アニマルライツ

一生忘れることのない馬「ムック」の話

乗馬インストラクターがお伝えする馬のお話。
今回は、ムックという馬のお話です。


ムックは斑毛のミックス。

生まれたのは推定1992年。
誕生日は7月7日に決めました。
福島県で生まれたらしいという事はわかっていたけど、詳細不明の馬でした。

馬は、歯の溝の長さを見ると推定年齢がわかるんです。
それで1992年としたんですけど、その十数年後、ムックと思われる馬が仔馬だった頃を知っているという人と出会いました。
ちょうど92年頃と聞いて嬉しかったのを覚えています。

ムックは、中間種と呼ばれる種類のミックスでした。
顔が大きくて、体もずんぐりと逞しい。
今思うと、中間種ミックスの中ではかなりバランスの取れた体型の馬でした。(親バカ)

ムックは、オールマイティ。
初めての方から、経験者のレッスンまでこなしてくれていました。
ムックの気持ちも乗り心地も安定感があって、全幅の信頼をしていました。
でも少し寂しがりやな面があって、若い頃は1頭で何かするのが大嫌いでしたね。

こういう種類の馬はとても頭が良くて、頑固な面があります。
ムックも例に漏れず、1頭で運動されるのが嫌で、トコトコと馬場から厩舎まで速歩(決して早くはない)でお客様を乗せたまま戻ってしまう事もありました。
そういう時にはお客様ではなかなかコントロールが難しい頑固さがありました。
でも、暴れたり暴走したりする訳ではないので、長く一緒に働きましたが、私と一緒にいた十数年の間に落馬はありませんでした。

そんなムックは、以前お話したボスのダックと共に、クラブの創成期を支えてくれました。
本当に数え切れなくらい一緒に仕事をしてきました。
ムックは25歳で亡くなりました。
寂しがりやだし、自己主張はしっかりするタイプでしたが、最期の時は、検査結果で獣医さんが驚くほどの悪い数値が出ているのに、痛がらず、辛そうな姿を私たちに見せることなく、静かに息を引き取りました。

ムックと一緒に働けた事は本当に心底楽しかった!
ムックの思い出を持っていらっしゃるお客様もたくさんいらっしゃると思います。
私はこの先も様々な馬に出会うと思いますが、ムックの様な馬にはもう出会えないだろうなと思います。

ムックと一緒に過ごした乗馬クラブの創世記は20代の青春そのものでしたね。
皆さんも、忘れられない馬、一緒に過ごしてきた動物はいますか?

 

一生忘れることのない馬「ダック」の話

一生忘れることない馬『カザン』の話

進 由紀

進 由紀

投稿者の記事一覧

(すすむ ゆき)
乗馬インストラクター
全国乗馬倶楽部振興協会認定指導者

2002年より乗馬クラブでインストラクターとして働く

「馬は自分を映す鏡」の様な存在です。
自分の行動に対しての答えを、いつも分かりやすく返してくれます。
だからこそ、いつでも正直に、真剣に、謙虚に、馬と向き合う事が出来ます。
それは時に苦しいけれど、そんな時にもポッと何か閃きをくれたりする。
馬はとても賢くて、優しくて、そしてどんな馬もみな、真面目で頑張り屋です。

出会った馬には、幸せを感じながら人間と仕事をしてもらえるように。
また馬の素晴らしさを一人でも多くの方に知って頂けるように。

馬と共に成長し、人々に貢献する事を目標に、日々奮闘しています。

関連記事

  1. 馬のための栄養
  2. 2020年動物愛護週間のテーマは 「人も動物も幸せに~考えよう、…
  3. 殺処分ゼロを目指して~「ちばわん」の活動から~ 第2回 「ちばわ…
  4. 絵本 『さいごのぞう』 作者 井上奈奈さんインタビュー
  5. 馬の歯とケア
  6. アメリカの動物事情 第6回 刑務所や少年院でのドッグトレーニング…
  7. ペットと共に暮らすために考えたいこと 第3回 ペットと暮らす家「…
  8. 盲導犬を支援しよう ~第2回 補助犬の社会での受け入れ体制~

今月の人気ランキング

PAGE TOP