投稿者の記事一覧

進 由紀

進 由紀

(すすむ ゆき)
乗馬インストラクター
全国乗馬倶楽部振興協会認定指導者

2002年より乗馬クラブでインストラクターとして働く

「馬は自分を映す鏡」の様な存在です。
自分の行動に対しての答えを、いつも分かりやすく返してくれます。
だからこそ、いつでも正直に、真剣に、謙虚に、馬と向き合う事が出来ます。
それは時に苦しいけれど、そんな時にもポッと何か閃きをくれたりする。
馬はとても賢くて、優しくて、そしてどんな馬もみな、真面目で頑張り屋です。

出会った馬には、幸せを感じながら人間と仕事をしてもらえるように。
また馬の素晴らしさを一人でも多くの方に知って頂けるように。

馬と共に成長し、人々に貢献する事を目標に、日々奮闘しています。

  1. 馬という動物のこと ~体温・年齢平均寿命・視野~

    乗馬などで馬に親しんでいる人たちにとって、ついつい犬や猫と同じ感じで考えてしまいがちなのですが、馬は草食動物!

  2. 馬という動物のこと ~ご飯・睡眠時間~

    東京オリンピック目前、世界中の名馬たちが活躍するのが楽しみですね。東京の夏は馬たちにとって少し過酷かも?暑さに弱い動物だからです。 馬は、日本人にとって身近ではないけれど、それなりに親しみの持てる存在、皆さんは馬の事をどれ位ご存じでしょうか? 乗馬インストラクターがお伝えする馬のお話、今回は改めて馬がどんな動物かお話したいと思います。

  3. 馬の毛色や模様のお話

    「インストラクターがお伝えする馬のお話」今回は、馬の毛色や模様についてです。 東京オリンピックまであと少し。 馬の毛色や模様の事を知って、お気に入りの馬を応援しましょう♪

  4. 馬の品種

    乗馬インストラクターがお伝えする馬のお話。 今回は『馬の品種』についてです。 小さい馬から大きい馬まで、沢山の種類の馬がいます。 皆さんは何種類くらいご存じでしょうか。 世界には、おそらく160種にものぼる様々な馬の品種やタイプが存在します!

  5. 馬と人の歩み ~馬と人のパートナーシップの始まり~

    “破滅に導こうとする数々の困難に取り囲まれていた人類にとって、馬がもしそばにいなかったら地上に君臨するどころか、奴隷になりさがっていたことであろう” (アルティメイトブック馬 ELWYN HARTLEY EDWARDS著 緑書房/より引用)

  6. 馬の祈り ~ A Horse’s Prayer ~

  7. オリンピック競技の中で唯一動物と共に行う「馬術競技」を知ろう!-2

  8. オリンピック競技の中で唯一動物と共に行う「馬術競技」を知ろう!-1

  9. 馬が笑う!?馬の気持ちの見分け方 ~「尻尾と皮膚」「肢」からわかること~

  10. 馬が笑う!?馬の気持ちの見分け方 ~「耳と目」「鼻と口や息遣い」からわかること~

今月の人気ランキング

おすすめ記事

出会い

東京都世田谷区にある「ドッグシェルター」は、動物愛護センターに収容されている犬を引き取り、新しい飼い主を探す活動を行っています。そのままでは処分されてしまう犬を一匹でも救い、温かな家庭で幸せに暮らせるようにと里親となる方々を探す活動です。 今回は、ドッグシェルターの実務を担当している里見潤さんにお話をうかがいました。

新着記事

PAGE TOP