アニマルライツ

2020年動物愛護法改正を基に非獣医の帝王切開手術を考える「非獣医師が行う帝王切開手術の問題点」

西山ゆう子さんの情報サイトより(2020年11月14日)
https://yukonishiyama.com/caesarean-nonveterinarian-law/

非獣医師が行う帝王切開

これに関して、今まで「うわさ」は聞いたことがありました。
実際には、私は、非獣医師が帝王切開をするのを見たこともなければ、直接、繁殖業者から聞いたこともありませんでした。
今回の数値規制の具体化において、で帝王切開に関する相談を、複数の関係者から取材を受けました。
その時、残念ながら、今でも一部で行われている、と複数の方証言するのを聞きました。
だからこそ今回、法の中で、獣医師以外は帝王切開をしてはいけないと、あえて明記されることになった、とも言われました。
真偽はわかりません。
本当に今でも、繁殖業者が、非獣医師によって帝王切開手術を行うことがあるのならば、これは本当に恐ろしいことです。
はたして、「今後は法律で禁止になるので、これからは安心」と考えてよいのでしょうか?

非獣医師の帝王切開は何が問題なのか?

非獣医師が実際に、帝王切開手術を行っているとしたら。
そもそも、今まで法律に全く記載がなかった訳ではありません。
帝王切開を含めて、動物に手術を施行するのが認められているのは、もともと獣医師のみです。
しかし、今後同愛法に明記されることで、今後完全に、問題解決されるとは思えません。
なぜなら、いくら法で具体的に禁止されたとしても、需要と技術と、物品の流通と、経済的な利点がすでにある限り、影で継続的に行われる可能性があります。

非獣医師が帝王切開する場合の問題点は、以下です。

1. 医学的基礎知識がない人が、見よう見まねで取得した手術は、安全性に欠け、また感染予防、疼痛管理、術後のケアが不十分になる。
2. また、医学苦的基礎知識がないゆえ、手術中、および術後に合併症が起こった場合、対処の仕方を知らない、できない、あるいは、対応できる器具器材、薬品がない。
3. 手術器具や麻酔薬の違法的な入手ルートが、すでにあるということ。
4. 麻酔薬を非獣医師が使用することは、麻薬取締法に違反。
5. 鎮痛薬、抗生剤など、手術後に必要な薬物も、獣医師以外の人は、正式に購入できない。
6. 痛み、苦痛に対する配慮が、正当になされていない可能性がある。

ある人は、「麻酔なんか使わずに、帝王切開しているのでは」と言っていました。
もし本当だとしたら、これはもう、動物虐待以外の何物でもありません。

「帝王切開手術は獣医師のみが行えると法律に明記」

「非公開ルートからの手術器具・麻酔薬入手の発生とアメリカでの予防策」

吉川 奈美紀

吉川 奈美紀

投稿者の記事一覧

(きっかわ なみき)

ヨガ・ピラティス・空中ヨガ インストラクター
メディカルアロマアドバイザー

関連記事

  1. 犬や猫の出産と帝王切開を考える 「帝王切開の問題点と今後の法規制…
  2. イヌに教え、教えられ 第31回 犬(動物)目線からの譲渡
  3. 被災地に残されたペットの救済 〜 被災地に学ぶこと 3 〜

  4. 鳥猟犬をたすけるために 第6回 ルールの認識不足が事故を生む
  5. 許容範囲(限界)を守った活動を ~保護活動「かわいそう」と向き合…
  6. あなたは、人目線ですか?犬目線ですか?
  7. 犬と楽しむ水辺遊び ~ SUP編 ~
  8. アメリカの動物事情 第1回.アメリカの動物事情

今月の人気ランキング

PAGE TOP