アニマルライツ

人と命の間で

小さな力が社会を変える

第4回 人と命の間で

里見 潤(ドッグシェルタースタッフ/ドッグトレーナー)


 前回は、ドッグシェルターのイベントやその他の活動についてお伝えしてきました。里親会やフリーマーケットなどのイベントも行ってきたというお話でした。

 今回は、里見さんが活動のなかで経験した苦労や失敗、犬との共生生活についてお話します。

里見さんと保護犬のごまちゃん

 人と命の間で

 人と人の間に入る仕事ですので、その間で命や保護犬を扱う難しさを感じています。

 里親さんとは、最初から最後まで関わっています。店舗時代にくらべると頭数は減りましたが、1件ずつていねいに行っていますので、よろこんでくださる家族が多いです。

 「里親候補」の方々との折衝は、とてもむずかしいです。「里親審査」というものを行ってまして、その間に里親候補の方の心証を害することがあります。「軽い気持ちで」ということはないのですが、保護犬を飼うのに審査があることを知らない方も多いため、驚かれる希望者さんもいらっしゃいます。といっても、最近は、ほとんどなくなってきました。

 いったんお断りしたご家族でも、その方の生活スタイルに向いている相性の良い犬がいれば、そちらを薦めたりもしています。こちらでお薦めした犬がぴったりだったと感想をくださったご家族が、あとで笑い話で「あのときはびっくりした」なんておっしゃることもあります。

 ただ、私たちは、飼い主さまの人間性や能力を否定するつもりはないんですね。あくまでも犬との相性で決めています。

 里親希望者と預かり宅のように、人と人の間に入る仕事ですので、たいへんでした。それまで、ドッグトレーナーだったときは犬のしつけをするのが仕事でしたので、このように人どうしの連絡をしたり、間に入る仕事ははじめてでした。むずかしいことを説明するときに、相手を不愉快にして怒らせてしまったりもしました。段取りもあまりよくなかったと思います。いまでは経験によって、少しはよくなってきたかなと思います。

 犬と人間の共生 -住まいと隣人関係-

 いまは、ペット共生の賃貸マンションに住んでいます。マナーを守ること、犬を吠えさせない、などのマナーを守っていれば、となり近所の方とのトラブルもあまり起こりません。となり近所に疎まれるのはよくないですよね。生活も近所との関係もよくなれば、犬にもよくなります。このマンションでも大家さんや奥の部屋の方も犬を飼っています。犬が真ん中に入ってくれるので話しやすいですね。

 設備については、部屋の通路がふつうの1LDKにしては幅が広く、大型犬と通っても狭く感じません。壁紙も床から1メートルくらいのところでいったん仕切ってあり、交換するときには下の壁だけ交換すればよいようにもできています。

下の部分だけを取り替えればよい壁紙

下の部分だけ壁紙を替えればよいように工夫がなされている

滑りにくい特殊な床材

滑りにくく、おしっこが浸み込みにくい特殊な床材を使用したフローリング

 
 

 洗面所の排水口が二重になっており、犬の毛が排水に入って詰まらないように工夫がされています。ほかにも空気清浄機がついているのもとてもたすかります。

 共生住宅は犬を飼っている人がメインの住宅であり、犬可物件とはこの点がちがいます。人間関係もよく、居心地がよい。コミュニケーションでのトラブルもありません。

 私自身では、とくに保護犬が、留守番中に吠えないように気を遣っています。

砂利敷きの庭

犬を放しておくのに適している砂利敷きの庭

 

 入居にあたり、ペット審査には少し時間がかかりました。ここまでしっかりやってくれると感じるか、そうでないかは、お客の好みによって分かれるかもしれないのですが、自分にはありがたかったです。仕事上、審査のハードルは高かったですね。自分がアドバンスネットさまに対して希望を説明する立場になり、まるで犬の里親と自分の関係と同じだなと思いました。

散歩のあとに便利な足洗い場

散歩のあとに便利な足洗い場

 

 ドッグシェルターで保護してきた犬を連れてくるときにも、毎回、保護犬審査があります。いまはテンプレートを作っていただいて、すぐに提出できるようになっています。

 何件か物件を見て回り、ドッグシェルターの事務所からの距離が車で30分以内ということで、この物件を選びました。

 事務所は、犬不可の物件で、代表の会社の事務所の一角を借りています。そこでは、お金の管理、グッズ、データ処理などを行っています。木曜は一日事務所におりまして、あとは動物愛護相談センターなど外に出ています。空き時間に戻ってくるくらいです。

ドッグシェルターのその他の活動やイベント

これから

里見 潤

里見 潤

投稿者の記事一覧

(さとみ じゅん)

ドッグコーチ

1975年、横浜市生まれ。2004年、警察犬訓練校に入学、出張トレーニング会社を経て、保護活動団体「Dog shelter」の専属スタッフとして、保護犬のトレーニング、一時預かり家庭と里親家庭の間に入り、アフターフォローを担当する。
2012年7月より独立。出張、及び預託トレーニングを柱に活動する傍ら、保護犬の一時預かりを継続中。
 
日本警察犬協会公認訓練士
ジャパンケネルクラブ公認訓練士
東京都動物愛護推進員

 保護犬預かりを主に、トレーニングのことを書いている里見潤さんのブログ
 「イヌと歩けば。」http://setahachidog.blog.fc2.com

関連記事

  1. イヌに教え、教えられ 第20回 相手を知る
  2. みんなの夢、猫の未来 第4回「みんなでやっているからこそできる」…
  3. イヌに教え、教えられ 第29回 根気よく、気長に向き合う
  4. 犬と楽しく暮らすためのトレーニング 第2回 保護犬たちとの暮らし…
  5. 鳥猟犬をたすけるために 第7回 ルールの認識不足が事故を生む
  6. 「吠えグセ」を考えてみよう 第1回.何故吠える?
  7. 愛犬とのしつけエクササイズ 第7回.子犬のトイレトレーニング
  8. 鳥猟犬をたすけるために 第6回 家族の理解

今月の人気ランキング

PAGE TOP