アニマルライツ

ブリーダー放棄犬 ~ 家族に福をもたらした「ふく」 ~

「繁殖としての用途が終わったから」という理由で、ブリーダーから放棄された推定5歳のイタリアングレイハウンドが、犬の譲渡を専門に行っている動物愛護団体『Dog Shelter(ドッグシェルター)』に保護された。
穏やかな性格だったその犬は、「ふく」と名前と名付けられ、新しい家族が見つかるまで私の自宅で預かることになりました。

性格が穏やかで老若男女誰とでも挨拶ができ、ハウストレーニングや留守番も上手だったふく。
一方、トイレのしつけをされておらず、リードを付けて散歩をした経験もなく、リードを付けて歩くことができませんでした。
ふくが新しい家族を探すための課題は、トイレトレーニングとリードを付けて散歩をする練習。
トイレトレーニングは、指定場所全面にシートを敷き、上手にできたらご褒美をあげ、成功率が上がってきたらシートを1枚づつ減らしていく方法。
散歩の練習は、無理せずふくのペースを観ながら少し歩けらたら褒め、時々ご褒美をあげて不安を自信に変えていく。
ふくができるところから始め、一歩一歩着実に、ステップバイステップで取り組み、トイレと散歩が安定してきた頃、ふくに里親希望の応募が届きました。

応募した人は、一人暮らしの女性で日中留守番がある。
団体によっては、犬を飼う家庭として不向きと判断されることもあるケースです。
でも、ふくは、留守番が得意で留守中のトイレも自らできる。
そんなふくの性格やタイプは、彼女の生活ととても合っていました。
私や団体スタッフは、犬への想いや気遣いがあるその女性に、ふくとの縁と感じ、ふくを送り出すことにしたのです。

トライアル初日。
注意事項を説明していると、私たちの横にちょんと入り込んで座るふく。
そんなふくを優しく撫でる様子を見て、私は「大丈夫」と確信した。

その後、トライアルでのトイレや散歩も順調に。
2週間後、ふくは、正式に彼女と家族になり、名前は「ふく」から「福」に変わった。

それから数ヶ月後、こんな嬉しいメールが届きました。
「お散歩中に会う赤ちゃんやおじいちゃん、おばあちゃんにもナデナデされると手をペロペロしたり、お正月には私の実家で飼っている保護猫とも仲良くなりました。福ちゃんのおかげで、みんなの心にも福が来ています、感謝ですね!」

犬に福(ふく)が来るようにと付けた仮の名前が、今は家族に福をもたらしてくれていた。

里見 潤

里見 潤

投稿者の記事一覧

(さとみ じゅん)

ドッグコーチ

1975年、横浜市生まれ。2004年、警察犬訓練校に入学、出張トレーニング会社を経て、保護活動団体「Dog shelter」の専属スタッフとして、保護犬のトレーニング、一時預かり家庭と里親家庭の間に入り、アフターフォローを担当する。
2012年7月より独立。出張、及び預託トレーニングを柱に活動する傍ら、保護犬の一時預かりを継続中。
 
日本警察犬協会公認訓練士
ジャパンケネルクラブ公認訓練士
東京都動物愛護推進員

 保護犬預かりを主に、トレーニングのことを書いている里見潤さんのブログ
 「イヌと歩けば。」http://setahachidog.blog.fc2.com

関連記事

  1. ドキュメンタリー映画「今日もどこかで馬は生まれる」
    映画の…
  2. プロレスで「犬猫殺処分ゼロ!」?! プロレス集団ZERO1大谷晋…
  3. 殺処分ゼロを目指して~「ちばわん」の活動から~ 第2回 「ちばわ…
  4. 台風19号で被災した動物保護施設をみんなで支援しよう!
  5. 日本は動物愛護後進国! ~海外に学ぶ動物愛護 第2回~
  6. 殺処分ゼロを目指して~「ちばわん」の活動から~ 第1回 動物愛護…
  7. 犬と共に、家族も学ぶ
  8. 鳥猟犬をたすけるために 第8回 「いのち」をめぐる多くの課題

今月の人気ランキング

PAGE TOP