しつけ・ケア

猫のシニア期 ~シニア前期・シニア後期それぞれの過ごし方~

個体差がありますが、猫の寿命は平均的に15歳から20歳程度とされています。
そして、猫のシニア期は、一般的に7歳以上から始まります。
シニア期に入ると、猫の健康状態や行動にいくつかの変化が現れることがあります。

シニア期の過ごし方~ポイントを知っておきましょう~

シニア期の猫は、適切なケアと愛情を提供することで、幸せな健康な生活を送ることができます。

健康管理:

シニア期の猫は、特に定期的な健康チェックが重要です。
年に1回以上の獣医の診察を受け、健康状態を確認するしていきましょう。
健康問題の早期発見と治療は、猫の寿命と生活の質を向上させるのに役立ちます。

食事:

シニア期になると、猫の代謝率が低下し、運動量も減少することがあります。
適切な栄養バランスを保つために、高品質で栄養価のあるシニア用の猫フードを検討しましょう。
必要に応じて、獣医の指導のもとで食事を調整することも大切です。

運動と活動:

シニア猫は、若い頃と比べて活動量が減少することがありますが、適度な運動は健康を維持するために重要です。
遊びや軽い運動を通じて、筋力を維持し、過度の体重増加を防ぐことができます。

環境の調整:

シニア猫は、関節の不調や視力の低下などで、若い頃と比べて動きが鈍くなることがあります。
家の中で簡単にアクセスできる場所に食事やトイレを配置し、身の回りの環境を快適に調整してあげましょう。

注意深い観察:

シニア猫の行動や状態を注意深く観察しましょう。
食欲、飲水量、排泄、活動量、毛皮の状態などに変化がある場合、早めに獣医師に相談して適切な対処を行うことが重要です。

歯のケア:

歯の健康はシニア猫の総合的な健康に影響を与える要因です。
歯の健康を保つために、定期的な歯磨きや歯石の除去をしていきましょう。

心理的な刺激:

シニア期に入っても、猫は心理的な刺激を必要とします。
適切な遊びや愛情を提供し、猫が精神的にも満足感を持てる環境を提供しましょう。

猫のシニア期、前期と後期

猫のシニア期には、前期と後期という区分されます。
ただし、具体的な年齢に関する基準は一概にはなく、個体差がありますが、一般的な目安としては次のように分類されます。

シニア前期(シニアジュニア):

シニア前期は、おおよそ7歳から11歳までとされ、猫のシニア期の最初の段階です。
この時期はまだ比較的元気で活発なことが多いですが、年齢による変化が徐々に現れてくることがあります。
健康チェックや食事の調整などが大切となります。

シニア後期(シニアシニア):

シニア後期は、おおよそ12歳から15歳以上までとされ、猫の年齢による変化がより顕著になる時期です。
関節の問題や慢性的な病気、体力の低下などが現れやすくなります。定期的な健康チェックや、獣医師との連携が特に重要です。

このような前期と後期の区分は、猫の年齢による健康や行動の変化を理解し、適切なケアを行うための参考指標になります。
ただし、個々の猫の健康状態やライフスタイルに合わせたケアが最も重要であるため、獣医師のアドバイスを受けながら適切なケアを行うことが大切です。

シニア猫にとって丁度いい遊び

シニア猫には、体力や関節の健康を考慮しながら、楽しくかつ安全な遊びを提供することが大切です。以下にいくつかの適切な遊びのアイデアをご紹介します。

軽いモーションおもちゃ:

糸で結ばれた軽いおもちゃや、羽のついたおもちゃで遊びます。
これらのおもちゃを移動させた、猫が追いかけたりする姿を楽しむことができます。
〈注意点〉遊びの後は、おもちゃを猫の届かない場所に保管しておきましょう。

パズルトイ:

シニア猫の脳の活性化に役立つパズルトイ。
トリーツを隠すことで、猫がトリーツを見つけるために頭を使って遊びます。

ライトポインター:

小さなレーザーポインターを使って光を床や壁に動かし、猫が追いかけ遊びます。
〈注意点〉猫が直接光を追いかける際に目を傷つけないように気を付けてください。

軽いボール遊び:

軽いボールを転がす遊びは、シニア猫に適しています。
猫が興味を持つかどうか見守りながら、猫が遊びたがるスタイルに合わせて楽しんでください。

ぬいぐるみおもちゃ:

軽くて掴みやすいぬいぐるみおもちゃは、猫が興味を持って遊ぶことがあります。
おもちゃを持って歩いたり、蹴ったりする姿が愛らしいですね。

人間との対話:

人間との愛情深いコミュニケーションが、シニア猫にとっても大切です。
撫でたり、おしゃべりしたりすることで、猫の心を満たしてあげましょう。

適切な遊びは、猫の個性によっても異なるため、猫が楽しそうに遊んでいるか、無理なく楽しめるかを常に注意深く観察してください。
また、猫の健康状態に合わせて遊び方を調整することも大切です。

吉川 奈美紀

吉川 奈美紀

投稿者の記事一覧

(きっかわ なみき)

ヨガ・ピラティス・空中ヨガ インストラクター
メディカルアロマアドバイザー

関連記事

  1. ペットの医療・健康 第6回 アレルギー対策と、人間とペットの生活…
  2. 犬の年齢と捻挫を考える
  3. ゆるっとワンコ薬膳のススメ 〜愛犬の手術前ケア〜 2 ツボマッサ…
  4. ゆるっとワンコ薬膳のススメ 〜冬疲れしてませんか?胃の冷えにご用…
  5. ゆるっとワンコ薬膳のススメ ~今、ワンコはどんな顔してる?顔で見…
  6. ゆるっとワンコ薬膳のススメ 〜時間割で時短ケア!子午流中(しごる…
  7. ゆるっとワンコ薬膳のススメ 〜梅雨に起こりやすい不調とケア〜 1…
  8. 被災地に残されたペットの救済 ~被災地に学ぶこと 2 ~

今月の人気ランキング

PAGE TOP