吉川奈美紀

犬と猫の五感シリーズ 2『味覚』

犬と猫の五感シリーズ。
今回は「味覚」についてのお話です。

動物と人とで違う「味の基本感覚」と「味覚の受容体」

光の三原色と同じように、味にも5つの基本感覚「五味」があります。
五味とは、甘味・塩味・酸味・苦味・旨味
(「甘味」は炭水化物と関連があり、「苦味」は有害物質と関連があります)
人は、この5つの味を感じながら生きていますが、動物によって感じられる味覚の数に違いがあります。

また、味を感じる舌には、味覚の受容体「味蕾(みらい)」があります。
一般的に、味蕾の数が多ければ多いほど味覚がいいと考えられています。
動物による味蕾の数を調べてみると、人の味蕾が5000個~10000個に対し、
・ネコ:約500個
・イヌ:約2000個
・ブタ:約15000個
・ウシ:約25000個
草食動物に味蕾が多いのですね。
そして、人は草食動物と肉食動物の中間くらいの味覚を持っているということになります。

猫の味覚

猫は、甘みを感じる遺伝子が備わっておらず、甘味を除く4つの味(塩味・酸味・苦味・旨味)を感じています。
これは、ネコが完全に肉食であることと関連しています。
糖分を取らないから甘味を感じる必要がないのです。
そして猫は、体温程度(37~38℃)に温かい食べものを好みます。

犬の味覚

犬は、塩味を除く4つの味(甘味・酸味・苦味・旨味)を感じていると言われています。
そして、人に比べ味蕾が少ないため、人のように食べものを味わって食べることはないそうです。
元来犬は、群れで生活をする肉食動物であり、獲物を捕まえると他の犬と競うようにして胃袋に収めるがあります。
よく噛まないで飲み込んでしまう犬は、こうした本能が強うのかもしれませんね。

もちろん人と同じように、犬や猫にも個体差があり、好みも違います。
フードにいれたお薬を気にせず食べてくれる子もいれば、肉やチーズなどにくるんであげても薬だけ上手に出してしまう子もいます。
犬には、甘味と関連がある炭水化物=パンなどにくるんでお薬をあげてもいいかもしれませんね。

 

吉川 奈美紀

吉川 奈美紀

投稿者の記事一覧

(きっかわ なみき)

ヨガ・ピラティス・空中ヨガ インストラクター
メディカルアロマアドバイザー

関連記事

  1. 飯館村に残されている犬や猫 〜東日本大震災から9年、今の私たちに…
  2. 愛犬と一緒につかえる!アロマオイルでつくる虫除けスプレー
  3. 『パックウォーク』のすすめ – 1
  4. 飼い主さんができる犬のケア ~耳そうじ編~
  5. ペットの医療・健康 第21回 前庭疾患(突発性前庭疾患)
  6. 2020年動物愛護法改正を基に非獣医の帝王切開手術を考える「非獣…
  7. シニア犬・シニア猫との暮らし手帖 第1回 シニア犬のごはんと食べ…
  8. 犬の冬の過ごし方 第1回 愛犬の寒さに気づいてあげよう!

今月の人気ランキング

PAGE TOP