投稿者の記事一覧

吉川 奈美紀

吉川 奈美紀

(きっかわ なみき)

ヨガ・ピラティス・空中ヨガ インストラクター
メディカルアロマアドバイザー

  1. 2020年動物愛護法改正を基に非獣医の帝王切開手術を考える「法律で禁止されたからなくなるわけではない」

    日本は、欧米諸国と比べて動物愛護・動物福祉に関する考えが遅れているといわれています。 今回の動物愛護法の改正で、また一歩、少しづつでも近づき進んでいけたらいいと思います。

  2. 2020年動物愛護法改正を基に非獣医の帝王切開手術を考える「非公開ルートからの手術器具・麻酔薬入手の発生とアメリカでの予防策」

    非獣医師が帝王切開を行うことがあったとすれば、手術に使う器材(メス、鉗子など)や、麻酔薬等が、非公式なルートで、売買されていることになります。

  3. 2020年動物愛護法改正を基に非獣医の帝王切開手術を考える「非獣医師が行う帝王切開手術の問題点」

    繁殖業者が、非獣医師によって帝王切開手術を行うことがあるのならば、これは本当に恐ろしいことです。 はたして、「今後は法律で禁止になるので、これからは安心」と考えてよいのでしょうか? 非獣医師が帝王切開する場合の問題点は、

  4. 2020年動物愛護法改正を基に非獣医の帝王切開手術を考える「帝王切開手術は獣医師のみが行えると法律に明記」

    8月、動物の適正飼養管理方法等に関する検討会により「適正飼養管理の基準の具体化」について発表されました。 そこには、帝王切開手術についても盛り込まれています。

  5. 犬や猫の出産と帝王切開を考える 「帝王切開の問題点と今後の法規制」

    繁殖回数や、妊娠の間隔などは、将来は、ガイドラインや、専門家の意見、奨励として通達してもよいのでは、と思っています。 現場の立ち入り操作と動物保護ができることが前提ですが。 今回の愛護法の数値化、具体化は、まだ第一歩の状態ですが、非常に意義が大きく、大きな期待もしています。

  6. 犬や猫の出産と帝王切開を考える 「生涯出産回数や頻度に関する安全性について」

  7. 犬や猫の出産と帝王切開を考える 「帝王切開手術に関する疑問」

  8. 犬や猫の出産と帝王切開を考える 「帝王切開とは?」

  9. 犬の生活習慣病予防のために~「住環境」が引き起こす疾患を知っておこう!

  10. 犬の生活習慣病予防のために~まずは「肥満」対策から!

  11. ペットのトラブル対処法 第5回 誤食編〈 ぶどう 〉犬がぶどうを食べたとき

  12. 動物愛護法の他にも、動物を助けられるものがあります「消費者啓蒙目的のラベル」

  13. 動物愛護法の他にも、動物を助けられるものがあります「ポジション・ステートメント(陳述、意見書)」「共同組合、自主規制グループ」

  14. 動物愛護法の他にも、動物を助けられるものがあります「ガイドライン」

  15. 動物愛護法の他にも、動物を助けられるものがあります

今月の人気ランキング

おすすめ記事

犬と人が共に笑顔で暮らすために ~ドッグトレーニングチーム dog luck~ 第1回 dog luckのはじまり

ペット先進国と言われる国々では、犬を迎えたらその体格の大小に関わらず、まず最初に求められるのが「適切なしつけ」であるといいます。お行儀よく振舞えるから人の迷惑にならず、結果的に「ペット不可」と規制される場所も少なくなる。日本ではまだまだ課題の多い部分ではないでしょうか。 「dog luck」は、プロ・ドッグトレーナー3名によるドッグトレーニングチーム。「犬を取り巻く人と社会の意識の底上げ」を大きな目標として掲げています。

新着記事

PAGE TOP