しつけ・ケア

馬の体重(前編)

乗馬インストラクターがお伝えする馬のお話。
今回は、馬の体重についてです。

馬の体重と全体的な健康状態の間には強い関係があることをご存知でしょうか?
体重が過多または過少の馬は深刻な健康問題を引き起こすリスクがあります。

馬の体重は、遺伝、環境、年齢、全身状態などのさまざまな要因によって決まります。
馬の食事は、特に活動レベルと組み合わせると、体重に大きな影響を与える可能性があります。

さらに、クッシング病などの特定の病気は、体重の増減を引き起こす可能性があります。
加齢に伴う定期的な変化でも、徐々に体重が減少し、体調に変化が生じることがあります。

体重が重い馬と軽い馬

一般に、馬の品種は、重馬と軽馬の 2 つの主要なカテゴリのいずれかに分類されます。

クライズデール、パーシュロン、ベルジアン、シャイアなどの一部の馬は、ドラフトホース(カートホース)の品種として分類されます。

これらの重い馬は、トラクターが出現する前に農民のために鋤や荷車を牽引していました。
ドラフトホースは短い背中と強力な後肢を備えた仕事用に作られており、これらの品種は770kgから900kg以上の体重があります。

一方、軽量馬の体重は、品種とサイズに応じて 400kgから680kg程度の範囲です。

これらは、乗馬、レース、運転、牛の牧畜などに最も頻繁に使用される大型の馬です。
このグループの軽い方に位置するのは、400kgから500kgの範囲のアラビアンホースですが、平均的な温血種の体重は約600kg程度です。

馬の出生時の体重

信じられないかもしれませんが、品種に関係なく、すべての子馬の出生時の体重は母馬の体重の約 10% です。
したがって、体重が900kgの牝馬からは、出生時の体重が約90kgの子馬が生まれます。
体重が400kg程の小さな馬やポニーからは、体重が約40kgの赤ちゃんが生まれます。

馬は急速に成長し、通常は 2 歳までに成人の身長の約 90% に達します。
残りの 10% は少し遅くなります。
馬はその後約 2 年間成長し続け、約 4 歳で成人の身長に達します。

馬の体重の測定

馬の体重を測る方法は 4 つあります。

1) 家畜用体重計は、恣意性が最も低く、最良の尺度を提供します。
あなたも小動物の獣医の診察室で似たようなものを見たことがあるかもしれません。

2) ウェイトテープは仕立て屋が使用するものと同様です。
馬体重テープを胴に巻きつけておおよその計測を行います。
胴のサイズ (つまり、胴回りの面積) は重量に換算されます。

*重量テープは「平均的な」サイズの馬に最適ですが、小型馬、大型馬、成長期の馬にはそれほど正確ではない場合があります。

3)馬体重計算ツールを使用する。

4) 目測は馬体重の最も恣意的な尺度ですが、経験豊富な飼い主や獣医師でも、正確には把握できません。

馬の体重を知る意味

一般的な興味以外にも、馬の体重を知ることが良い理由がいくつかあります。

○馬の体重を知ることは、馬がどのくらいの量を食べるべきかを理解するのに役立ちます。

馬はそれぞれ異なるため、体重とライフスタイルを知ることで、どのくらいの量の食事をすべきかを判断することができます。
平均的な成熟した馬は、毎日約10kgの干し草を必要とします。

○馬の体重を知り理解することは、季節の変化を監視し理解するのに役立ちます。

放牧されている馬は冬に食べられる量が減るため体重が減少する傾向があります。
一部の馬は寒い冬を暖かく過ごすために余分なカロリーを必要としますが、そのカロリーは良質の干し草から摂取するのが最適です。
馬の健康状態と状態を測るのは体重だけではありません。
獣医師やその他の馬の専門家は、馬の体の脂肪が多すぎるか少なすぎるかを評価するためにボディコンディションスコア (BCS) を使用することがよくあります。スコアの範囲は 1 (非常に薄い) から 9 (非常に過度に調整されている) です。

また、馬は草へのアクセスが増えると余分な脂肪がつきやすくなるため、夏場の食事に注意することも重要です。
馬は、1 日に最大18時間草や干し草を探したり、むしゃむしゃ食べたりします。

○馬の体重を知ることは、健康上の問題の可能性を指摘し、投薬​​量を決定するのに役立ちます。

薬の誤用は非常に悪い結果をもたらす可能性があります。
強力な薬を投与する前に、馬の体重を知ることが重要です。

○馬の体重を知ることは、馬が安全に運んだり牽引したりできる体重を知るのに役立ちます。

平均的な馬は体重の約15~20%を安全に運ぶことができます (たとえば、体重500kgの馬は約100kgのライダーを乗せる事ができます)

*馬にその体格に対して過大な体重を負担させると、痛みや跛行の問題が発生するリスクが高まります。

馬の体重(後編)

進 由紀

進 由紀

投稿者の記事一覧

(すすむ ゆき)
乗馬インストラクター
全国乗馬倶楽部振興協会認定指導者

2002年より乗馬クラブでインストラクターとして働く

「馬は自分を映す鏡」の様な存在です。
自分の行動に対しての答えを、いつも分かりやすく返してくれます。
だからこそ、いつでも正直に、真剣に、謙虚に、馬と向き合う事が出来ます。
それは時に苦しいけれど、そんな時にもポッと何か閃きをくれたりする。
馬はとても賢くて、優しくて、そしてどんな馬もみな、真面目で頑張り屋です。

出会った馬には、幸せを感じながら人間と仕事をしてもらえるように。
また馬の素晴らしさを一人でも多くの方に知って頂けるように。

馬と共に成長し、人々に貢献する事を目標に、日々奮闘しています。

関連記事

  1. 新型コロナウイルスに感染した人が住んでいる住居に入る時の注意 「…
  2. 犬の躾について、私が思うこと。1/2
  3. 犬にとって危険な植物たち ~危険!犬に食べさせてはいけない植物~…
  4. 猫の肉球ケア 保湿クリームをつくろう!
  5. ゆるっとワンコ薬膳のススメ ~飼い主さんも一緒に『熱中症予防』~…
  6. ペットの救急箱 我が家のオリジナル救急セットをつくろう!
  7. 犬のリハビリテーション 第3回 ハイドロセラピーを体験!
  8. ゆるっとワンコ薬膳のススメ 〜今年も要注意!浮腫み解消と自律神経…

今月の人気ランキング

PAGE TOP