しつけ・ケア

ゆるっとワンコ薬膳のススメ ~飼い主さんも一緒に『熱中症予防』~

はじめに

我が家の家族に新たにお迎えした「泰介(たいすけ)」が、ワンコ薬膳のアシスタントに加わります。
小桃共々、どうぞよろしくお願いします。


梅雨が早々に明けて気温が上昇、いよいよ夏本番ですね。
人・動物問わず、毎年「熱中症」起こるで悲しい事故。
少しでも熱中症を防ぎたい想いがあり、重複する内容はありますが、今年も熱中症予防のお話させていただきます。

熱中症って何?

熱中症の定義は、東洋医学・西洋医学ともに「体内に溜まった熱が上手く放熱されず、体温調節が出来なくなった」状態を指します。
重症になれば、命に関わります。
熱中症の話題の度にお伝えしていますが、私は過去に熱中症になった経験があります。
立っていられない程の頭痛と吐き気があり、軽度でもとても苦しく、回復するまでかなり時間がかかりました。

「ママは3回も熱中症になったんだよ」

皆さんもワンコのお留守番の時はエアコンを使用したり、クールウェアやクールタイ、お散歩は早朝や夜行くなどして対策はされていると思います。
しかし、その時の体調や体質によって熱中症になりやすくなっている事もあります。
これからお伝えする項目をワンコと飼い主さんと共にチェックして、一緒に身体をケアしてあげて下さい。

《 熱中症になりやすい体質と体調 》

・夏の暑さや湿気などで体が疲れている
・持病がある
・浮腫んでいる(水分調整がうまく行っていない)
・消化器系が疲れている、弱い
・血が薄い、または滞っている
・病中病後
・産後、手術後、ヒート中または後
・冷え性
・寝不足
 などです。

加えて今年注意したいのが「胃の不調」と「自律神経の不調」です。
急な気温上昇による暑さや高い湿度は、胃が疲れさせてしまいます。
加えて、飼い主さんは、マスク生活(マスクが悪いというわけではありません)と感染症対策でストレスにより自律神経が乱れ、体調を崩している方が多い様子です。
体調不良は、熱中症になるリスクが高くなりますし、飼い主さんの不調は愛犬にも伝わります。
是非一緒に養生して、一緒に元気になって下さいね。

「みんなで一緒にケアしよう!」

 

境谷真佐子

境谷真佐子

投稿者の記事一覧

(さかいだにまさこ)
タイ式ヨガインストラクター

「あるなら探せ。無ければ作れ」をモットーに、愛犬の快適な生活とお出かけを探求しています。 楽しいお出かけ情報や、グッズのリメイク術をご提案していきます。

愛犬小珠のブログ『小珠メモ』:https://ameblo.jp/umeran0412/
心臓病、パグ脳炎の小珠(こだま)との日々

関連記事

  1. ゆるっとワンコ薬膳のススメ 《体質診断をしてみよう!》「血」の話…
  2. ゆるっとワンコ薬膳のススメ  秋ケア お腹編 《レピシ紹介》お腹…
  3. 猫のしつけとケア 第5回 猫にアロマは危険!
  4. 仔犬との暮らし手帖 第1回 仔犬の成長に合わせたフードの量と与え…
  5. イヌに教え、教えられ 第44回 他の犬が怖い、、そんな愛犬は気遣…
  6. フィラリア対策 第1回.フィラリア症を予防しましょう!
  7. ペットのトラブル対処法 第1回 誤飲編〈 乾燥剤 〉シリカゲルの…
  8. ゆるっとワンコ薬膳のススメ 〜肩こりにご用心〜

今月の人気ランキング

PAGE TOP