吉川奈美紀

犬のおやつ「ジャーキー」を手作りしてみよう!

犬や猫たちが大好きなおやつ。
市販のおやつパッケージに記載された成分表示に、さまざまな添加物があるのを見たことがある方も多いかと思います。
私は、『無添加』と表示されたものにさえ、添加物表記があったのを見て驚いたことがありました。
ときには、生体に危険なため人用に使用されることがない「エトキシキン」という防腐剤が使われていることまであります。
どんな材料でどんな製法でつくられたおやつか?
それは、つくった人にしかわからいものです。
私たちは、愛犬や愛猫にどんな食べ物をあたえるかを選べることができますよね。
今回は、意外と簡単にできる完全無添加手づくりジャーキーの作り方をご紹介します。

 用意するものはこれだけ!

・ジャーキーメーカー(食品乾燥機)
・冷凍エゾ鹿生肉

今回は、幼犬から高齢犬まで滋養強壮にもとても良い、低カロリー・低アレルギーでいい筋肉を作るのにも効果的と言われている鹿肉で作ってみました。
スーパーなどで手軽に購入できる、高たんぱく低カロリーな鶏ささみ肉でつくるのもおすすめです。

 手順はこれだけ!

〈 手順1 〉薄くスライスする(1mmくらい)
冷凍された肉を半解凍して切ると、薄く切りやすいです

〈 手順2 〉ジャーキーメーカーのトレーに肉をならべる

〈 手順3 〉58℃で乾燥する

乾燥時間:5時間後の状態

包丁で切ると厚さにムラができたため、完全に乾燥されるものとソフトな仕上がりになるものがあります。

*パリパリに乾燥できたものは、常温保存。
*ソフトな仕上がりのものは、冷蔵庫に保存して早めに食べるようにしましょう。

また、お肉の切れ端が残ったときは、オーブンやフライパンでローストして、おやつにはもちろんフードにトッピングしても、犬たちは大喜びです!
愛犬が食べるおやつやご飯をすべて手づくりにすることは、いろいろと難しいことが多いですよね。
とってもシンプル簡単につくれて、保存もできるジャーキー。
今度、一度つくってみませんか?

吉川 奈美紀

吉川 奈美紀

投稿者の記事一覧

(きっかわ なみき)

ヨガ・ピラティス・空中ヨガ インストラクター
メディカルアロマアドバイザー

関連記事

  1. ペットの医療・健康 第23回 「吐く」ときに考えられること
  2. 獣医師とつくる ペットの健康を考えるごはん 第2回 1頭1頭の個…
  3. 犬の「ハウス」をインテリアに
  4. ゆるっとワンコ薬膳のススメ  秋ケア お腹編 《レピシ紹介》お腹…
  5. 台風19号で被災した動物保護施設をみんなで支援しよう!
  6. ゆるっとワンコ薬膳のススメ 《体質診断をしてみよう!》「血」の話…
  7. ゆるっとワンコ薬膳のススメ 第5回 〜動物だって、浮腫むんです〜…
  8. ペットの医療・健康 第22回 「むくみ」について知ろう

今月の人気ランキング

PAGE TOP