トラブル

猫にとって危険な植物たち ~危険!猫に食べさせてはいけない植物~

個体差はありますが、とても身近に猫にとって毒性のある植物があります。
気づかず被害にあってしまうことがないように、正しい知識と情報を身につけておきましょう。

猫にとって危険な植物のいくつかご紹介します。


ユリ科の植物

ユリ科の植物(例: ユリ、チューリップ、ダフネ)は、猫にとっては非常に危険です。
特に、花や葉を食べると、重度の消化器症状や中毒症状が起こります。
ユリは、植物は花、花粉、葉、球根などすべてが有害となります。
少量で腎臓に障害がおこり、特に、猫に有害で死亡することもあります。
決して食べさせないようにしてください。

イチイ

クリスマスの装飾に使われる植物。
イチイの葉や実を食べると、消化器系や神経系の問題を考慮する可能性があります。

ポインセチア

クリスマスによく見かけるポインセチア。
葉や茎に含まれる成分が消化器系や皮膚に刺激を与え、嘔吐や下痢などの症状があることがあります。

サンスベリア

観葉植物として人気があるサンスベリア。
主に葉に毒成分が含まれており、食べると嘔吐や下痢などの症状を考慮する可能性があります。

ネギ類(タマネギ・ニンニクなど)

タマネギとニンニクを摂取すると、赤血球の破壊を図る可能性があります。

シクラメン

観葉植物として室内に飾られることの多いシクラメン。
シクラメンの根・茎・葉は、 摂取すると消化器症状や神経症状が起こります。

アザミ科の植物

アザミ科の植物(例: カーネーション、アスター、ヒマワリ)は、触れると消化器症状や皮膚炎が考えられる可能性があります。

フィロデンドロン

観葉植物として一般的ですが、葉に含まれる成分が消化器系や口腔に刺激を与え、症状が起こることがあります。

ヒイラギ

クリスマスシーズンによく使用されるツリーの一部、猫にとってとても有毒です。
ヒイラギの葉や実を食べると、消化器系や神経系の問題をおこす可能性があります。

 アロエベラ(アロエ)

アロエベラは、私たちにとっては薬や食用に使いますが、アロエベラの葉汁には、猫の消化器系に悪い成分が含まれています。

シャクヤク(芍薬)

「立てば芍薬、座れば牡丹、後ろ姿は百合の花」
美しい女性に例えられるほど美しい花を咲かせる植物ですが、 根や種子は毒性が強く、猫が摂取すると中毒症状を起こす可能性があります。

ツツジ

ツツジは、庭園や公園でよくある植物ですが、猫にとっては危険です。
葉や花、茎には有毒な成分が含まれており、猫が摂取すると消化器症状や神経症状が考えられます性があります。

猫にとって危険な植物は多岐にわたるため、もし猫が植物に接触したり摂取した場合には、まずかかりつけの獣医師に相談するようにしてください。
そして、ガーデニングで人気のある植物たちも多いので、植えるときは、ペット(猫・犬)や子供が触れないように、有毒植物であることを自覚して栽培するようにしましょう。

 

吉川 奈美紀

吉川 奈美紀

投稿者の記事一覧

(きっかわ なみき)

ヨガ・ピラティス・空中ヨガ インストラクター
メディカルアロマアドバイザー

関連記事

  1. ゆるっとワンコ薬膳のススメ 〜今年も要注意!浮腫み解消と自律神経…
  2. 犬にとって危険な植物たち ~犬が食べていい植物は?~
  3. 東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて 「補助犬」と「ほじ…
  4. ペットの医療・健康 第12回 「てんかん」について知ろう
  5. ペットと暮らす「部屋探し」と「家づくり」 ~間取りを考えるポイン…
  6. ペットの医療・健康 第11回 尿路結石について知ろう
  7. ペットの医療・健康 第13回 「てんかん」について知ろう 【体験…
  8. ある日、捨てられた仔猫に出会った《 体験談 》 第1回 仔猫を拾…

今月の人気ランキング

PAGE TOP