しつけ・ケア

「犬と音楽」犬にいい影響をあたえる音楽

私たちの暮らしの中には、とてもたくさんの音楽が流れています。
音楽を聴いてリラックスしたり、元気になったり、楽しくなったり、集中できたり、音楽は聴いているだけで様々な効果をもたらしてくれます。

犬たちも私たち人と同じように、音楽から影響や効果を与えるてることをご存知ですか?
今回は、犬と音楽について、そして犬にいい影響をあたえる楽曲もご紹介します。

犬に音楽を聴かせるとどんな効果があるの?

犬の個体差や好みによって異なる可能性がありますが、犬が音楽を聴くことにはいくつかの潜在的な効果があります。

・リラックス効果

穏やかな音楽や自然の音は、犬のリラックスを促進する可能性があります。
特にクラシック音楽や、犬のために作られたリラックス用の音楽が挙げられます。

・ストレス軽減

犬は環境の変化や騒音などに敏感ですが、適切な音楽がかかるとストレスが軽減されることがあります。
これは特に、動物病院や新しい場所にいるときなどに役立つことがあります。

・睡眠の促進

穏やかな音楽やリラックス用のサウンドは、犬が安眠しやすくなることがあります。
特に夜間や休憩時にかけると、犬の眠りに良い影響を与えることが報告されています。

・孤独感の軽減

犬が一人でいるときや、飼い主が留守のときに音楽をかけると、孤独感が軽減されることがあります。
人の声や安定したリズムが安心感をあたえると考えられます。

・エクササイズやアクティビティの刺激

アップテンポで活気のある音楽は、犬がエネルギッシュになり、遊びや散歩などのアクティビティに興奮するのに役立つことがあります。

犬がリラックスできる音楽

犬がリラックスする音楽は、穏やかでリズミカルな音楽がおすすめです。
いくつかの音楽のジャンルをご紹介します。

・クラシック音楽

モーツァルトやベートーヴェンなどのクラシック音楽は、その穏やかなメロディとリズムが犬をリラックスさせるのに適しています。

・自然の音

鳥のさえずり、波の音、森の音など、自然の音は犬にとって心地よいと感じられることがあります。
これらの音を組み合わせたり、専用の自然の音のCDやアプリを使うといいですね。

・犬のための特別な音楽

犬のために作られた専用のリラックス用音楽も存在します。
これらの音楽は、犬の聴覚に合わせて調整されており、特に効果的な場合があります。

・ジャズやブルース

柔らかいジャズやブルースの音楽も犬にリラックス効果があります。
穏やかなテンポや柔らかい楽器の音が選ばれることが一般的です。

・スローテンポのポップ音楽

スローテンポで穏やかなポップ音楽も、犬がリラックスするのに役立つことがあります。

犬に音楽を聴かせるときに注意すること

犬には個体差がありますので、特定の音楽が全ての犬に効果があるわけではありません。
愛犬がリラックスする音楽を見つけるためには、異なるジャンルや種類の音楽を試してみながら、犬がどのように反応するかを観察することが重要です。
また、犬が音楽に慣れるまで、最初は音量を控えめに調整することも大切です。

犬におすすめの音楽紹介

今はYouTubeなどでも多くの犬用の音楽や楽曲を聴くことができます。
そうした曲の中からいくつかご紹介します。

《 犬のために作られた専用のリラックス用音楽 》

犬のために作られた専用のリラックス用音楽は、様々なアーティストやプロデューサーによって提供されています。
その中からのいくつかをご紹介します。

  1. Through a Dog’s Ear (デボラ・ストライカー):
    • デボラ・ストライカーによる『Through a Dog’s Ear(犬の耳を通して)』シリーズは、犬の耳の感受性に合わせて作られた音楽です。クラシック音楽の要素を取り入れ、犬のリラックスやストレス軽減に効果があるとされています。
  2. Calm Your Canine Series (ジョシュア・リーゼル):
    • ジョシュア・リーゼルによる『Calm Your Canine』シリーズも、犬のためのリラックス用音楽として知られています。穏やかなメロディとソフトな音楽が特徴です。
  3. Music for Dogs (ジム・ニュートン):
    • ジム・ニュートンは、犬のための音楽を専門に制作しています。そのアルバムには、犬のストレスや不安を和らげるための音楽が含まれています。
  4. Relax My Dog (リラックス・マイ・ドッグ):
    • Relax My Dogは、YouTubeなどで提供されている犬のための音楽チャンネルで、さまざまなリラックス用の音楽や音が用意されています。リラックス効果を試す際には、これらのオンラインリソースも利用できます。

《 犬にリラックスする柔らかいジャズやブルース 》

柔らかいジャズやブルースの音楽は、犬がリラックスするのに適しているとされています。
犬のリラックスに役立つかもしれない柔らかいジャズやブルースをご紹介します。
これらの楽曲はYouTubeや音楽ストリーミングサービスで見つけることができます。

  1. “Kind of Blue” (マイルス・デイビス):
    • マイルス・デイビスの「Kind of Blue」は、穏やかで心地よいジャズの名盤の一つです。トランペットの美しい旋律とリラックスした雰囲気が特徴です。
  2. “Blue Train” (ジョン・コルトレーン):
    • ジョン・コルトレーンの「Blue Train」は、ブルースやハードバップの要素を含んだジャズの名盤です。そのなかにも犬がリラックスできる要素が詰まっています。
  3. “Kind of Silk” (ジョージ・ベンソン):
    • ジョージ・ベンソンの「Kind of Silk」は、ジャズとスムーズなギターの音が織り交ぜられたアルバムで、リラックス感があります。
  4. “Blues Dream” (ビル・フリゼール):
    • ビル・フリゼールの「Blues Dream」は、アンビエントな雰囲気とブルースの影響を感じさせるサウンドトラックです。犬にとって穏やかな雰囲気を醸し出しています。

これらの音楽は、ジャズやブルースの美しい旋律やリズムを通じて、犬がリラックスしやすい雰囲気を提供する可能性があります。

《 スローテンポのポップ音楽 》

スローテンポで穏やかな雰囲気のポップ音楽は、犬がリラックスするのに適しています。
これらの楽曲は、犬がリラックスするかどうかは個体差があるので、いくつか試してみることをお勧めします。

  1. “Norwegian Wood” (ザ・ビートルズ):
    • ザ・ビートルズの「Norwegian Wood」は、穏やかで心地よいメロディが特徴の楽曲です。アコースティックなサウンドが犬にとってリラックス効果があります。
  2. “Your Universe” (リッコ・ブランコ):
    • リッコ・ブランコの「Your Universe」は、穏やかで心地よいバラードです。ソフトなメロディが犬のリラックスを助けることができます。
  3. “Put It All on Me” (エド・シーラン):
    • エド・シーランの「Put It All on Me」は、彼の特徴的な優しい声と穏やかなリズムが、犬がリラックスするのに適しているかもしれません。
  4. “Stay With Me” (サム・スミス):
    • サム・スミスの「Stay With Me」は、静かで感情豊かな歌唱とシンプルなメロディが犬の安らぎを提供するかもしれません。
  5. “Budapest” (ジョージ・エズラ):
    • ジョージ・エズラの「Budapest」は、軽快で穏やかな曲調があります。これは犬がリラックスするのに適しているかもしれません。

これらの楽曲は、犬がリラックスするのに一助となる可能性がありますが、犬の個体差を考慮して、リアクションを観察しながら選んでください。
犬の反応は個体差があるため、いくつか試してみて、犬が最も好む音楽を見つけることが重要です。
また、音楽をかけるときは、適切な音量で聴かせるように気を付けましょう。


犬のための音楽療法

犬に音楽を聴かせる音楽療法は、犬の心身の健康を促進し、リラックスさせることを目的としています。
穏やかな音楽や特定の音の振動が、犬の感情や行動に影響を与えると考えられています。
犬に対する音楽療法について、そのポイントを挙げてみます。

・リラックス効果

穏やかでゆったりとした音楽は、犬をリラックスさせ、ストレスを軽減する可能性があります。特にクラシック音楽や自然の音、特別に作られた犬のためのリラックス音楽が効果的です。

・不安や行動問題への対処

犬が不安や行動問題を抱えている場合、特定の音楽がこれらの問題に対処するのに役立つことがあります。例えば、分離不安症に苦しんでいる犬には、安心感を与える音楽が適しています。

・獣医診療やトリミングの際のストレス軽減

犬は獣医診療やトリミングなどで緊張することがあります。リラックスした音楽がかかっていると、これらのストレスを軽減し、犬がより安心することが期待されます。

・睡眠の促進

犬に対する音楽療法は、良質な睡眠を促進するのにも役立ちます。特に夜間や休憩時にかけることで、犬がより安眠しやすくなることがあります。

・アクティビティの刺激

活気ある音楽は、犬がエネルギッシュになり、遊びや散歩などのアクティビティに興奮するのに役立つことがあります。

音楽療法を行う際には、犬の反応を注意深く観察し、犬が特定の音楽にどのように反応するかを理解することが大切です。

 

吉川 奈美紀

吉川 奈美紀

投稿者の記事一覧

(きっかわ なみき)

ヨガ・ピラティス・空中ヨガ インストラクター
メディカルアロマアドバイザー

関連記事

  1. ゆるっとワンコ薬膳のススメ ~春ケア リカバリー編~
  2. 犬のリハビリテーション 第3回 ハイドロセラピーを体験!
  3. ペットの心身の健康に主体的に関わる~ホリスティックケア~ 第2回…
  4. ペットと一緒に暮らせる高齢者(シニア)向け住宅 – 2 ペットと…
  5. 犬の冬の過ごし方 第2回 愛犬と冬を安全に過ごすポイント
  6. ゆるっとワンコ薬膳のススメ 〜今年も要注意!浮腫み解消と自律神経…
  7. 犬がストレスを感じているとき「ストレスサイン」
  8. イヌに教え、教えられ 第45回 行動は経験でつくられる、気質より…

今月の人気ランキング

PAGE TOP