投稿・取材協力里見潤

  1. イヌに教え、教えられ 第27回 大事なこと

    ある動物愛護センターから飼い主に捨てられた当時推定8歳のスピッツ「ロビンソン」を保護した。彼は、体を長く触られることが苦手で、時に我慢できずに咬んでしまうことがある。 ロビンソンを家族に迎えたいと言ってくれたKさん家族のトレーニングフォローに、私は通いました。

  2. 保護した子犬、ペットショップの仔犬 「幼犬期の環境」

    ある日、茨城にいる従兄弟から「広場に雑種の仔犬(オス)が2頭いるんだけどどうしたらいい?」と連絡があった。 箱に入れられポンと置いてあるのだから、捨てられたようです。

  3. イヌに教え、教えられ 第26回 難しいときは、視点を変えてみる

    元保護犬ミックスのカイ子は、散歩中にすれ違う高齢者や元気な子供、ジョギングする人に大きな声で吠えてしまうことがある。ひとたび興奮して吠え出すと、なかなか止まらにカイ子。飼い主Sさんは、散歩吠えの改善を目的に訓練をすることにしました。

  4. お悩みグセ解消エクササイズ 10時間目 ドッグランで戻ってこない

    活動的な仔にとって、ドッグランで過ごすことは、とても楽しい時間です。 しかし、楽しいからこそ、飼い主さんが呼んでも来ないことが多くそのことがお悩みグセになることもあります。 犬の気持ちを理解し、愛犬自ら飼い主の元に戻りたいと思わせるように、考えさせるように練習していきましょう。

  5. イヌに教え、教えられ 第25回 急がないことが、近い道

    保護犬ミックスのアキは、元野良犬でした。 人の社会の中で生活した経験がないアキは、散歩ですれ違う自転車・バス・ 宅配の台車・走る子供など、多くのことが怖くて逃げ出そうとしていました。私は、そんなアキの家族から、アキが安心して散歩できるようにトレーニングをしたいと依頼をうけました。

  6. お悩みグセ解消エクササイズ 9時間目 電話に吠える

  7. イヌに教え、教えられ 第24回 導く強さも必要

  8. お悩みグセ解消エクササイズ 8時間目 人に飛びつく

  9. イヌに教え、教えられ 第23回 動物が教えてくれること

  10. お悩みグセ解消エクササイズ 7時間目 自分のウンチを食べる

  11. イヌに教え、教えられ 第22回 手段を選ぶとき優先するものとは

  12. お悩みグセ解消エクササイズ 6時間目 食事の準備に吠える

  13. 犬と共に踏み出す一歩「KIDOGS」 第6回 「できることを」~最終回~ 犬の講師 里見潤

  14. イヌに教え、教えられ 第20回 相手を知る

  15. 犬と共に踏み出す一歩「KIDOGS」 第5回 ドッグトレーナーとして参加する理由 犬の講師 里見潤

今月の人気ランキング

おすすめ記事

出会い

東京都世田谷区にある「ドッグシェルター」は、動物愛護センターに収容されている犬を引き取り、新しい飼い主を探す活動を行っています。そのままでは処分されてしまう犬を一匹でも救い、温かな家庭で幸せに暮らせるようにと里親となる方々を探す活動です。 今回は、ドッグシェルターの実務を担当している里見潤さんにお話をうかがいました。

新着記事

PAGE TOP