吉川奈美紀

猫は雨が嫌い?好き?

結論からお伝えすると、全ての猫が雨が嫌いというわけではありません。

一部の猫は雨の中でも遊びたいと感じることがあり、水に慣れ親しんでいる場合や好奇心旺盛な性格の場合、雨の日でも外に出たがることがあるそうです。
それでも、一般的に猫は雨が嫌う傾向があります。
今回は、その理由を掘り下げていきます。

 猫が水を嫌うのはどうして?

猫が水を嫌う理由は、進化的な要因や生態学的な背景の関係しています。

毛皮の保護:

猫は毛皮を保護するため、自然界で水を避けるように進化してきました。
湿った毛皮は冷たく、不快であり、体温を下げる可能性があります。
また、湿った状態の毛皮は重くなり、猫の動きを制限することもあります。

敏感な足の感覚:

猫の足の感覚は非常に敏感であり、水に触れると不快に感じることがあります。
湿った地面や水たまりを歩くことで足がぬれると、猫は不快感を覚えることがあります。

清潔を保つため:

猫は非常に清潔好きな動物であり、自分自身を舐めて毛皮を清潔に保ちます。
水に触れると、毛皮がふやけてしまい、清潔感を損なう可能性があるため、水を避ける傾向があります。

猫の起源:

現代の家猫は野生のアフリカヤマネコ(Felis lybica)が家畜化されたものです。
アフリカヤマネコは砂漠や乾燥地帯に生息しており、水が豊富でない環境で進化してきました。
このような環境では、水の摂取よりも獲物から得る水分で生存できることが重要でした。
そのため、水を摂る必要が少ないという生態学的な背景が、猫が水をあまり好まない要因となった可能性が考えられます。

捕食者の習性:

野生の猫は捕食者であり、水中での狩りは得意ではありません。
そのため、水に潜って獲物を捕まえることはあまり一般的ではありません。
この捕食行動の制約も、水を避ける要因の一つかもしれません。

水が好きな猫は、どういったタイプ?

好奇心旺盛な猫:

好奇心旺盛な猫は、新しい体験や環境に対してオープンで、水遊びなど水に関連する活動に興味を持つことがあります。水の動きや音に注意を払い、遊びたがることがあります。

水に慣れ親しんでいる猫:

一部の猫は幼少期から水に慣れ親しんでおり、シャワーを浴びたり、プールや水槽で遊んだ経験があるかもしれません。
これらの猫は水に対する恐怖心が少なく、水の中で遊ぶことを楽しむことがあります。

アクティブな猫:

アクティブな性格を持つ猫は、水中での遊びを楽しむことがあります。
例えば、水の中でおもちゃを追いかけたり、水流を追いかけたりすることがあります。

熱帯魚を観察する猫:

一部の猫は熱帯魚の水槽を観察するのが好きで、水中の魚を追いかけたり、観察したりすることがあります。水槽内の活動に興味を持つことが多いです。

温水環境好きな猫:

温水の状態を好む猫は、温かいお風呂やシンクに入り込んでくつろぐことがあります。
寒い水に入るよりも、温水を好むことが多いです。


猫が雨を嫌うかどうかは個体差があり、猫の性格や経験に影響されます。
それぞれの猫の好みと快適さを尊重することが大切です。
猫が水に触れる場合には、猫の安全を確保し、水の温度や状態に気を付けましょう。
また、雨の日に猫が外に出たがらない場合、屋内で過ごす環境を整えて快適に過ごせるようにしてあげたいですね。

 

吉川 奈美紀

吉川 奈美紀

投稿者の記事一覧

(きっかわ なみき)

ヨガ・ピラティス・空中ヨガ インストラクター
メディカルアロマアドバイザー

関連記事

  1. 動物にとって魅力的なにおい!? 「肛門腺」のお話
  2. 犬の白内障
  3. 日本犬が辿った系譜は日本人の歴史
  4. 犬のリハビリテーション 第3回 ハイドロセラピーを体験!
  5. いろいろあるよ!ドッグスポーツ 第1回 ドッグスポーツとは
  6. ある日、捨てられた仔猫に出会った《 体験談 》 第1回 仔猫を拾…
  7. 犬のボディケア 第3回 愛犬の心と体を元気にする マッサージ
  8. 仔犬との暮らし手帖 第4回 とても大切な「社会化期」の過ごし方

今月の人気ランキング

PAGE TOP