投稿・取材協力吉川奈美紀

  1. 2020年動物愛護法改正を基に非獣医の帝王切開手術を考える「非獣医師が行う帝王切開手術の問題点」

    繁殖業者が、非獣医師によって帝王切開手術を行うことがあるのならば、これは本当に恐ろしいことです。 はたして、「今後は法律で禁止になるので、これからは安心」と考えてよいのでしょうか? 非獣医師が帝王切開する場合の問題点は、

  2. 2020年動物愛護法改正を基に非獣医の帝王切開手術を考える「帝王切開手術は獣医師のみが行えると法律に明記」

    8月、動物の適正飼養管理方法等に関する検討会により「適正飼養管理の基準の具体化」について発表されました。 そこには、帝王切開手術についても盛り込まれています。

  3. 犬や猫の出産と帝王切開を考える 「帝王切開の問題点と今後の法規制」

    繁殖回数や、妊娠の間隔などは、将来は、ガイドラインや、専門家の意見、奨励として通達してもよいのでは、と思っています。 現場の立ち入り操作と動物保護ができることが前提ですが。 今回の愛護法の数値化、具体化は、まだ第一歩の状態ですが、非常に意義が大きく、大きな期待もしています。

  4. 犬や猫の出産と帝王切開を考える 「生涯出産回数や頻度に関する安全性について」

    犬の妊娠出産は、何歳までが安全でしょうか? これに関しては、やはり科学的な報告が乏しく、また、あっても局所的なもので、包括的なデータがありません。 業界で一致している意見は、『最初の発情(通常1歳未満)の時は、妊娠を避けたほうがよい』ということです。

  5. 犬や猫の出産と帝王切開を考える 「帝王切開手術に関する疑問」

    帝王切開手術は、何回もやってよいのでしょうか?(何回までという医学的な制限はありますか?) 犬・猫の帝王切開手術を「生涯何回まで」と制限するという科学的なデータはありません。 帝王切開後の回復や後遺症は、個体差が大きいことなので一般理論として何回までと決めるのは難しいと思います。 一般に、帝王切開手術後、素早く回復できる犬もいれば、母体の体力の回復に相当な時間を要する個体もあります。

  6. 犬や猫の出産と帝王切開を考える 「帝王切開とは?」

  7. 犬の生活習慣病予防のために~「住環境」が引き起こす疾患を知っておこう!

  8. 犬の生活習慣病予防のために~まずは「肥満」対策から!

  9. ペットのトラブル対処法 第5回 誤食編〈 ぶどう 〉犬がぶどうを食べたとき

  10. 動物愛護法の他にも、動物を助けられるものがあります「消費者啓蒙目的のラベル」

  11. 動物愛護法の他にも、動物を助けられるものがあります「ポジション・ステートメント(陳述、意見書)」「共同組合、自主規制グループ」

  12. 動物愛護法の他にも、動物を助けられるものがあります「ガイドライン」

  13. 動物愛護法の他にも、動物を助けられるものがあります

  14. 2020年動物愛護週間のテーマは 「人も動物も幸せに~考えよう、共にくらす社会~」

  15. 動物たちの長生きと悪性腫瘍(がん)の関係 〜犬と猫の腫瘍(がん)発生傾向と発生原因〜

今月の人気ランキング

おすすめ記事

出会い

東京都世田谷区にある「ドッグシェルター」は、動物愛護センターに収容されている犬を引き取り、新しい飼い主を探す活動を行っています。そのままでは処分されてしまう犬を一匹でも救い、温かな家庭で幸せに暮らせるようにと里親となる方々を探す活動です。 今回は、ドッグシェルターの実務を担当している里見潤さんにお話をうかがいました。

新着記事

PAGE TOP