アニマルライツ

  1. イヌに教え、教えられ 第48回 飼い犬がシニアに、、「ここからの犬生を楽しむ」

    思うように身体を使えないことも増えてきたが、手助けはし過ぎないように、自分でできているうちは、危険が無いうちは見守るようにもする。 まだこれからの犬生を楽しめるはず。 「楽しませること、自分も楽しむことも忘れない」 シニア犬との生活だからこそ!気がつけることがある。 シニアだからと老け込むのではなく、穏やかに楽しむことを優先する生活。

  2. イヌに教え、教えられ 第48回 飼い犬がシニアに、、「年齢との向き合い方」

    70歳を過ぎたおまめの生活をどう考えるか? これからの時間をどう過ごすか? シニア年齢の犬との向き合い方を見直すきっかけにするしかありませんでした。

  3. 2020年動物愛護法改正を基に非獣医の帝王切開手術を考える「法律で禁止されたからなくなるわけではない」

    日本は、欧米諸国と比べて動物愛護・動物福祉に関する考えが遅れているといわれています。 今回の動物愛護法の改正で、また一歩、少しづつでも近づき進んでいけたらいいと思います。

  4. 2020年動物愛護法改正を基に非獣医の帝王切開手術を考える「非公開ルートからの手術器具・麻酔薬入手の発生とアメリカでの予防策」

    非獣医師が帝王切開を行うことがあったとすれば、手術に使う器材(メス、鉗子など)や、麻酔薬等が、非公式なルートで、売買されていることになります。

  5. 2020年動物愛護法改正を基に非獣医の帝王切開手術を考える「非獣医師が行う帝王切開手術の問題点」

    繁殖業者が、非獣医師によって帝王切開手術を行うことがあるのならば、これは本当に恐ろしいことです。 はたして、「今後は法律で禁止になるので、これからは安心」と考えてよいのでしょうか? 非獣医師が帝王切開する場合の問題点は、

  6. 2020年動物愛護法改正を基に非獣医の帝王切開手術を考える「帝王切開手術は獣医師のみが行えると法律に明記」

  7. 犬や猫の出産と帝王切開を考える 「帝王切開の問題点と今後の法規制」

  8. 犬や猫の出産と帝王切開を考える 「生涯出産回数や頻度に関する安全性について」

  9. 犬や猫の出産と帝王切開を考える 「帝王切開手術に関する疑問」

  10. 犬や猫の出産と帝王切開を考える 「帝王切開とは?」

  11. 動物愛護法の他にも、動物を助けられるものがあります「消費者啓蒙目的のラベル」

  12. 動物愛護法の他にも、動物を助けられるものがあります「ポジション・ステートメント(陳述、意見書)」「共同組合、自主規制グループ」

  13. 動物愛護法の他にも、動物を助けられるものがあります「ガイドライン」

  14. 動物愛護法の他にも、動物を助けられるものがあります

  15. 2020年動物愛護週間のテーマは 「人も動物も幸せに~考えよう、共にくらす社会~」

今月の人気ランキング

おすすめ記事

鳥猟犬をたすけるために 第1回 CACIの活動を始めるまで

現在の日本では、猟犬は「狩の道具」であり、狩の現場で飼い主が放棄してしまうことが多いのです。これらの猟犬たちは、動物愛護センターに保護されますが、鳥猟犬を家庭犬として引き取ってもらうのは難しく、多くの犬たちはガスによる殺処分によって命を終えてしまいます。

新着記事

PAGE TOP