アニマルライツ

ある日、捨てられた仔猫に出会った《 体験談 》 第2回仔猫の里親探し

 

ある日、捨てられた仔猫に出会った
《 体験談 》

第2回 仔猫の里親探し

 

 


――*―――――――――――――――――――――――――
その2 「仔猫のお世話と里親探しを分担する」
――*―――――――――――――――――――――――――

離乳前後の仔猫たちに大切なことは、まず体温調整ができない身体を「保温」することです。
そして、お腹いっぱいミルクを飲ませ、排泄をさせること。
ミルクは2~3時間おきに飲ませるため、お世話には昼夜問わず時間が必要になります。

そして里親探しは、
1.ポスターを作成して動物病院やペットショップ、人が集まりやすい場所
2.SNSや里親探し専門サイトへの投稿
3.仔猫への問い合わせ、里親希望の方との連絡・調整

などがあります。

仔猫のお世話・里親探し、どちらも試行錯誤が必要となり多くの時間がかかります。
仔猫にとっても、仔猫を保護している人にとってもできたら「世話」と「里親探し」で役割分担ができるとストレスも少なく、スムーズに事を運んでいくことができます。

私の場合、仔猫たちの検診に行った病院で運よく仔猫たちを預かりお世話をしていただけるご夫婦と出会ったことで、里親探しに専念することができました。
このこともあり、仔猫の数を上回る問い合わせと里親希望の申し出をいただき、8匹の仔猫を拾った日の夜、すべての仔たちの里親さんが決まったのです。

きっと、8匹すべての仔に里親さんが見つかるまで数カ月はかかるだろう、、、
もしかしたら、我が家に家族として迎える仔がいるかも、、、
などという不安は、無用の長物でした。

――*―――――――――――――――――――――――――
その3 「里親さんにお渡しするタイミング(時期)」
――*―――――――――――――――――――――――――

仔猫が離乳する時期は、早くて生後1ヶ月。
それまでは、2~3時間おきにミルクを与え、排泄をさせていくため、日中家族が不在になあるお宅や仔猫を育てた経験がない里親さんには、お世話をすることが難しいもしくは不可能になります。
里親さんにとって、そして何より仔猫にとって、大きな負担がなく暮らしていけるようになる時期は、離乳して、離乳食をがつがつ食べ、排泄も自分でできるようになったからです。
発育が早い仔で「40日」遅い仔で「2ヶ月」が目安です。

仔猫を早く家族に迎えたいと思われる里親さんもいらっしゃいますが、まずは仔猫たちのことを考え、双方に負担が少ないタイミングを相談してください。

 

――*―――――――――――――――――――――――――
その4 「大切なこと」
――*―――――――――――――――――――――――――

カラスに傷つけられた仔猫を見つけたとき、そして仔猫の鳴き声が聞こえてきたバッグをあけ、数えきれないほどの仔猫を見たとき、まず浮かんできた言葉が「どうする?」
次に「放っておけない」最後に「何とかなるはず、何とかする」でした。

大切にすることや考え方は、人それぞれ違いはあります。
でも「命の大切さ」に違いはなく、命を救う人の行動を支えてくれる人も多く存在します。
あなたが、もし捨てられた仔猫や仔犬、迷子にであったら、まずは自分でできることの最大限をイメージして行動してください。
自分ひとりでできない部分には、それができる人が加わってくれるはずです。

 

 

ある日、捨てられた仔猫に出会った
《体験談》第1回 仔猫を拾ったときにすること

吉川 奈美紀

吉川 奈美紀

投稿者の記事一覧

(きっかわ なみき)

ヨガ・ピラティス・空中ヨガ インストラクター
メディカルアロマアドバイザー

関連記事

  1. 日本は動物愛護後進国! ~海外に学ぶ動物愛護 第4回~
  2. アメリカの動物事情 第10回 アメリカでの動物ボランティア・アメ…
  3. 保護犬の一時預かり、ボランティア家庭が広まることを願い
  4. “捨てられる命ゼロ”を目指して 「ノー・ヴォイス」上映会
  5. イギリスとスイスの動物事情 第2回 イギリスの動物福祉「Sout…
  6. 犬と人が共に笑顔で暮らすために ~ドッグトレーニングチーム do…
  7. ペットを連れて、もっとおでかけを楽しもう! 第3回 九州 長崎の…
  8. 猫と出会ってしまったら ~成猫と暮らしはじめる~

今月の人気ランキング

PAGE TOP