動物愛護

  1. 馬の祈り ~ A Horse’s Prayer ~

    乗馬インストラクターがお伝えする馬のお話、今回は「馬の祈り」です。 イギリスウェールズのある厩舎の片隅に貼られていたという詩です。 馬に携わる全ての方へ・・・

  2. 動物愛護法の他にも、動物を助けられるものがあります「消費者啓蒙目的のラベル」

    どうかあきらめないでください。 愛護法だけではなく、私たちが他にできることが、きっとあるはずです。 少しずつ、動物たちが幸せになれるように、私たちができることを、力を合わせて考えていきましょう。 動物たちのために。

  3. 動物愛護法の他にも、動物を助けられるものがあります「ポジション・ステートメント(陳述、意見書)」「共同組合、自主規制グループ」

    動物愛護法以外に、私たちができるアプローチの方法。 1. ガイドライン 2. ポジション・ステートメント 陳述、意見書 3. 共同組合、自主規制グループ 4. 消費者啓蒙目的のラベル

  4. 動物愛護法の他にも、動物を助けられるものがあります「ガイドライン」

    動物愛護法以外に、動物を幸せにするもの その他にも、私たちができるアプローチとしては、以下があると思います。 1.      ガイドライン 2.      ポジション・ステートメント 陳述、意見書 3.      共同組合、自主規制グループ 4.      消費者啓蒙目的のラベル これらについて、以下、具体的に個人的な意見を述べたいと思います。

  5. 動物愛護法の他にも、動物を助けられるものがあります

    日本では、国民の間に広く動物の愛護と適正な飼養についての理解と関心を深める為、動物愛護管理法で毎年9月20〜26日の間を動物愛護週間と定められています。 今回の世界の動物事情は、動物愛護について、動物虐待や違法行為などに関する「獣医法医学」を修了した認定法医学獣医師であり、アメリカ在住の現役臨床獣医師、シェルターメディシンでもある西山ゆう子さんにうかがいました。

  6. 動物を手助けする6つの方法

  7. ヨガでチャリティー 地域の力で地域の動物愛護を支えよう!

  8. ふるさと納税で動物愛護!

  9. イギリスとスイスの動物事情 第4回 イギリスとスイスを訪れて

  10. イギリスとスイスの動物事情 第3回 スイスの動物事情「SVPA(Société Vaudoise pour la Protection des Animaux ヴォー州動物保護協会)」

  11. イギリスとスイスの動物事情 第2回 イギリスの動物福祉「Southridge Animal Centre(サウスリッジ アニマル センター)」実務体験

  12. イギリスとスイスの動物事情 第1回 イギリス・スイス、そして日本の犬文化

  13. ペットと共に暮らすために考えたいこと 第11回 犬の咬傷事故における飼い主の法的責任

  14. ゾウが絶滅する?

  15. 人と動物が共生する社会のために 第3回 ペットをめぐり社会に発生している問題 ~飼い主さん一人一人の意識ある行動を

今月の人気ランキング

おすすめ記事

犬と人が共に笑顔で暮らすために ~ドッグトレーニングチーム dog luck~ 第1回 dog luckのはじまり

ペット先進国と言われる国々では、犬を迎えたらその体格の大小に関わらず、まず最初に求められるのが「適切なしつけ」であるといいます。お行儀よく振舞えるから人の迷惑にならず、結果的に「ペット不可」と規制される場所も少なくなる。日本ではまだまだ課題の多い部分ではないでしょうか。 「dog luck」は、プロ・ドッグトレーナー3名によるドッグトレーニングチーム。「犬を取り巻く人と社会の意識の底上げ」を大きな目標として掲げています。

新着記事

PAGE TOP