しつけ・ケア

ゆるっとワンコ薬膳のススメ 《体質診断をしてみよう!》「水」の話 ~その1~

中医学(中国の医学)における薬膳の基本的な考え方、体を構成している3要素「気・血・水 (き・けつ・すい)」の体質診断。
今回は、『水』についてです。

『水虚』の体質『水帯』の体質

水滞…「水」が滞っている状態、水毒ともいいます。
水虚…「水」が足りない状態です。

「水虚」は、「陰虚」と同じく、体を冷やす力が不足している状態です。
チェックの仕方やケア方法は、こちらを参考にしてください↓↓
《ゆるっとワンコ薬膳のススメ 《体質診断をしてみよう!》~陰陽編~》
https://goron.co/archives/8453

 チェックしてみよう!

【 水滞チェック 】
1〜2つ当てはまるなら「水滞気味」・3つ以上なら「水滞」
◎水分をよく摂るわりにトイレの回数や量が少ない
◎お腹を触ると冷たい、お腹がちゃぷちゃぷする
◎肉球が浮腫んでパンパン、ぶよぶよしている(人間なら夕方になると浮腫む)
◎曇りの日や雨の日は体調を崩しやすい
◎手足が冷えている
◎舌がボテっとしている。歯のあとが付いている
◎あまり運動をしない
◎睡眠時間が短い
◎喉が渇きやすい
◎瞼が重く、顔が厚ぼったい
◎胃腸が弱い
◎疲れやすい
◎被毛に艶がない

『水滞』は、水分代謝が悪く、「水」の排出がうまくできていない状態です。
「水を飲む=体に良い」確かにその通りです。
体中の「水」は、全身を潤し・栄養を巡らせ・体温を調節する大切な働きがあります。
しかし、この「水」が滞り溜まってしまうと、冷えや浮腫み、内臓の動きを悪くするなど、身体の不調を引き起こす原因となってしまう事があります。

マッサージをしたり体を温めると「水」の巡りがよくなります。
また、浮腫んでいる犬・浮腫みやすい犬は、血が足りない「血虚」になっている場合が多く、その改善のためにはしっかりと血を補給してあげる事が大切です。
詳しくは、こちらより
《ゆるっとワンコ薬膳のススメ 《体質診断をしてみよう!》「血」の話 ~その1・2~》
https://goron.co/archives/8557
https://goron.co/archives/8563

『水滞』『水虚』の状態のとき特に気をつけたいのが「夏」。
次は、夏の過ごし方の注意点とおすすめ薬膳レシピをご紹介します。

夏の過ごし方の注意点とおすすめ薬膳レシピ『夏の浮腫みを吹き飛ばせ!青魚と夏野菜のリゾット風』

境谷真佐子

境谷真佐子

投稿者の記事一覧

(さかいだにまさこ)
タイ式ヨガインストラクター

「あるなら探せ。無ければ作れ」をモットーに、愛犬の快適な生活とお出かけを探求しています。 楽しいお出かけ情報や、グッズのリメイク術をご提案していきます。

愛犬小珠のブログ『小珠メモ』:https://ameblo.jp/umeran0412/
心臓病、パグ脳炎の小珠(こだま)との日々

関連記事

  1. 獣医師とつくる ペットの健康を考えるごはん 第2回 1頭1頭の個…
  2. ペットの暑さ対策~節電編~「ペットの体温調節と暑さ対策」
  3. 「とっても簡単♪アバウトOK!第2弾 パパのズボンで作っちゃえ!…
  4. ペットと共に暮らすために考えたいこと 第11回 犬の咬傷事故にお…
  5. ペットの心身の健康に主体的に関わる~ホリスティックケア~ 第1回…
  6. ペットと暮らすために考えたいこと 第7回 シニアペット 大切な家…
  7. イヌに教え、教えられ 第33回 「怖い」を「期待」に変えていく
  8. ペットの心身の健康に主体的に関わる~ホリスティックケア~ 第2回…

今月の人気ランキング

PAGE TOP