アニマルライツ

「地域猫(TNR)」と「さくらねこ」

野良猫たちとの共生のために欠かせない「地域猫(TNR)」活動において、大切な印をもった猫たちが「さくらねこ」です。
3月22日『さくらねこの日』の前に、「地域猫(TNR)」と「さくらねこ」について学んでみましょう!

「地域猫(TNR)」とは?

野良猫にレスキューが避妊や去勢、予防接種を行なって地域にかえし、地域住民の管理の元で生活する猫のことを「地域猫(TNR)」といいます。
ここ数年、日本各地でもその活動が評価され、多くの人が知る存在となってきています。
ボランティアの力で行われている様々な動物レスキューと異なり、地域猫の活動は、地元住民の方々の協力が必要不可欠になります。

 TNR(地域猫)=Trap・Neuter・Return

なぜ、地域猫に地元住民の協力が必要不可欠なのか?
それは、そのシステムにあります。
地域猫は、野良猫を避妊去勢して、地域で管理する「TNR活動」です。
「TNR」とは、Trap・Neuter・Returnの頭文字をとったものです。

【 Trap(トラップ)= 捕獲すること 】

*捕獲するとき注意することがあります
・猫がけがをしないように気をつける。
・捕獲をするエリアに、連絡先や目的など書いた張り紙をする → 家庭で飼育されている猫が捕獲されないように
・捕獲機を仕掛けている間、その場所から離れない。
・猫が捕獲機に入ったら、速やかに布で捕獲機全体を包み込んで猫を安心させる。

【 Neuter(ニューター)= 不妊(避妊去勢)手術のこと 】

・不妊(避妊去勢)手術をしたら、その目印として猫の耳先をカット(さくら耳)します。

【 Return(リターン)= 猫を元の場所に戻す 】

*リターンした後にも注意することがあります
・地域猫活動をしているボランティアが、猫の術後経過観測をします。
・餌は、置き餌をせず、猫が食べ終わるのを待ち、あとかたづけと掃除をします → 地域の衛星を守るため

 さくらねことは?

「さくらねこ」とは、不妊手術済みのしるしに、耳先を「さくらの花びらの形」にカットしたねこの事です。
この耳のことを、「さくら耳」といいます。
人社会で生きているノラ猫たちが生きていくためには、不妊手術をして、これ以上増えないことを主張していく必要があります。
先に命をつないでいかないことの良し悪しは横に置き、今目の前に存在する命(猫)が、過度な苦痛を受けることなく、命をまっとうするためにつけられる印が「さくら耳」。
だれが見てもわかる目印「さくら耳」をした猫が「さくらねこ」です。

参考:公益社団法人どうぶつ基金HP https://www.doubutukikin.or.jp/

吉川 奈美紀

吉川 奈美紀

投稿者の記事一覧

(きっかわ なみき)

ヨガ・ピラティス・空中ヨガ インストラクター
メディカルアロマアドバイザー

関連記事

  1. 犬の大敵「ノギ」イネ科の植物にご注意を!
  2. 鳥猟犬をたすけるために 第1回 CACIの活動を始めるまで
  3. みんなの夢、猫の未来 第1回「不幸な猫をなくそう!」
  4. シニア犬・シニア猫との暮らし手帖 第2回 シニア期を元気に過ごす…
  5. アメリカの動物事情 第9回 TNR(地域猫)
  6. 写文集『クマと旅をする』動物写真家 前川貴行さん、画家・絵本作家…
  7. あなたは、人目線ですか?犬目線ですか?
  8. イヌに教え、教えられ 第48回 飼い犬がシニアに、、「年齢との向…

今月の人気ランキング

PAGE TOP