しつけ・ケア

  1. 犬のデンタルケア 第3回 歯の磨き方

    しつけにおいても、犬のマズルを触り、人間がコントロールすることを”マズルコントロール”と呼びます。 これは、私たちの開催しているしつけ教室でも必ず行っています。歯を磨くことはしつけの一貫にもなりますので、是非毎日少しずつでよいので行ってあげてください。

  2. 愛犬とのしつけエクササイズ 第6回.オモチャ遊びとちょうだい

    楽しい中にもルールを教えてあげないと遊び上手にはなれず、要求的な行動が出たり、オモチャを取り上げようとすると「渡さない!」とオモチャを守るようになったり、オモチャ遊びをすると興奮しすぎて飼い主さんがコントロールできなくなったりすることもあります。オモチャ遊びには「楽しさとルール」の両方を教えて、犬との生活がより快適になるようにしましょう。

  3. 愛犬とのしつけエクササイズ 第5回.アイコンタクト

    人間にとって「相手の目を見て」あいさつをすることは普通ですが、犬にとってそれは常識ではありません。「相手の目を見つめる」ことは、犬にとって「相手を威嚇する、される」ことを意味するサイン。じっと見つめられることは犬にとって決して楽しいことではありません。 散歩中、犬好きの人が「かわいいですね~」と犬の目を見つめ、あいさつをしてきたとき、吠える犬を見たことはありませんか?犬にとって悪気はまったくなく、「威嚇されたから、または怖いと感じて」吠えただけなのです。

  4. 犬のデンタルケア 第2回 虫歯・歯周病の予防

    獣医さんに尋ねると、人間と違い、犬や猫の場合歯の治療の多くは全身麻酔によって施術が行われるそうです。ただでさえ全身麻酔は体への負担が大きいのに、動物の小さな体にとっては、さらに負担がかかります。自分の愛するペットが虫歯や歯周病にならないためにも、人間と同じように、”予防”が大切です。愛犬・愛猫に健康に長生きしてもらうため、毎日の歯磨きを習慣づけましょう。

  5. 犬のデンタルケア 第1回 歯の病気と歯磨き

    歯科疾患にかかることにより、将来、「歯が抜ける」…だけならむしろいいといえるかもしれません。なんと、虫歯や歯周病を引き起こす原因となっている細菌・歯周病菌が、唾液に混じり、血液の中に入ることによって体中に回り、内臓にさまざまな影響を及ぼすこともあるのです。

  6. 「吠えグセ」を考えてみよう 第2回.飼い主ができること

  7. 「吠えグセ」を考えてみよう 第1回.何故吠える?

  8. 老犬と暮らすために-骨関節炎- 第2回.症状と対策

  9. 老犬と暮らすために-骨関節炎- 第1回.年齢と種類

  10. 猫のしつけとケア 第4回.猫のマッサージ

  11. ペットのストレス障害 第2回.~もしもなってしまったら・・・~

  12. ペットのストレス障害 第1回.~ストレス障害とは~

  13. 猫のしつけとケア 第3回.猫のトイレ環境

  14. ペットの暑さ対策~節電編~「ペットの体温調節と暑さ対策」

  15. フィラリア対策 第2回.症状とわたしたちにできること

今月の人気ランキング

おすすめ記事

鳥猟犬をたすけるために 第1回 CACIの活動を始めるまで

現在の日本では、猟犬は「狩の道具」であり、狩の現場で飼い主が放棄してしまうことが多いのです。これらの猟犬たちは、動物愛護センターに保護されますが、鳥猟犬を家庭犬として引き取ってもらうのは難しく、多くの犬たちはガスによる殺処分によって命を終えてしまいます。

新着記事

PAGE TOP