投稿・取材協力吉川奈美紀

  1. 家に残すペットの命を守るために 〜東日本大震災から9年、今の私たちにできること〜

    もし、家にペットを残し出かけているときに、私たちが災害に巻き込まれ、家族全員が家に帰ることができなくなったら、、、 残された大切なペットたちはどうなってしまうのか、考えたことはありますか? 災害だけでなく、急病や大きな事故に巻き込まれ怪我をして入院、または亡くなってしまう場合にも起こりうることです。 できれば起こってほしくはありませんが、「もしも」の時、大切なペットたちを守る手段を講じるにこしたことはありません。

  2. 飯館村に残されている犬や猫 〜東日本大震災から9年、今の私たちにできること 〜

    私が、飯舘村に取り残された犬や猫たちのボランティア活動について知るきっかけになったのは、「猫撮るさん」ことフォトグラファー上村雄高さんの写真展『Call my name 原発被災地の犬猫たち』を知ったことでした。

  3. 愛犬と一緒に旅をしよう! 犬にフレンドリーな町『那須』

    ペットと泊まれる宿や公園などの施設、カフェやレストランはもちろん、犬と一緒に楽しめるさまざまなイベントが開催される、犬にとってもフレンドリーなリゾート「那須」その理由は?

  4. 新型コロナウイルス(2019 n-CoV)のペットへの感染について

    動物虐待や違法行為などに関する「獣医法医学」を専攻し、現在、日本人で唯一の認定法医学獣医師である西山ゆう子さんが、新型コロナウイルスに対するペットへの感染について、世に流れている誤解や誤情報に飼い主が惑わせることを危惧し、Facebookに投稿されていた「AVMA(アメリカ獣医師会)」「WASVA(世界小動物獣医学会)」が発表している、現時点における正式な見解についてご紹介いたします。 少しでも多くの方に知ってほしいと思い、転載の許可をいただき掲載しています。

  5. 東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて 「補助犬」と「ほじょ犬トイレ」を知ろう!

    東京オリンピック・パラリンピックには、日本全国そして世界から多くの人たちが観戦に訪れます。その中には「補助犬」と一緒の方もいらっしゃるはずです。 もし、慣れない場所で補助犬を連れた人が困っているとき、私たちにできることはある?

  6. 寒い冬にかかりやすい犬の病気 ~耳の先にできるかさぶたの原因は2つ~

  7. クリスマスに動物愛護団体や愛護センターの動物たちへ愛のプレゼントを!

  8. ペットの救急箱 我が家のオリジナル救急セットをつくろう!

  9. 犬の大敵「ノギ」イネ科の植物にご注意を!

  10. 災害時のペットとの避難を考える ~アメリカの事例:ペット同行避難のために事前計画を~

  11. 災害時のペットとの避難を考える ~アメリカの『スノーボール法』~

  12. 台風19号で被災した動物保護施設をみんなで支援しよう!

  13. ずっと楽しく遊べるカラダを ~犬のウォームアップとクールダウン

  14. 動物を手助けする6つの方法

  15. 動物愛護週間のイベントに参加してみよう!

今月の人気ランキング

おすすめ記事

みんなの夢、猫の未来 第1回「不幸な猫をなくそう!」

猫は、保健所による捕獲義務のない動物です。その代わりに去勢や避妊の助成を行っている自治体が多くあります。足立区では、オス猫の去勢に2000円、メス猫の避妊に4000円の助成金制度を設けています。

新着記事

PAGE TOP