健康・病気

馬の体重を増やすために〈 後編 〉

乗馬インストラクターがお伝えする馬のお話。
馬を太らせたい時にどうすれば良いか?
後編は、具体的な方法などご紹介していきます。

馬の体重を増やす方法

〈その1〉飼料(餌)を増やす

運動は馬にとって良いことですが、場合によってはやりすぎになる可能性があります。

〈その2〉飼料(餌)の内容や与える方法を変える

ハードキーパーを飼っている場合、1 日 2 回の給餌で十分なカロリーを安全に摂取するのは難しい場合があります。
馬は長い消化管で時間をかけて消化していくため、一度に多くの飼料を与えるのは疝痛などを引き起こすリスクが高まります。
許される限り、食事の回数を増やして与えましょう。
1日3回の飼付であれば、日中に常に乾草を食べられる様にヘイバッグを下げておいたり、夕飼いから朝飼いまでの時間が長く空いてしまうのであれば夜飼いを追加します。
(馬は長い時間空腹な事も良くありません)

・アルファルファの乾草を追加することは、馬の食事にカロリーとタンパク質を追加する安全かつ効果的な方法です。
・穀物飼料の量を増やすこともできますが、必ず特定の飼料の指示に従ってください。穀物を増やしすぎるのも様々な病気を引き起こすリスクが高まります。

飼料タグに記載されている 1 日あたりの穀物の推奨量を上限に達している場合は、体重増加のためにサプリメントを追加するか、高カロリー/高脂肪穀物のオプションに切り替えることを検討してください。

また、馬が痩せているように見える場所も考慮してください。
痩せた部分が骨っぽく見え、トップラインに適切な筋肉が欠けている場合は、筋肉を増強するために、高タンパク質の餌を追加するとよいでしょう。
馬が全体的に痩せていたり、肋骨が見えている場合には、高脂肪のサプリメントが最良の選択肢となります。
これにより、トップラインだけでなく馬全体をカバーできるようになります。
(馬のトップラインとは、背中に沿って走る筋肉群のことです)

〈その3〉運動習慣を変える

馬の体重減少が早すぎる場合、または体重が著しく不足している場合は、状況が落ち着くまで激しい運動を控えた方がよい場合があります。

〈その4〉根本的な健康問題に対処する

突然または予期しない体重減少については、必ず獣医師に相談してください。
獣医師は、内部寄生虫やより深刻な健康状態を除外するのに役立ちます。

よくある質問

Q: 馬の体重を増やす最も早い方法は何ですか?

高脂肪、高タンパク質の穀物と豊富なアルファルファ干し草を組み合わせると、基礎疾患がない場合、馬の体重がすぐに増えてしまいます。

Q: 体重が軽い馬でも乗れますか?

はい、低体重の馬でも乗れるかもしれませんが、獣医師に相談し、セッションを短くし、運動に見合った食事のバランスをとるようにしてください。

馬具についてはインストラクターの指示に従いましょう。
鞍が適切にフィットしていることを確認することが重要です。ゲルやパッドを使用して鞍がずれない様にします。

Q: 老馬が痩せているのは普通のことですか?

高齢馬の体重減少を引き起こす可能性のある条件がいくつかあります。
主な原因は、適切な歯列の欠如です。基本的に、馬の歯は加齢とともにすり減り、最終的にはすり減ってしまう可能性があります。

そうなると乾草を主とした食事はもはや適切ではなくなる可能性があります。
唯一の飼料として与えるのに十分な繊維含有量を備えた高齢馬用飼料が数多くあります。

Q:体重増加のために馬に与えるのに最適な油は何ですか?

食事に油を加えることは、馬の飼料にカロリーを追加する安価な方法です。
ただし、すべてのオイルが同じように作られているわけではないことに注意してください。

消化器系が適応する時間を確保できるよう、食事の変更はゆっくりと行うようにしてください。
体重500kgの馬の場合、1 日あたり最大でも2 カップの油が摂取できます。

Q:馬の体重が増えるまでどれくらいかかりますか?

そもそも馬が体重を減らした理由にもよりますが、2 ~ 4 か月で違いが現れ始めます。
病気が重篤な場合、または馬が高齢の場合は、さらに長く、おそらく半年から1年かかる可能性があります。
体重を増やすということは、筋肉を増やすことでもあります。
馬にたくさんの餌を与えるだけでは効果はありません。

馬が危険を脱したら、軽い運動を加えます(軽めの調馬索から)。
これにより、馬の筋肉が増加し、体重増加のプロセスが早まります。

Q: 馬の体重は1日にどれくらい増加しますか?

巨大な体にもかかわらず、ほとんどの馬の体重は 1 日に約500gから1kgしか増加しません。
馬にとってはゆっくりと体重を増やすのが最も安全です。

Q: ハードキーパーの馬にとって最適な食事は何ですか?

熱心な飼育員は、牧草の干し草よりもアルファルファを含む食事のほうがうまくいきます。1日あたり馬の体重の2%の割合でアルファルファを与えると、ハードキーパーの体重維持や増加に役立ちます。 
また、植物油や、亜麻仁や米ぬかなどの脂肪を多く含む他の飼料の形で、馬の食事に脂肪を追加する必要があります。 
トウモロコシやオーツ麦には馬の食事によるエネルギー消費を高める炭水化物が含まれているため、バランスの取れた穀物飼料にも注意してください。


人であれば、自分の体調によって食事の内容や量を自分で調整できますが、馬はそうはいきません。
体調不良で食べなくなってしまったら、それこそその時にはすでに何らかの病気です。
そうなる前に気づくことが大切なのはもちろん、馬は自分で食べる量を増やすことはできませんから、しっかりと馬を観察して、必要に応じてこまめに食事量と運動量を調整しましょう。

馬の体重を増やすために〈 前編 〉

進 由紀

進 由紀

投稿者の記事一覧

(すすむ ゆき)
乗馬インストラクター
全国乗馬倶楽部振興協会認定指導者

2002年より乗馬クラブでインストラクターとして働く

「馬は自分を映す鏡」の様な存在です。
自分の行動に対しての答えを、いつも分かりやすく返してくれます。
だからこそ、いつでも正直に、真剣に、謙虚に、馬と向き合う事が出来ます。
それは時に苦しいけれど、そんな時にもポッと何か閃きをくれたりする。
馬はとても賢くて、優しくて、そしてどんな馬もみな、真面目で頑張り屋です。

出会った馬には、幸せを感じながら人間と仕事をしてもらえるように。
また馬の素晴らしさを一人でも多くの方に知って頂けるように。

馬と共に成長し、人々に貢献する事を目標に、日々奮闘しています。

関連記事

  1. ゆるっとワンコ薬膳のススメ 〜体のパワー足りてる?「腎」のお疲れ…
  2. ゆるっとワンコ薬膳のススメ ~まだ寒いけど春なんです!春に気を付…
  3. ゆるっとワンコ薬膳のススメ 〜お腹をしっかり整えて年越ししよう〜…
  4. ゆるっとワンコ薬膳のススメ ~春ケア リカバリー編~
  5. ゆるっとワンコ薬膳のススメ 〜お腹をしっかり整えて年越ししよう〜…
  6. ゆるっとワンコ薬膳のススメ 〜年の初めに基本の「キ」- 4 ~ …
  7. 放っておくと怖い!歯の病気『根尖膿瘍(歯根膿瘍)』-2 体験談と…
  8. 馬とファッション-3  20世紀の婦人乗馬服

今月の人気ランキング

PAGE TOP