しつけ・ケア

おうち時間を犬と楽しもう! Play1:室内で犬と遊ぶ「トリックトレーニング」 実践トリックトレーニング:8字股くぐり(エイト) ステップ2・3

- ステップ2 -
足の間をくぐる&足の周りを回る

ここからは、2つもの動きを連続しておこなっていきます!
まずは、片側(右回り)からトライしましょう。
1. 犬を正面に誘導し、向き合った状態で座らせます。
2. 足を開き、足の間をくぐるように誘導します。
3. くぐりそうになったタイミングで、
ハンドターゲット(右手)を右足後方から足の外側を通して前方に回してきます。

 

4. 犬が、足の間をくぐり→右足外側を通り→前方に回りハンドタッチ(鼻で手をタッチ)をしたら褒め言葉+トリーツをあげましょう。

最初は犬の動きを見ながらゆっくりと誘導してあげるとやりやすいです。
何度か練習をしてできるようになってきたら、なめらなか動きにしていきましょう。
言葉による指示(コマンド)「くぐれ」などを取り入れて動きの合図を決めていきます。
また、反対側(左回りを左手で)も練習して、片側づつでいいので左右どちらもできるようにしましょう。

【 トレーナーからのヒント 】
足の外側をぐるっと回るがなかなかできない時は、
ひとつの動作を細分化して、細かく分け少しづつ目的の形近づけていきます。

例えば、こんな感じに↓↓
① 正面から足の間をくぐったら、トリーツ!
② 足の間をくぐり、からだの横まで誘導できたら、トリーツ!
③ からだの横を通過して、正面まできたら、トリーツ!

- ステップ3 -
いよいよ8の字完成!
左右両方から足の周りを回れるようになったら、次は8の字です。

1. 犬を正面へ誘導し座らせ、ハンドターゲットで右回りをさせます。

2. 犬が右足の外側を回り正面でハンドタッチ(鼻で手をタッチ)をしようとするタイミングで、サッと右手を引っ込め、同時に左手をサッと股の後ろに出してハンドターゲットを右手から左手にスイッチします。

 

3. ハンドタッチ(鼻で手をタッチ)はさせず、そのまま左手を動かし、左足の外側を回るように誘導します。

 

 

4. 左回りをして正面まで誘導したら、ハンドタッチ(鼻で手をタッチ)。
褒めてトリーツをあげましょう。

 

【 トレーナーからのヒント 】
上手くいかな時は、トリーツを手に挟み犬に分かりやすく誘導してみましょう。
8の字くぐりの流れを犬が覚えてきたら、オヤツを後出しにしていきます。
ステップを踏んで練習していきましょう。

おうち時間を犬と楽しもう! Play1:室内で犬と遊ぶ「トリックトレーニング」 実践トレーニング:8字股くぐり(エイト)ステップ1

おうち時間を犬と楽しもう! Play1:室内で犬と遊ぶ「トリックトレーニング」 実践トリックトレーニング:ジグザグくぐり(スラローム)ステップ1

里見 潤

里見 潤

投稿者の記事一覧

(さとみ じゅん)

ドッグコーチ

1975年、横浜市生まれ。2004年、警察犬訓練校に入学、出張トレーニング会社を経て、保護活動団体「Dog shelter」の専属スタッフとして、保護犬のトレーニング、一時預かり家庭と里親家庭の間に入り、アフターフォローを担当する。
2012年7月より独立。出張、及び預託トレーニングを柱に活動する傍ら、保護犬の一時預かりを継続中。
 
日本警察犬協会公認訓練士
ジャパンケネルクラブ公認訓練士
東京都動物愛護推進員

 保護犬預かりを主に、トレーニングのことを書いている里見潤さんのブログ
 「イヌと歩けば。」http://setahachidog.blog.fc2.com

関連記事

  1. 猫のしつけとケア 第3回.猫のトイレ環境
  2. イヌに教え、教えられ 第26回 難しいときは、視点を変えてみる
  3. お悩みグセ解消エクササイズ 2時間目「拾い食い」
  4. イヌに教え、教えられ 第16回 家族が変わればイヌが変わる
  5. 「歩く」ことは、犬にとって大切な生きる力
  6. 犬と共に踏み出す一歩「KIDOGS」 第6回 「できることを」~…
  7. ゆるっとワンコ薬膳のススメ 《レシピ紹介》~春ケア リカバリーご…
  8. おうち時間を犬と楽しもう!

今月の人気ランキング

PAGE TOP