アニマルライツ

  1. 犬や猫の出産と帝王切開を考える 「生涯出産回数や頻度に関する安全性について」

    犬の妊娠出産は、何歳までが安全でしょうか? これに関しては、やはり科学的な報告が乏しく、また、あっても局所的なもので、包括的なデータがありません。 業界で一致している意見は、『最初の発情(通常1歳未満)の時は、妊娠を避けたほうがよい』ということです。

  2. 犬や猫の出産と帝王切開を考える 「帝王切開手術に関する疑問」

    帝王切開手術は、何回もやってよいのでしょうか?(何回までという医学的な制限はありますか?) 犬・猫の帝王切開手術を「生涯何回まで」と制限するという科学的なデータはありません。 帝王切開後の回復や後遺症は、個体差が大きいことなので一般理論として何回までと決めるのは難しいと思います。 一般に、帝王切開手術後、素早く回復できる犬もいれば、母体の体力の回復に相当な時間を要する個体もあります。

  3. 犬や猫の出産と帝王切開を考える 「帝王切開とは?」

    医学的な知識と技術を備えた獣医師でなければできない外科手術である「帝王切開」を一部のブリーダーが行っているという現状。 今後、どうやって数値化を具体的にして悪徳ブリーダーをなくすべきなのかを考える前に「帝王切開」がどのような手術で、どんなリスクがあるのか? 今回の世界の動物事情は、動物愛護について、動物虐待や違法行為などに関する「獣医法医学」を修了した認定法医学獣医師であり、アメリカ在住の現役臨床獣医師、シェルターメディシンでもある西山ゆう子さんの話から学んでいきましょう。

  4. 動物愛護法の他にも、動物を助けられるものがあります「消費者啓蒙目的のラベル」

    どうかあきらめないでください。 愛護法だけではなく、私たちが他にできることが、きっとあるはずです。 少しずつ、動物たちが幸せになれるように、私たちができることを、力を合わせて考えていきましょう。 動物たちのために。

  5. 動物愛護法の他にも、動物を助けられるものがあります「ポジション・ステートメント(陳述、意見書)」「共同組合、自主規制グループ」

    動物愛護法以外に、私たちができるアプローチの方法。 1. ガイドライン 2. ポジション・ステートメント 陳述、意見書 3. 共同組合、自主規制グループ 4. 消費者啓蒙目的のラベル

  6. 動物愛護法の他にも、動物を助けられるものがあります「ガイドライン」

  7. 動物愛護法の他にも、動物を助けられるものがあります

  8. 2020年動物愛護週間のテーマは 「人も動物も幸せに~考えよう、共にくらす社会~」

  9. 家に残すペットの命を守るために 〜東日本大震災から9年、今の私たちにできること〜

  10. 飯館村に残されている犬や猫 〜東日本大震災から9年、今の私たちにできること 〜

  11. 東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて 「補助犬」と「ほじょ犬トイレ」を知ろう!

  12. 「なぜ捨てられた?」犬が捨てられる理由

  13. クリスマスに動物愛護団体や愛護センターの動物たちへ愛のプレゼントを!

  14. 災害時のペットとの避難を考える ~アメリカの事例:ペット同行避難のために事前計画を~

  15. 災害時のペットとの避難を考える ~アメリカの『スノーボール法』~

今月の人気ランキング

おすすめ記事

犬と人が共に笑顔で暮らすために ~ドッグトレーニングチーム dog luck~ 第1回 dog luckのはじまり

ペット先進国と言われる国々では、犬を迎えたらその体格の大小に関わらず、まず最初に求められるのが「適切なしつけ」であるといいます。お行儀よく振舞えるから人の迷惑にならず、結果的に「ペット不可」と規制される場所も少なくなる。日本ではまだまだ課題の多い部分ではないでしょうか。 「dog luck」は、プロ・ドッグトレーナー3名によるドッグトレーニングチーム。「犬を取り巻く人と社会の意識の底上げ」を大きな目標として掲げています。

新着記事

PAGE TOP