健康・病気

季節性アレルギーのある馬の世話

乗馬インストラクターがお伝えする馬のお話。
今回は馬のアレルギーについてです。

馬も人間と同じ!アレルギーがある

春先になると花粉症に悩む方も多いと思います。
馬にも人間と同じように様々なアレルギーがあります。

春から夏にかけて、一部の馬は人間と同様に、季節性アレルギーに悩まされる可能性があり、実際に苦しんでいます。
全馬の約10%が一生のうちに何らかのアレルギーを患うと推定されていて、最も一般的なのは季節性アレルギーです。

季節性アレルギーは、食物や薬、さらには接触アレルギーなど、新しいシャンプーやサドルパッドの使用などがアレルギー反応を誘発する他のアレルギー原因とは異なります。
原因に関係なく、すべてのアレルギーの生理学的反応は一般に同じですが、重症度には多少の違いがあります。    

アレルギーは、馬の免疫系の活動亢進によって現れます。
免疫システムの役割は、自分自身を傷つける可能性のある異物から体を守ることです。
有害と認識した物質を感知すると活性化し、抗体を生成して攻撃します。
通常、花粉のようなものは有害であるとは認識されず、免疫反応が引き起こされるべきではありません。
しかし、一部の馬では、免疫システムがそれを有害であると解釈し、それに応じて反応します。

季節性アレルギーは馬にどのような影響を与えるのでしょうか?

アレルギー反応を引き起こす物質をアレルゲンといいます。
最初に曝露(アレルゲンを浴びる)されたとき、馬の免疫系はアレルゲンを有害なものとして認識するかもしれませんが、多くの場合、反応を開始しません。
しかし、馬がアレルゲンに頻繁にさらされると、免疫系が反応し、時間の経過とともにその反応がより強く、より速くなります。
一部のアレルギー反応は非常に軽度であり、場合によっては馬の所有者ですら気づかないこともあります。
しかし、一部のアレルギー反応は非常に重度で、麻痺や死に至る場合もあります。
馬では死に至る重度のアレルギー反応は非常にまれであり、通常は薬剤の使用後にのみ観察されます。以前競技場で、獣医さんに注射を打ってもらった直後にアナフィラキシーを起こしてしまった事がありました。
すぐに対処してもらい落ち着きましたが、薬剤によるアレルギーの怖さを思い知りました。

季節性アレルギーとは、一年の特定の時期に馬にアレルギー反応を引き起こすものです。
通常これらは潜在的なアレルゲンが豊富なため、春と夏に見られます。
季節性アレルギーの原因には次のようなものがあります。

《 ハエやユスリカに刺される 》

蚊、サシバエ、アブなどの刺咬昆虫の唾液が馬にアレルギー反応を引き起こす可能性があります。
重度の場合、アレルギー反応はしばしば甘いかゆみと呼ばれます。
これは、馬で観察される最も一般的な季節性アレルギーの 1 つです。

《 カビ 》

暖かい季節には、干し草にカビが発生するのがより一般的です。

《 花粉 》

人間と同様に、馬もさまざまな植物からの特定の花粉に対してアレルギーを発症することがあります。

《 ほこり 》

馬房の敷料の種類によっては、あるいは干し草でも問題になることがあります。

馬のアレルギー症状の兆候

馬が季節性アレルギーに対してアレルギー症状を起こしている兆候としては、次のようなものが考えられます。

  • 首、脇腹、体に隆起した隆起、蕁麻疹が出る
  • 激しいかゆみによる脱毛の斑点
  • 呼吸器系の炎症による咳で、咳が出る場合があります(再発性気道閉塞)
  • 鼻水
  • 運動不耐症またはその他の行動の変化

馬に見られる季節性のアレルギー反応の中で、馬の飼い主にとって最も心配なのは、息労(Heaves)です。
息労は馬に見られる最も一般的な肺疾患であり、馬の健康に深刻な影響を与える可能性があります。
一部の馬では炎症が重度で、重度の呼吸困難に陥ることもあります。馬が息労に苦しんでいると思われる場合は、獣医師の診察が必要です。

馬のアレルギー検査と対策

馬のアレルギーの原因となるアレルゲンを特定することは非常に困難です。
季節性アレルギーの場合、ほとんどの獣医師は皮膚検査の実施を勧めます。
これには、馬の皮膚に少量の潜在的なアレルゲン(カビ、花粉、昆虫の唾液など)を注射して検査し、その後24時間にわたって観察することが含まれます。
注射部位における局所的な免疫反応は、その物質に対するアレルギーを示します。

季節性アレルギーの場合、原因となるアレルゲンをすべて除去することはほぼ不可能です。
できることは、感染への曝露を最小限に抑えることです。
暴露を減らしたり、馬を治療したりするために適用できるヒントをいくつか紹介します。

  • 厩舎にはほこりやカビなどのアレルゲンが存在するため、馬はできるだけ頻繁に外に出す必要があります。
  • 干し草の浸漬(水につけてから与える)は、ほこりアレルギーのある馬に役立ちます。
  • 花粉が原因の場合は、花粉のピークシーズンに馬を休養させておくと効果的です。
  • 昆虫に関連するアレルギーの場合、馬の馬房のハエ駆除を行う
  • 虫刺されアレルギーに苦しむ馬には、防虫剤、ハエ用マスク、フライシートを使用する
  • かゆみを伴う皮膚の領域に局所軟膏を塗布すると、炎症を軽減できます。
  • 高 DHA オメガ脂肪酸サプリメントは、アレルギー炎症を軽減できます。

植物や虫などが活性化する春以降は、それだけアレルゲンも増えていきます。
アレルギー症状が出ても一時的なものですぐに治るのか長引くのかで、ある程度の原因は予想できるかもしれません。
人間もそうですが、アレルギーが出てしまったら無理をさせずにゆっくりと休ませてあげることも大切です。

 

進 由紀

進 由紀

投稿者の記事一覧

(すすむ ゆき)
乗馬インストラクター
全国乗馬倶楽部振興協会認定指導者

2002年より乗馬クラブでインストラクターとして働く

「馬は自分を映す鏡」の様な存在です。
自分の行動に対しての答えを、いつも分かりやすく返してくれます。
だからこそ、いつでも正直に、真剣に、謙虚に、馬と向き合う事が出来ます。
それは時に苦しいけれど、そんな時にもポッと何か閃きをくれたりする。
馬はとても賢くて、優しくて、そしてどんな馬もみな、真面目で頑張り屋です。

出会った馬には、幸せを感じながら人間と仕事をしてもらえるように。
また馬の素晴らしさを一人でも多くの方に知って頂けるように。

馬と共に成長し、人々に貢献する事を目標に、日々奮闘しています。

関連記事

  1. ゆるっとワンコ薬膳のススメ 第5回 〜動物だって、浮腫むんです〜…
  2. ゆるっとワンコ薬膳のススメ 〜夏の疲れ、残ってませんか?体力回復…
  3. ゆるっとワンコ薬膳のススメ ~「腎不全」ケアと予防~ 予防法とケ…
  4. ゆるっとワンコ薬膳のススメ 〜お腹をしっかり整えて年越ししよう〜…
  5. ゆるっとワンコ薬膳のススメ ~秋冬の不調に備える体作り~ 薬膳ご…
  6. 狂犬病予防接種の基礎知識 第1回 狂犬病の恐ろしさ
  7. ゆるっとワンコ薬膳のススメ 〜 元繁殖犬 泰介の一年 〜 2
  8. 同伴出勤する猫「うにたん」完全介護の実体験コラム 第1回スコティ…

今月の人気ランキング

PAGE TOP