飼い方

  1. 子供と犬を守るために 乳児とゴールデンレトリバーの事故を考える ドッグコーチ 里見 潤 さん

    その時の状況も飼い主も犬も、皆それぞれ違うので、どの可能性も考えられます。 では、痛ましい事故を起こさないためにどうすればいいのか。 噛んだ原因を探す以外にも、できる事があると思います。

  2. 犬と猫など異種ペットを飼うには? 後編 – よりよい組み合わせについて

    異種動物のペットを飼う場合、仲良く一緒に暮らしてくれるかどうかは基本的に予測不能です。しかし、そのような中でも比較的友好な関係を築いていけそうな組み合わせを考える余地はありそうです。今回は、飼い主さんの側で工夫できる部分について考えてみましょう。

  3. 子供と犬を守るために 乳児とゴールデンレトリバーの事故を考える

    2017年3月、ゴールデン・レトリーバーが乳児の頭部を噛んで死亡事故を起こしたというニュースを知り、犬と暮らしている人も暮らしていない人も、多くの人がショックを受けました。 このような痛ましい事故が再び起きることがないように、私たちが知っておくべきを犬とつながりのある様々な人に聞いてみました。

  4. 犬と猫など異種ペットを飼うには? 前編 – 注意点について

    犬と猫のほかにも、思いがけない組み合わせの異種動物たちが仲良くしている姿はほほえましいものです。私たち人間には分かり得ない友情や愛情があるのかもしれません。

  5. あなたは、人目線ですか?犬目線ですか?

    先日、長野市保健所にて開催された「犬のお悩み行動軽減セミナー」の講師を担当させて頂きました。 今回のセミナーでは、悩みに対するトレーニング方法ではなく、犬の行動を『人の目線ではなく、犬の目線から考える』習慣をつけることが問題軽減の第1歩になることを伝えてきました。

  6. ペットの肥満、原因と対策 後編 – ダイエットで体重を落として健康維持を

  7. ペットの肥満、原因と対策 前編 – ペットの肥満の要因は?

  8. 犬を迎えるとき大切なこと ~マッチング(お見合い)で共に幸せを~

  9. 猫が犬の数を上回りつつあるペット事情 後編 – 犬猫の飼育費用から考える

  10. 猫が犬の数を上回りつつあるペット事情 前編 – 犬猫の世話の面から考える

  11. 猫のしつけとケア 第5回 猫にアロマは危険!

  12. ペットの複数飼いの楽しさ、大変さ – 後編

  13. ペットの複数飼いの楽しさ、大変さ – 前編

  14. シニア犬・シニア猫との暮らし手帖 第1回 シニア犬のごはんと食べさせ方

  15. イヌに教え、教えられ 第24回 導く強さも必要

今月の人気ランキング

おすすめ記事

出会い

東京都世田谷区にある「ドッグシェルター」は、動物愛護センターに収容されている犬を引き取り、新しい飼い主を探す活動を行っています。そのままでは処分されてしまう犬を一匹でも救い、温かな家庭で幸せに暮らせるようにと里親となる方々を探す活動です。 今回は、ドッグシェルターの実務を担当している里見潤さんにお話をうかがいました。

新着記事

PAGE TOP