しつけ・ケア

ゆるっとワンコ薬膳のススメ 〜春のケア 肩こりにも要注意〜

立春を過ぎ、暖かい日差しも感じられるようになりました。
暦の上ではもう春ですね。
春は、五臓の「肝」が最も働く季節です。
【参考】ゆるっとワンコ薬膳のススメ 第7回 ~五臓のお話  『肝』
https://goron.co/archives/8296

「木の芽時」
春は、冬の間に溜めていたエネルギーが芽をだし、上へ上へと活動的に伸びいく季節です。

それは、人や動物も同じで「気(エネルギー)」や熱が上りやすくなります。
「気」を巡らせる力の弱い場合、エネルギーを上手く発散する事ができず、上半身の不調となって現れる事があります。
(前庭疾患・てんかん・くしゃみや鼻水・イライラ)

これらの症状がなくても、
頭から肩甲骨の辺りが熱い・身体の横のライン(「肝」の経絡)の被毛がパサパサしている場合
→ 上から下へと流すように撫でさする
てんかんなどの心配がある場合
→ 頭を下げて冷やしてあげる
と、楽になります。

「肝」は、筋肉にも大きく関わっています。
「肝」に負担がかかり過ぎていると、
・肩こり
・痙攣
・痺れ
・足腰が動かしにくい
などの症状が出る事があります。

どれも注意したいのですが、侮れないのが「肩こり」
ワンコの場合、前脚に6割くらい体重を乗せて立っているので、肩こりが原因で首が動かなくなったり、お顔が傾いてしまったり、ご飯が上手く食べられないなどの症状につながってしまう事もあります。

重度のとき、立ち上がりにくい・上手く歩けなくなってしまう事もあります。

*肩こりチェックの仕方*

ワンコの肩周りや首を触って、筋肉の硬さをチェックしてみましょう。
筋肉の凝りの判断基準は、皮膚がしっかり摘めるくらい伸びるかどうか?
凝っていたら解してあげましょう。

*ほぐし方*

「イタ気持ち良い」感覚は、動物にありません。
皮膚を揺り動かすようにマッサージをしてあげてください。

次に、春ケアのレシピ『血を巡らせよう!「牛肉と菜の花のおじや」』を紹介します!

ゆるっとワンコ薬膳のススメ 〜春のケア~ 《レシピ紹介》血を巡らせよう!「牛肉と菜の花のおじや」

境谷真佐子

境谷真佐子

投稿者の記事一覧

(さかいだにまさこ)
タイ式ヨガインストラクター

「あるなら探せ。無ければ作れ」をモットーに、愛犬の快適な生活とお出かけを探求しています。 楽しいお出かけ情報や、グッズのリメイク術をご提案していきます。

愛犬小珠のブログ『小珠メモ』:https://ameblo.jp/umeran0412/
心臓病、パグ脳炎の小珠(こだま)との日々

関連記事

  1. イヌに教え、教えられ 第18回 一緒にいると楽しいから、褒められ…
  2. イヌに教え、教えられ 第26回 難しいときは、視点を変えてみる
  3. ペットのトラブル対処法 第4回 アウトドア編 〈 雪遊び 〉予防…
  4. おうち時間を犬と楽しもう! Play1:室内で犬と遊ぶ「トリック…
  5. 犬のリハビリテーション 第2回 馬から犬へ「マッサージ」「ハイド…
  6. 猫のしつけとケア 第1回.猫のしつけ
  7. ゆるっとワンコ薬膳のススメ  秋ケア お腹編 《レピシ紹介》お腹…
  8. お悩みグセ解消エクササイズ 4時間目 留守番が苦手

今月の人気ランキング

新着記事

PAGE TOP