進由紀

馬の体重(後編)

乗馬インストラクターがお伝えする馬のお話。
今回は、馬の体重についての後編です。

馬のボディコンディションスコア(BCS)を策定する際に見るチェックポイントがあります。

  • 背骨:馬の背骨は見えてはいけません。馬が痩せすぎると、背中に隆起が見えます。
  • 肋骨:馬の肋骨は、見ることはできませんが、触れることができるはずです。
  • 首:馬の首の骨の構造は見えないようにしてください。そうであれば、馬が痩せすぎている可能性があります。
  • 肩:過剰なコンディションの馬では、肩の後ろの領域が密になりすぎることがあります。

主観的ではありますが、BCSは馬が次の条件に該当するかどうかを評価する 1 つの方法となります。

  • 低体重:<  3
  • 中程度または理想的な体重: 4-6
  • 太りすぎ:>  7
  • 肥満:>  8

構造的な欠陥を持って生まれた馬は、仕事をするのが難しくなります。

同様に、体重が過小または過多の馬にも問題が発生します。
健康を維持し、体重や状態に注意を払うことが重要です。

【 その他 】

  • 平均的な馬は体重の約 64 パーセントを前脚で支え、残りを後脚で支えます。
    計算してみると、500kgの馬は前脚だけで約320kgの重さを支えることになります。
  • 馬の脚は、さまざまな運動活動で馬をサポートする骨、筋肉、腱、関節、靭帯で構成される驚異の構造です。
    脚は彼らにとって最も重要な体の一部であるため、脚を安全で健康に保つことは彼らの健康にとって非常に重要です。
  • 馬の脚の小さな怪我でも、状況によっては非常に深刻で致命的になる可能性があります。

【 Q&A 】

Q:馬の体重と筋肉を増やすにはどうすればよいですか?

まず、飼料にタンパク質と脂肪が豊富に含まれていることを確認し、しばらくアルファルファを与えることを検討してください。
キャノーラ油などのサプリメントを馬の飼料に添加することもできます。
ビートパルプを与えることも、馬の体を大きくするのに役立ちます。

馬の体が大きくなるまでは、軽いトレーニングを心がけてください。カロリーを消費しすぎずに筋肉を鍛えましょう。

Q:体重増加のために馬に与えるのに最適な油は何ですか?

健康上の問題を除外しても馬の体重が増えない場合は、食事に油を加えることが簡単な解決策になる可能性があります。
追加する最も簡単な (そして最も安価な) 油は植物油で、人間用の物で大丈夫です。
ほとんどの馬はコーン油が大好きですが、ピーナッツ油やキャノーラ油でも問題ありません。

食事の不調(下痢など)を避けるために、油はゆっくりと導入する必要があります。
1日あたり4分の1カップから始めて、数日ごとに量を増やしてください。

他には米ぬか油などもお勧めです。
疝痛になりやすい馬の疝痛予防や高齢馬のエネルギー補給としても油は良いです。


いかがでしたか?馬も人間と同じように、適正体重でいる事が健康維持やパフォーマンスに大切です。いつも乗っている馬が痩せすぎていないか、太りすぎていないか、見てみてくださいね。

 

馬の体重(前編)

進 由紀

進 由紀

投稿者の記事一覧

(すすむ ゆき)
乗馬インストラクター
全国乗馬倶楽部振興協会認定指導者

2002年より乗馬クラブでインストラクターとして働く

「馬は自分を映す鏡」の様な存在です。
自分の行動に対しての答えを、いつも分かりやすく返してくれます。
だからこそ、いつでも正直に、真剣に、謙虚に、馬と向き合う事が出来ます。
それは時に苦しいけれど、そんな時にもポッと何か閃きをくれたりする。
馬はとても賢くて、優しくて、そしてどんな馬もみな、真面目で頑張り屋です。

出会った馬には、幸せを感じながら人間と仕事をしてもらえるように。
また馬の素晴らしさを一人でも多くの方に知って頂けるように。

馬と共に成長し、人々に貢献する事を目標に、日々奮闘しています。

関連記事

  1. 馬の祈り ~ A Horse’s Prayer ~
  2. 馬の蹄(ひづめ)
  3. 馬の熱中症や脱水症状を防ぐために
  4. 一生忘れることのない馬「ムック」の話
  5. 馬の温もりをのこす ~メモリアルグッズ~
  6. 馬の品種
  7. 馬という動物のこと ~体温・年齢平均寿命・視野~
  8. 馬の顔の模様

今月の人気ランキング

PAGE TOP