吉川奈美紀

生肉と生魚、猫はどっちが好き?

「猫はお魚好き、犬はお肉が好き」
きっと私たち多くの日本人が猫に対してもっているイメージなのではないでしょうか?

愛猫や愛犬のために、食生活を大切に考えている飼い主さんが増えてきています。
今回は、猫の生食、魚を食べるときに気を付けておくことをお伝えします。

生の魚よりも生肉を好んで食べる!

猫は、生の魚より生肉を好んで食べる傾向があります。
これは、猫が本能的に肉食動物であり、自然界では獲物を捕まえて生の肉を食べることが一般的です。生肉は、猫にとって豊富なタンパク源であり、必要な栄養素を提供することができます。
また、生肉は猫の嗅覚や味覚にも訴えかける香りや風味を持っています。

ただし、個々の猫によって好みが異なる場合もあります。
一部の猫は、生の魚に強い興味を示し、好んで食べることがあります。

猫は生の魚を食べる?

本能的に肉食動物である猫は、自然界では獲物を捕まえて生のまま食べることがあります。
そのため、生の魚に対して興味を示すことがあります。

猫に生の魚を食べさせる時に気を付けること

魚は、猫の食事の一部として提供されることがあります。
市販のキャットフードの中には魚を主成分としたものもあります。
魚にはタンパク質やオメガ-3脂肪酸が豊富に含まれており、猫にとって栄養的に重要な成分です。

ただし、注意点もあります。
生の魚にはチアミナーゼという酵素が含まれており、大量に摂取するとビタミンB1(チアミン)の欠乏症を引き起こす可能性があります。
したがって、猫に生の魚を与える場合は適切な調理を行い、チアミンの損失を最小限に抑える必要があります。

また、一部の猫は魚に対してアレルギー反応を示すことがあります。
アレルギーがある場合は、魚を避けるようにしましょう。

猫に生の魚を与える場合は適切な調理方法

鮮度の確認:

新鮮で品質の良い魚を選びましょう。
魚の身に異常がある場合や、臭いや色が異常な場合は食べさせないでください。

適切な調理:

生の魚に含まれる細菌や寄生虫を除去するために、適切な調理を行ってください。
蒸したり、焼いたり、煮たりすることで、魚の安全性を高めることができます。

骨や皮の除去:

与える前に魚から骨や皮を取り除きましょう。
魚の骨は猫の消化器官に刺さる恐れがあるため、注意が必要です。

しかし、魚のみを食べさせると栄養バランスの偏りが生じる可能性があるため、他の栄養源を含んだバランスの取れた食事を提供することが重要です。
また、猫の好みは個体差があり、また食事の好みも変化する場合があります。
猫の健康と栄養を考慮しながら、獣医師と相談しながら最適な食事プランを作成することが大切です。

 

吉川 奈美紀

吉川 奈美紀

投稿者の記事一覧

(きっかわ なみき)

ヨガ・ピラティス・空中ヨガ インストラクター
メディカルアロマアドバイザー

関連記事

  1. ゆるっとワンコ薬膳のススメ 〜体の中から乾燥対策〜  つぼ押しマ…
  2. ペットのトラブル対処法 第5回 誤食編〈 ぶどう 〉犬がぶどうを…
  3. アメリカのシェルターにおけるコロナ対策「新型コロナウイルス流行が…
  4. ゆるっとワンコ薬膳のススメ 〜愛犬の手術前ケア〜 3 レシピ紹介…
  5. 猫と楽しく暮らす~快適住まいづくり 第2回 ”立体的な工夫”で空…
  6. ペットの医療・健康 第15回 頻尿(多飲多尿)腎不全・糖尿病・子…
  7. ゆるっとワンコ薬膳のススメ 《体質診断をしてみよう!》「水」の話…
  8. 「地域猫(TNR)」と「さくらねこ」

今月の人気ランキング

PAGE TOP