境谷真佐子

ゆるっとワンコ薬膳のススメ 〜東洋医学で肺もお肌もウルウルに!秋冬の乾燥対策〜 薬膳ごはんでケア レシピ紹介

今回ご紹介するレシピは、

** ワンコ薬膳レシピ紹介 **
乾燥に負けない体を作ろう!〜血とエネルギーを補給してウルウルご飯〜

〈 材料 〉1食分
鰤(今回はアラを使っています)…51g
炊いたご飯…34g
カブ…7g
山芋…7g
ニンジン…7g
カブの葉…7g
椎茸…6g

※分量は我が家の小桃(9歳シニア・7.9キロ)を基準にしています。
 手作りご飯の分量の目安は対象のワンコの頭の大きさを目安に体重、年齢、体調で調整してください。

※写真は分かりやすいように具材を大きめに切っています。
 実際に与える時は細かく切るか、フードプロセッサーなどでトロトロにしてあげるのがお勧めです。

〈 下準備 〉

・鰤は、骨を取り除く。
・茹でるなどして加熱しておくと取り除きやすいです。
 茹で汁も是非ご飯にお使い下さい!
・カブ・ニンジンは、皮を剥く。
 山芋の皮は、薬効が強いのでタワシで洗う程度にして残して下さい。
・具材は、全て「うちの子が食べやすいサイズ」に切り分けておく。

〈 手順 1 〉
お鍋にカブ、山芋、ニンジンを入れ、具材が泳ぐくらいにお水を入れて火にかけます。

〈 手順 2 〉
〈手順1〉に火が通ったら鰤と椎茸を入れ、更に加熱します。

〈 手順 3 〉
〈手順2〉に火が通ったらカブの葉とご飯を入れ、一煮立ちさせます。

〈 手順 4 〉
火を止め、冷まして盛り付けたら出来上がり。

薬膳豆知識 食材の効能をご紹介

「 鰤 」
エネルギーと血を養い、慈養強壮に優れています。
乾燥に弱いワンコが不足しがちな「陰」のエネルギーも養ってくれます。

「 ご飯(白米)」
活動のエネルギー源となる炭水化物を豊富に含み、元気を与えてくれる食材です。
消化吸収機能の回復し、心を穏やかにしてくれる作用もあります。
最近では人間もエネルギー不足で乾燥肌になる事も多いですので、気になる季節にはしっかり食べましょう。

「 カブ 」
整腸作用に優れ、胸や腹部の冷えによる痛みを和らげてくれます。
気の巡りを良くして消化不良や便秘の改善、頭に昇った気を下ろして頭痛やイライラ、高血圧の改善も期待できます。

「 山芋 」
「山薬(さんやく)」とも呼ばれ、消化器系、肺、腎の機能を高めて慈養強壮効果がとても高い食材です。
体を潤し、肺と胃腸を丈夫にする作用があります。ステロイドを使用しているワンコにもお勧めです。

「 ニンジン 」
血を養い、肝の働きを正常にして貧血や夜盲症、ドライアイを予防してくれます。
「食べる目薬」と言われるくらい目に良い食材です。
抗酸化作用が強く、免疫力を高めてくれます。

「 カブの葉 」
実は根よりも栄養が豊富で、造血作用、強い抗酸化作用があります。
カルシウムも豊富で、体を温めたり咳を止める作用もあります。
加熱し過ぎると効能が飛んでしまうので、サッと火を通す程度で。

「 椎茸 」
気や血の流れを良くして胃腸を元気にする作用があります。
コレステロールを減らし、抗がん作用もあります。
干し椎茸は更に栄養価が高くなり、貧血や高血圧、アレルギーの漢方薬にも使われます。


次は、「ツボマッサージとその他のケア」をご紹介します。

ゆるっとワンコ薬膳のススメ 〜東洋医学で肺もお肌もウルウルに!秋冬の乾燥対策〜

ゆるっとワンコ薬膳のススメ 〜東洋医学で肺もお肌もウルウルに!秋冬の乾燥対策〜 ツボマッサージとその他のケア

境谷真佐子

境谷真佐子

投稿者の記事一覧

(さかいだにまさこ)
タイ式ヨガインストラクター

「あるなら探せ。無ければ作れ」をモットーに、愛犬の快適な生活とお出かけを探求しています。 楽しいお出かけ情報や、グッズのリメイク術をご提案していきます。

愛犬小珠のブログ『小珠メモ』:https://ameblo.jp/umeran0412/
心臓病、パグ脳炎の小珠(こだま)との日々

関連記事

  1. ゆるっとワンコ薬膳のススメ 〜一緒に楽しもう!東洋医学を使って機…
  2. ゆるっとワンコ薬膳のススメ 腎ケアと《レシピ紹介》お腹も温める冬…
  3. ペットのフード選び 第2回.ダイエット
  4. ペットのフード選び 第1回.ライフステージとフードの種類
  5. ゆるっとワンコ薬膳のススメ 〜犬のアレルギーとの付き合い方〜《レ…
  6. ゆるっとワンコ薬膳のススメ 〜家族みんなで楽しむ東洋医学ケア〜
  7. ゆるっとワンコ薬膳のススメ 第7回 ~五臓のお話  『肝』~ 《…
  8. 「とっても簡単♪アバウトOK!第2弾 パパのズボンで作っちゃえ!…

今月の人気ランキング

PAGE TOP