しつけ・ケア

イヌに教え、教えられ 第24回 導く強さも必要

イヌに教え、教えられ

第24回 導く強さも必要


どんぐりは、若くて元気一杯のチワワ。
「さぁ、僕についてきて!」とばかりにリードを引っ張る。
 
先輩犬チワワのあんとんは、8歳。
お相撲さん体型で散歩はゆっくりマイペース。
 
1頭はグイグイ、1頭は歩いたり歩かなかったり・・・
歩調が合わない2頭、左手と右手で持つリードが前後してしまうママは大変だ。
 
2頭がペースを合わせて散歩できるように、訓練をすることになった。
散歩は、どんぐりとあんとんにとって、いちばんの楽しみだから、犬たちの自由に歩かせてあげたい気持ちがママにはある。
なら「なぜトレーニングを?」と聞くと「もし自分が散歩できなくなって、家族にお願いする時、娘が散歩しやすく2頭も楽しく歩けるようにしておきたい」からと。
 
2頭のペースに合わせ過ぎてしまうママに指導したのは、
『あんとんが電信柱の匂いを嗅ぐ!と止まろうとしても絶対に止まらない』
『どんぐりが行きたい! と前に引っ張ってもリードを短く持ち、自分のペースで歩き続ける』
その2つだけ。
 
今までとは違うルールのある散歩にママの表情が少し陰る・・。
でも ここで折れてはいけない。その代わり、公園や広場では紐を目一杯伸ばして2頭の自由にさせる。
          「on」 と「off」
          「飼い主のペースに合わせて歩く時間」と「自由に楽しむ時間」

その両方を散歩に取り入れた。
 
上手に歩けているときは、そこを誉めて伸ばす。
どうしたら誉められるか?それを理解しはじめたどんぐりは、自分からママの近くを歩くようになった。そして、犬達に変化が見え始めた頃から、ママの歩く姿が堂々としてきた。
 
最後の Lesson を控えた頃、ママに様子を聞くと「私の採点は『たいへんよくできました』です。卒業試験を楽しみに待っていてくださいね」とお返事をもらった。
Lesson 当初は「私にできるかしら・・」と不安げだったママ。
この言葉を聞いて、私はもう大丈夫だと確信した。

 


 

2016年1月15日掲載

 

イヌに教え、教えられ
第23回 動物が教えてくれること

イヌに教え、教えられ
第25回 急がないことが、近い道

里見 潤

里見 潤

投稿者の記事一覧

(さとみ じゅん)

ドッグコーチ

1975年、横浜市生まれ。2004年、警察犬訓練校に入学、出張トレーニング会社を経て、保護活動団体「Dog shelter」の専属スタッフとして、保護犬のトレーニング、一時預かり家庭と里親家庭の間に入り、アフターフォローを担当する。
2012年7月より独立。出張、及び預託トレーニングを柱に活動する傍ら、保護犬の一時預かりを継続中。
 
日本警察犬協会公認訓練士
ジャパンケネルクラブ公認訓練士
東京都動物愛護推進員

 保護犬預かりを主に、トレーニングのことを書いている里見潤さんのブログ
 「イヌと歩けば。」http://setahachidog.blog.fc2.com

関連記事

  1. お悩みグセ解消エクササイズ 6時間目 食事の準備に吠える
  2. 犬の習慣から分かること 第3回.犬からみえる家庭の様子
  3. 猫のしつけとケア 第2回.猫のお手入れ≪グルーミング≫
  4. 犬の習慣から分かること 第2回.犬と生活リズム
  5. イヌに教え、教えられ 第31回 犬(動物)目線からの譲渡
  6. 「吠えグセ」を考えてみよう 第2回.飼い主ができること
  7. ペットを失うということ 第1回 ペットを失った時おこりうること
  8. 愛犬とのしつけエクササイズ 第1回.スワレ

今月の人気ランキング

PAGE TOP