トラブル

  1. 犬の年齢と捻挫を考える

    そんなに激しく動いていたわけでもないのですが、犬の5・6歳は、人間で言うと中年になるころ。 このくらいの年齢になったら、ワンコも注意が必要なのかもしれません。

  2. 犬雑学〈 肉球の役割とケア 〉

    肉球にはどのような役目があり、また、私たちができるケアは何があるでしょうか。 愛犬の肉球を観察してみましょう。

  3. ペットのトラブル対処法 第5回 誤食編〈 ぶどう 〉犬がぶどうを食べたとき

    秋は、さまざまな木の実や果実が実る収穫の季節。 梨、桃、栗、団栗、胡桃、そして、ぶどう。 今回の「ペットのトラブル対処法」は、犬がぶどうを食べたときの対処法についてのお話です。

  4. 被災地に残されたペットの救済 〜 被災地に学ぶこと 3 〜


    犬も猫も人も助かってよかった、だけではない。 ひとりでも多くの人が日頃から避難について考え、「助かってよかった、だけではない」ことを意識をして、避難行動をするきっかけとなれたら幸いです。

  5. 被災地に残されたペットの救済 ~被災地に学ぶこと 2 ~

    《 実際に、災害が起きて救助作業をする時、考慮しなくてはならないポイントは3つ 》 *総監督の指示が絶対 *現地の人員 行政・警察・自衛隊・プロ・関係者・被災者、そしてボランティアのチームワーク *トリアージュ

  6. 被災地に残されたペットの救済 〜被災地に学ぶこと 1〜

  7. ペットのトラブル対処法 第5回 アウトドア編 〈 ヘビに咬まれたら 〉-2 落ち着いて対処するために

  8. ペットのトラブル対処法 第5回 アウトドア編 〈 ヘビに咬まれたら 〉-1 日本にいるヘビの種類

  9. 犬にとって危険な植物たち ~危険!犬に食べさせてはいけない植物 2~

  10. 犬にとって危険な植物たち ~危険!犬に食べさせてはいけない植物~

  11. 犬にとって危険な植物たち ~犬が食べていい植物は?~

  12. 新型コロナウイルスに感染した人が住んでいる住居に入る時の注意

  13. 新型コロナウイルスに感染した人が住んでいる住居に入る時の注意 「ペットの取り扱いを注意する理由」

  14. 犬にとって危険な植物たち ~ガーデニングやお散歩で気を付けたい!~

  15. 「マナー」を意識することが「しつけ」にもいい影響をもたらす

今月の人気ランキング

おすすめ記事

鳥猟犬をたすけるために 第1回 CACIの活動を始めるまで

現在の日本では、猟犬は「狩の道具」であり、狩の現場で飼い主が放棄してしまうことが多いのです。これらの猟犬たちは、動物愛護センターに保護されますが、鳥猟犬を家庭犬として引き取ってもらうのは難しく、多くの犬たちはガスによる殺処分によって命を終えてしまいます。

新着記事

PAGE TOP