世界の動物事情

  1. 動物愛護法の他にも、動物を助けられるものがあります「消費者啓蒙目的のラベル」

    どうかあきらめないでください。 愛護法だけではなく、私たちが他にできることが、きっとあるはずです。 少しずつ、動物たちが幸せになれるように、私たちができることを、力を合わせて考えていきましょう。 動物たちのために。

  2. 動物愛護法の他にも、動物を助けられるものがあります「ポジション・ステートメント(陳述、意見書)」「共同組合、自主規制グループ」

    動物愛護法以外に、私たちができるアプローチの方法。 1. ガイドライン 2. ポジション・ステートメント 陳述、意見書 3. 共同組合、自主規制グループ 4. 消費者啓蒙目的のラベル

  3. 動物愛護法の他にも、動物を助けられるものがあります「ガイドライン」

    動物愛護法以外に、動物を幸せにするもの その他にも、私たちができるアプローチとしては、以下があると思います。 1.      ガイドライン 2.      ポジション・ステートメント 陳述、意見書 3.      共同組合、自主規制グループ 4.      消費者啓蒙目的のラベル これらについて、以下、具体的に個人的な意見を述べたいと思います。

  4. 動物愛護法の他にも、動物を助けられるものがあります

    日本では、国民の間に広く動物の愛護と適正な飼養についての理解と関心を深める為、動物愛護管理法で毎年9月20〜26日の間を動物愛護週間と定められています。 今回の世界の動物事情は、動物愛護について、動物虐待や違法行為などに関する「獣医法医学」を修了した認定法医学獣医師であり、アメリカ在住の現役臨床獣医師、シェルターメディシンでもある西山ゆう子さんにうかがいました。

  5. 日本と世界の狂犬病事情 第4回 海外の狂犬病の現状と取り組みと対策

    気候や生活環境、人間性や地域性、経済情勢と各国で異なり、全ての国で同じような公衆衛生を整えるのは難しいことです。 今回は、世界の狂犬病の現状と取り組みと対策をまとめてみました。

  6. 日本犬が辿った系譜は日本人の歴史

  7. 日本と世界の狂犬病事情  第3回 海外における狂犬病発生の現状

  8. 日本と世界の狂犬病事情
 第2回 現在の日本における取り組みと対策

  9. 日本と世界の狂犬病事情
 第1回 狂犬病に向き合ってきた日本の歴史

  10. 新型コロナウイルスに感染した人が住んでいる住居に入る時の注意 「ペットの取り扱いを注意する理由」

  11. アメリカのシェルターにおけるコロナ対策「これからに備え、緊急事態における柔軟な対応を」

  12. アメリカのシェルターにおけるコロナ対策「新型コロナウイルス流行が長期化した時に、シェルターで何が起こるか」

  13. アメリカのシェルターにおけるコロナ対策「新型コロナウイルス渦中にあるアメリカの動物シェルター」

  14. イギリスとスイスの動物事情 第4回 イギリスとスイスを訪れて

  15. イギリスとスイスの動物事情 第3回 スイスの動物事情「SVPA(Société Vaudoise pour la Protection des Animaux ヴォー州動物保護協会)」

今月の人気ランキング

おすすめ記事

ようこそ猫カフェへ里親募集型猫カフェ「Hakobuneco」の取り組み 第1回.猫カフェってどんなところ?

最近注目されているのが「里親募集」を兼ねている猫カフェだ。カフェ内にいる猫は、事情があって保護された子たち。街角でみかける「譲渡会」とは違って、カフェでのびのびと暮らしながら猫たちは新しい里親を待つ、という仕組み。猫カフェは「新たな家族との出会いの場」になっているのだ。中には処分されるぎりぎりのところで保護され、猫カフェで家族とめぐり会い、幸せな暮らしをつかんだ猫もいるという。

新着記事

PAGE TOP