投稿・取材協力里見潤

  1. 犬と共に踏み出す一歩「KIDOGS」 第1回 KIDOGSの活動と目的 KIDOGS 犬の講師 里見潤

    私は、ドッグトレーナーをする傍ら、飼い主に捨てられ保護された犬を一般家庭で暮らすためのトレーニングを通し、引きこもりや就学就労を継続的にできずに悩む若者たちの自立をサポートするNPO法人キドックス(KIDOGS)の活動に参加しています。 NPO法人「キドックス」は、「人と犬」双方の支援に繋がる活動をしたいと考えた当会代表の上山琴美のもとに、犬の専門家など数名が集まり、2013年4月茨城県土浦市にある土地と平屋を借り活動を始めました。

  2. イヌに教え、教えられ 第13回 ほどほどの努力で65点を続ける

    スタッフォードシャーブルテリアが入ったミックス犬のレオンは、前の飼い主から捨てられた保護犬だった。今は、新しい飼い主が決まり、家族と暮らしている。 体重28kg、筋肉質な身体の馬力はものすごい。散歩ではグイグイと引っ張り、他犬を見ると強く興奮し、吠え掛かろうとする。 身体が大きく、力が強いレオン。レオンに悪気があるわけではないけれど、パパとママはそんなレオンと散歩をすることに怖さを感じ、出張トレーニングを依頼した。

  3. イヌに教え、教えられ 第12回 まわりの大人が注意する

    週に1度、仕事で茨城県の土浦まで通っている。 ある朝、電車の中での出来事。向かいの席には座る年配の男性、数駅後で乗ってきた小さい女の子とお母さんも向かいの席に座った。親子の様子から遠くにお出かけするようだった。

  4. お悩みグセ解消エクササイズ 5時間目 止まって、歩かない

    散歩中、急に立ち止まって動こうとしない。歩かない理由は様々あります。 歩かないことが当たり前から癖になると、イヌは抱っこのままで歩くのは飼い主、愛犬が行きたい方にばかり歩く、外が怖くて散歩を楽しめない、少し歩いては匂い嗅ぎでなかなか歩く時間にならない・・・これではイヌはもちろん、飼い主も楽しめません。 お互いが楽しむための「しっかり歩く散歩」を練習しましょう。

  5. イヌに教え、教えられ 第11回 「大変」から「幸せ」に変わるとき

    1歳のゴールデンレトリバー「ジョルノ」に飼い主さんは困っていた。 メスとはいえ、若くて元気な大型犬が散歩で引っ張るときの一瞬の素早さと力強さは馬力が違う。気を抜けば男性でも転びそうになる。元気な大型犬と毎日散歩をする大変さは飼ってみないと分からない。 ジョルノのママさんは散歩中に強く引っ張られ、訓練の必要性を感じてLessonを始めることにした。

  6. イヌに教え、教えられ 第10回 引きずらないって、素晴らしい!

  7. お悩みグセ解消エクササイズ 4時間目 留守番が苦手

  8. イヌに教え、教えられ 第9回 競争は意欲を生む

  9. イヌに教え、教えられ 第8回 ちょっと勇気を出してみる

  10. お悩みグセ解消エクササイズ 3時間目 お手入れが苦手

  11. イヌに教え、教えられ 第7回 喜怒哀楽は全力で

  12. イヌに教え、教えられ 第6回 身近な人こそ褒めてみよう

  13. お悩みグセ解消エクササイズ 2時間目「拾い食い」

  14. イヌに教え、教えられ 第5回イヌは人と人をくっつける

  15. イヌに教え、教えられ 第4回「叱る」ことが必要であり、「叱る」には愛情が必要である。

今月の人気ランキング

おすすめ記事

鳥猟犬をたすけるために 第1回 CACIの活動を始めるまで

現在の日本では、猟犬は「狩の道具」であり、狩の現場で飼い主が放棄してしまうことが多いのです。これらの猟犬たちは、動物愛護センターに保護されますが、鳥猟犬を家庭犬として引き取ってもらうのは難しく、多くの犬たちはガスによる殺処分によって命を終えてしまいます。

新着記事

PAGE TOP