投稿・取材協力里見潤

  1. お悩みグセ解消エクササイズ 5時間目 止まって、歩かない

    散歩中、急に立ち止まって動こうとしない。歩かない理由は様々あります。 歩かないことが当たり前から癖になると、イヌは抱っこのままで歩くのは飼い主、愛犬が行きたい方にばかり歩く、外が怖くて散歩を楽しめない、少し歩いては匂い嗅ぎでなかなか歩く時間にならない・・・これではイヌはもちろん、飼い主も楽しめません。 お互いが楽しむための「しっかり歩く散歩」を練習しましょう。

  2. イヌに教え、教えられ 第11回 「大変」から「幸せ」に変わるとき

    1歳のゴールデンレトリバー「ジョルノ」に飼い主さんは困っていた。 メスとはいえ、若くて元気な大型犬が散歩で引っ張るときの一瞬の素早さと力強さは馬力が違う。気を抜けば男性でも転びそうになる。元気な大型犬と毎日散歩をする大変さは飼ってみないと分からない。 ジョルノのママさんは散歩中に強く引っ張られ、訓練の必要性を感じてLessonを始めることにした。

  3. イヌに教え、教えられ 第10回 引きずらないって、素晴らしい!

    スピッツのシロは運動神経抜群、元気印のとっても明るい女の子。 シロとシロの家族は、しつけLessonを受けてくれている。 ママが改善したいお悩みの1つが、テーブルにピョン!と前脚を掛けてしまうこと。

  4. お悩みグセ解消エクササイズ 4時間目 留守番が苦手

    室内飼育が当たり前になり、住宅事情や働くスタイルが変わったことで留守番は家の中に犬だけですることが増えてきました。留守番中のいたずら、トイレの粗相はもちろん、壁1枚でお隣さんというマンションでの飼育が増えるにしたがい、犬の吠え声などは飼い主にとって悩ましい問題になっています。 群れで生きる犬にとって、独りで留守番をすることは元々得意ではありません。残される不安を紛らわすためにいたずらや匂い付け(粗相)をしたり、吠えることもあります。しかし、飼い主さんがずっと一緒にいることは、難しいことも多いでしょう。 留守番は人間の都合です。愛犬が不安を感じず、安心して家族の帰りを待てるように教えていくことが飼い主さんの義務だと思います。犬の習性を知り、落ち着きやすい環境を用意し、ニーズを満たすことで、犬たちが安心して留守番ができるようにしましょう。

  5. イヌに教え、教えられ 第9回 競争は意欲を生む

    今、私の家には犬が2頭いる。 2頭と一緒に行く散歩コースには、ボール投げをしている場所がある。1頭づつ順番に遊ぶので、順番を待つ1頭はベンチの足にリードを繫いで待たせている。 ある日、2頭でボール投げをやってみると2頭とも「取りたい」そして「取られたくない」からか、いつも以上に抜群の反応でボールを追いかけるおまめとつとむ。

  6. イヌに教え、教えられ 第8回 ちょっと勇気を出してみる

  7. お悩みグセ解消エクササイズ 3時間目 お手入れが苦手

  8. イヌに教え、教えられ 第7回 喜怒哀楽は全力で

  9. イヌに教え、教えられ 第6回 身近な人こそ褒めてみよう

  10. お悩みグセ解消エクササイズ 2時間目「拾い食い」

  11. イヌに教え、教えられ 第5回イヌは人と人をくっつける

  12. イヌに教え、教えられ 第4回「叱る」ことが必要であり、「叱る」には愛情が必要である。

  13. 愛犬とのしつけエクササイズ 第11回.呼び戻し

  14. イヌに教え、教えられ 第3回 生きるために、必要な物は多くない。

  15. イヌに教え、教えられ 第2回 伝えるために気持ちを出す

今月の人気ランキング

おすすめ記事

殺処分ゼロを目指して~「ちばわん」の活動から~ 第1回 動物愛護団体って?

ペット先進国といわれる欧米では、生体を店頭販売する、いわゆる”ペットショップ”は存在さえしない国も少なくありません。ペット関連のお店といえば、主に物品のみ扱うお店だけです。なぜでしょうか? 欧米ではペットの権利が保障されており、法律で飼育環境が細かく規定されています。

新着記事

PAGE TOP