世界の動物事情

  1. 日本と世界の狂犬病事情
 第2回 現在の日本における取り組みと対策

    狂犬病は、人を含むすべての哺乳類が感染する病気。 そして、発症すれば100%死亡する。 日本は、狂犬病清浄国だからこそ、自分自身を守るため、そして愛犬や愛猫を守るためにも狂犬病予防注射が必要なのだと改めて考えさせられました。

  2. 日本と世界の狂犬病事情
 第1回 狂犬病に向き合ってきた日本の歴史

    地球上には、様々なウイルスや細菌による感染症が存在しています。 そんな感染症のひとつである『狂犬病ウイルス(ラブドウイルス)』 現在の日本では、狂犬病の予防注射が義務化されています。 まずは、日本が狂犬病に向き合ってきた歴史と、狂犬病がどのような病気なのかをおさらいしましょう。

  3. 新型コロナウイルスに感染した人が住んでいる住居に入る時の注意 「ペットの取り扱いを注意する理由」

    世界各国で新型コロナウィルス対策が緩和へ向かう中、流行第2波への危機感が強まってきています。 今回の世界の動物事情は、万が一、新型コロナウイルス感染した家族の犬や猫を保護したり預かるような状況になったときに気を付けることを、動物虐待や違法行為などに関する「獣医法医学」を修了した認定法医学獣医師であり、アメリカ在住の現役臨床獣医師、シェルターメディシンでもある西山ゆう子さんにうかがいました。

  4. アメリカのシェルターにおけるコロナ対策「これからに備え、緊急事態における柔軟な対応を」

    いろんなニュースが氾濫していますが、読む側も、報道する側も、その後ろで何が実際に起こっているのか、ちゃんと把握してほしいものです。 ぜひ、ご自分で保護活動をされている方は、今からできることを実行してほしいです。

  5. アメリカのシェルターにおけるコロナ対策「新型コロナウイルス流行が長期化した時に、シェルターで何が起こるか」

    アメリカで行われている新型コロナ対策。 備えが必要になると考えたのは、今の状況が長期化したとき、動物シェルターで起こることが心配されているからです。

  6. アメリカのシェルターにおけるコロナ対策「新型コロナウイルス渦中にあるアメリカの動物シェルター」

  7. イギリスとスイスの動物事情 第4回 イギリスとスイスを訪れて

  8. イギリスとスイスの動物事情 第3回 スイスの動物事情「SVPA(Société Vaudoise pour la Protection des Animaux ヴォー州動物保護協会)」

  9. 外国で犬と暮らす―フィリピン中部ボホール島―

  10. イギリスとスイスの動物事情 第2回 イギリスの動物福祉「Southridge Animal Centre(サウスリッジ アニマル センター)」実務体験

  11. イギリスとスイスの動物事情 第1回 イギリス・スイス、そして日本の犬文化

  12. 動物たちも助けたい ~全国の災害時動物救護ニュース~ 第1回 VMAT「災害派遣獣医療チーム」 公益社団法人 福岡県獣医師会

  13. アメリカの動物事情 第10回 アメリカでの動物ボランティア・アメリカの動物問題/終わりに

  14. アメリカの動物事情 第9回 TNR(地域猫)

  15. アメリカの動物事情 第8回 アメリカ流犬の問題行動対策

今月の人気ランキング

おすすめ記事

犬と共に踏み出す一歩「KIDOGS」 第1回 KIDOGSの活動と目的 KIDOGS 犬の講師 里見潤

私は、ドッグトレーナーをする傍ら、飼い主に捨てられ保護された犬を一般家庭で暮らすためのトレーニングを通し、引きこもりや就学就労を継続的にできずに悩む若者たちの自立をサポートするNPO法人キドックス(KIDOGS)の活動に参加しています。 NPO法人「キドックス」は、「人と犬」双方の支援に繋がる活動をしたいと考えた当会代表の上山琴美のもとに、犬の専門家など数名が集まり、2013年4月茨城県土浦市にある土地と平屋を借り活動を始めました。

新着記事

PAGE TOP