

PAGE TOP