健康・病気

馬の鼻血

乗馬インストラクターがお伝えする馬のお話。
今回は、馬の鼻血についてです。

馬の鼻血は比較的よくあることですが、怖くないわけではありません。
鼻血とは何なのか、馬の場合は何が原因で、どのような場合に鼻血が心配になるのかについて見ていきましょう。


馬の鼻は呼吸のために特別に設計されており、何百もの小さな血管が並んでいます。
運動、天候、アレルギーなどのさまざまな要因により、これらの血管が破裂し、鼻血が発生する可能性があります。より深刻な場合、鼻血は血腫や感染症などの基礎疾患の兆候である可能性があります。

*出血が大量である場合、粘液が混じっている場合、または 15 分以上続く場合は、獣医師に連絡してください。

馬の鼻は高度に特殊化されており、大量の空気を素早く取り入れて送り出すように設計されています。
実際、馬の風量はヘアドライヤーの 2 倍です。鼻腔には何百もの小さな血管と、鼻の潤いを保つ膜が並んでいます。

鼻血は通常、鼻の多数の血管のうちの 1 つが何らかの原因で破損したことを意味します。
より深刻な場合は、ウイルス、細菌、または真菌感染症の兆候である可能性があります。
鼻血は、篩骨血腫や大きな塊(血栓に似たもの)によって引き起こされることもあります。

競走馬や激しい運動をしている馬でも鼻血が出ることがあります。
このような場合、血液は鼻の破裂した血管からではなく肺から来ています。
このタイプの鼻血は、EIPH (運動誘発性肺出血) によって引き起こされます。

馬の肺は、ランニングなどの激しい運動後に出血する可能性があります。
急速な空気交換と血圧の上昇により血液ガス関門が破壊され、赤血球が肺に流れ込みます。
時々、この血液が肺から溢れて鼻から出ます。
EIPH が致死的になることはほとんどなく、極度の運動の副産物にすぎないため、心配する必要はありません。

馬の鼻血の背後にある理由

馬の鼻血は、激しい運動、アレルギー、暑い気候、寒い気候、乾燥した気候、頭の衝突など、さまざまな原因によって引き起こされる可能性があります。

鼻血の診断は簡単です。馬の鼻から血が出ている場合、その馬は鼻血を起こしています。
血液は、一方または両方の鼻孔から、単独で、または粘液と混合して、滴ったり、流れ出たりすることがあります。

鼻血に医師の診察が必要な場合、獣医師は原因を特定するために内視鏡検査またはレントゲン写真を撮影する可能性があります。腫瘤が見つかった場合には生検を行うこともあります。

馬の鼻血の対処法

馬は鼻で呼吸する必要があるため、出血を止めようとして馬の鼻に布を突っ込まないでください。出血は自然に治まる可能性が高いため、馬から目を離さないでください。

馬を落ち着かせてください。濡れた冷たいタオルや氷嚢を馬の目の下に当ててみるとよいでしょう(止血に役立つ場合もあります)。

獣医師に連絡する時期

鼻血と鼻水が混じっている場合、鼻水の流れが多い場合、または 15 分経っても出血が止まらない場合は、獣医師に連絡してください。

馬の鼻血のQ&A

馬の鼻血について、よくある質問をご紹介します!

Q: 馬の鼻血が出るのは正常ですか?
鼻血は馬にとってかなり一般的な現象です。ほとんどの場合は 10 ~ 15 分で自然に解決します。

Q: 馬の血性鼻汁の原因は何ですか?
血性鼻汁は、腸嚢または耳の下の空気のうにおける細菌、ウイルス、または真菌の感染によって引き起こされます。
また、鼻孔に詰まった異物(小枝など)や副鼻腔嚢胞によって引き起こされることもあります。

Q: 片方の鼻孔からの馬の鼻血は何を意味しますか?
馬が片方の鼻孔から出血している場合、副鼻腔、腸嚢、または上気道から出血している可能性が高いことを意味します。

Q: 馬の両方の鼻孔からの鼻血は何を意味しますか?
馬が両方の鼻孔から出血している場合、これは出血が下気道から来ている可能性が高いことを意味します。

Q: 暑い天候下で馬の鼻血が出るのはどのような場合ですか?
人間と同じように、暑い気候により鼻孔の小さな毛細血管が破裂し、鼻血が発生することがあります。

Q: 寒い天候下で馬の鼻血が出るのはどのような場合ですか?
寒い気候も暑い気候と同じ影響を与える可能性があります。
寒さで鼻粘膜が炎症を起こします。
馬が運動をすると、この刺激が鼻血を引き起こす可能性があります。

Q: 馬はなぜ走った後に鼻血を出すのですか?
馬はEIPHのため、走った後に鼻血を出します。
肺内の血液が溢れて鼻から排出されることがあります。

Q: アレルギーが馬の鼻血を引き起こす可能性がありますか?
花粉やほこりなどに対するアレルギー反応により鼻の粘膜が乾燥し、破れやすくなり、鼻血が発生します。

馬の鼻から血が滴るのを見るのは怖いかもしれませんが、心配する必要はない可能性が高いです。
ただし、疑問がある場合は、獣医師に相談して確認してくださいね!

 

 

進 由紀

進 由紀

投稿者の記事一覧

(すすむ ゆき)
乗馬インストラクター
全国乗馬倶楽部振興協会認定指導者

2002年より乗馬クラブでインストラクターとして働く

「馬は自分を映す鏡」の様な存在です。
自分の行動に対しての答えを、いつも分かりやすく返してくれます。
だからこそ、いつでも正直に、真剣に、謙虚に、馬と向き合う事が出来ます。
それは時に苦しいけれど、そんな時にもポッと何か閃きをくれたりする。
馬はとても賢くて、優しくて、そしてどんな馬もみな、真面目で頑張り屋です。

出会った馬には、幸せを感じながら人間と仕事をしてもらえるように。
また馬の素晴らしさを一人でも多くの方に知って頂けるように。

馬と共に成長し、人々に貢献する事を目標に、日々奮闘しています。

関連記事

  1. 同伴出勤する猫「うにたん」完全介護の実体験コラム 第1回スコティ…
  2. ペットと夏を乗り切る
  3. 馬の心理学「驚く馬」
  4. ゆるっとワンコ薬膳のススメ ~愛犬の手術後のケア~ 4 術後サポ…
  5. ペットの医療・健康 第22回 「むくみ」について知ろう
  6. 動物たちの長生きと悪性腫瘍(がん)の関係 〜犬と猫の腫瘍(がん)…
  7. ゆるっとワンコ薬膳のススメ 〜 パグ脳炎とてんかんのケア 〜 東…
  8. 馬の皮膚のかゆみ(前編)

今月の人気ランキング

PAGE TOP