里見潤

今、感じること

コロナウイルス蔓延による先が見えない不安。
今、何を書くべきなのかを迷いました。

緊急事態宣言が出ての「自粛」
どこまでやればいいのか?
やるべきか・やらないべきか?
各自の判断に任せられている部分も多く、分かりづらい。
3密でなければいいのか?
外に出ることがダメなのか?
仕事をするかしないかの自主的な判断が難しい。
正解が分からず、なんとも言いようのない重い気分になりがちです。

こんな時でも散歩に行けば、犬たちはいつもと変わらず嬉しそうにしてくれる。

いつもと同じ散歩道に、いつもと違う光景が増えています。
公園で遊ぶ家族がとてもたくさんいる。
お父さんと一緒に遊ぶ子供たちは、とっても楽しそう。
親子で犬の散歩をしたり、子供と一緒にランニングする家族がいたり、公園に笑顔があふれています。

ご夫婦で散歩をしていたシーズーが、私の連れている犬を見つけて地面にベタっと伏せ、こちらをじーっと見ながら動かない。
パパが声をかけても知らんぷりしているシーズー。
そこで、ママが楽しそうな声をかけ、身振り手振りも使って、シーズーを上手く誘う。
シーズーがママに気を向けた瞬間、そのタイミングを逃さず走り出すママ。
そんなママにつられて、楽しそうに追いかけ、駆けさるシーズー。
そして、慌ててついていくパパ。
「どうも~」と言いながら、皆で走りさっていく後ろ姿は、なんだか楽しそうに見えた。

先が見えない不安はあるけれど、こんな時だからこそ家族同士が、犬と家族が楽しそうに過ごすのを感じるのはなかなか良いものだ。
今の状況だからこそ、気が付くこともある。

トレーニングレッスンを終えた家族から、こんなお知らせが届きました。

「こういう状況だからこそ、動物のいない生活は考えられないです。
この仔たちのおかげで救われているよねって、家族で話してました。
犬に限らず、動物の力ってすごいです。」

先が見えない中、1ヶ月後も今と同じような考えでいられるかは分からないけれど。。。
いつか振り返ったとき、何かに気付き、あの時があったからこそ今があると思えるためにも、今は自分ができる行動を続けよう。

里見 潤

里見 潤

投稿者の記事一覧

(さとみ じゅん)

ドッグコーチ

1975年、横浜市生まれ。2004年、警察犬訓練校に入学、出張トレーニング会社を経て、保護活動団体「Dog shelter」の専属スタッフとして、保護犬のトレーニング、一時預かり家庭と里親家庭の間に入り、アフターフォローを担当する。
2012年7月より独立。出張、及び預託トレーニングを柱に活動する傍ら、保護犬の一時預かりを継続中。
 
日本警察犬協会公認訓練士
ジャパンケネルクラブ公認訓練士
東京都動物愛護推進員

 保護犬預かりを主に、トレーニングのことを書いている里見潤さんのブログ
 「イヌと歩けば。」http://setahachidog.blog.fc2.com

関連記事

  1. イヌに教え、教えられ 第11回 「大変」から「幸せ」に変わるとき…
  2. 「ペットロス」と「アニマルコミュニケーション」
  3. イヌに教え、教えられ 第30回 犬は今を生きている
  4. お悩みグセ解消エクササイズ 5時間目 止まって、歩かない
  5. 愛犬とのしつけエクササイズ 第3回.フセ
  6. イヌに教え、教えられ 第15回 自らの命で何かを伝える
  7. ペットも食育 ~食べることがしつけにつながる~
  8. 愛犬とのしつけエクササイズ 第7回.子犬のトイレトレーニング

今月の人気ランキング

PAGE TOP