世界の動物事情

  1. コロナでペットを飼う人が増えた?~ アメリカの場合 ~ 最後まで大切に

    なぜ私が、衝動飼いではないと思っているのか? それは、ロサンゼルスの動物病院の外来にやってくる、多くのペットの飼い主さんたちの、微妙な心の変化を、肌で感じているからである。

  2. コロナでペットを飼う人が増えた?~ アメリカの場合 ~

    今回の世界の動物事情は、「コロナでペットを飼う人が増えた?~ アメリカの場合 ~」 動物愛護について、動物虐待や違法行為などに関する「獣医法医学」を修了した認定法医学獣医師であり、アメリカ在住の現役臨床獣医師、シェルターメディシンでもある西山ゆう子さんから、アメリカのコロナ渦後のペット飼育状況について伺いました。

  3. 2020年動物愛護法改正を基に非獣医の帝王切開手術を考える「法律で禁止されたからなくなるわけではない」

    日本は、欧米諸国と比べて動物愛護・動物福祉に関する考えが遅れているといわれています。 今回の動物愛護法の改正で、また一歩、少しづつでも近づき進んでいけたらいいと思います。

  4. 2020年動物愛護法改正を基に非獣医の帝王切開手術を考える「非公開ルートからの手術器具・麻酔薬入手の発生とアメリカでの予防策」

    非獣医師が帝王切開を行うことがあったとすれば、手術に使う器材(メス、鉗子など)や、麻酔薬等が、非公式なルートで、売買されていることになります。

  5. 2020年動物愛護法改正を基に非獣医の帝王切開手術を考える「非獣医師が行う帝王切開手術の問題点」

    繁殖業者が、非獣医師によって帝王切開手術を行うことがあるのならば、これは本当に恐ろしいことです。 はたして、「今後は法律で禁止になるので、これからは安心」と考えてよいのでしょうか? 非獣医師が帝王切開する場合の問題点は、

  6. 2020年動物愛護法改正を基に非獣医の帝王切開手術を考える「帝王切開手術は獣医師のみが行えると法律に明記」

  7. 動物愛護法の他にも、動物を助けられるものがあります「消費者啓蒙目的のラベル」

  8. 動物愛護法の他にも、動物を助けられるものがあります「ポジション・ステートメント(陳述、意見書)」「共同組合、自主規制グループ」

  9. 動物愛護法の他にも、動物を助けられるものがあります「ガイドライン」

  10. 動物愛護法の他にも、動物を助けられるものがあります

  11. 日本と世界の狂犬病事情 第4回 海外の狂犬病の現状と取り組みと対策

  12. 日本犬が辿った系譜は日本人の歴史

  13. 日本と世界の狂犬病事情  第3回 海外における狂犬病発生の現状

  14. 日本と世界の狂犬病事情
 第2回 現在の日本における取り組みと対策

  15. 日本と世界の狂犬病事情
 第1回 狂犬病に向き合ってきた日本の歴史

今月の人気ランキング

おすすめ記事

鳥猟犬をたすけるために 第1回 CACIの活動を始めるまで

現在の日本では、猟犬は「狩の道具」であり、狩の現場で飼い主が放棄してしまうことが多いのです。これらの猟犬たちは、動物愛護センターに保護されますが、鳥猟犬を家庭犬として引き取ってもらうのは難しく、多くの犬たちはガスによる殺処分によって命を終えてしまいます。

新着記事

PAGE TOP