トラブル

「ウン(チ)を拾って、運を取る」活動!

犬と散歩をしていると、道端に落ちているウンチ。
1度や2度ではなく・・・何度も見かける。
このままにしておくのは嫌だが、知らない犬のウンチを拾おうとは、そうそう思わない。
犬を飼っていない人から見たら、どの飼い主がウンチを放置したかは関係なく、ただ不愉快なことだろう。
嫌なイメージを持たれるのは、「ウンチを拾わない飼い主」ではなく、「犬」になってしまう。
日本において、犬や猫の社会的許容度合いや立場が低いのは、動物ではなく、マナーを守らない飼い主ひとりひとりの行動が原因だと私は思う。

わかっていても、そのことについて考えず、行動に移すわけでもない。
実際、私もウンチを拾う袋を忘れてしまうことがある。
後で取りに戻ることもあるが、そのままにしてしまったこともあった。
自分もマナーを守らない飼い主のひとりなのだ。
だから、他の犬のウンチが落ちていても気にしない。
うちの犬じゃないし、、、

でも、ふとした時にある考えが浮かんだ。
『ウン(チ)を拾えば、運が良くなるんじゃないか?』

ウンを拾って、運を取る!

明らかにバカみたいな考えだが、たまたまその後に新規の仕事が入ると
「朝の行いが呼び寄せたか?」と思うようになってしまった。
ただのこじつけだが、逆に拾わないとしばらくの間、気になり続ける。

もちろん無理はしない。
自分の犬のウンチを拾うための袋がなくならない分だけ拾う。
続かないので無理はしない。

知らない犬のウンチでも、落ちているのを見かけたら拾う習慣が広まっていけば、犬の社会的許容が今よりもっと大きくなるのではないか?
と、本気で思ったりもする。

犬の飼い主ひとりひとりが、日々の暮らしのついでにできる
「ウン(チ)を拾って、運を取る」活動!
あなたもやってみませんか?

そもそも、飼い主が自分の犬のウンチを拾えばなんの問題もないのだけど・・・

里見 潤

里見 潤

投稿者の記事一覧

(さとみ じゅん)

ドッグコーチ

1975年、横浜市生まれ。2004年、警察犬訓練校に入学、出張トレーニング会社を経て、保護活動団体「Dog shelter」の専属スタッフとして、保護犬のトレーニング、一時預かり家庭と里親家庭の間に入り、アフターフォローを担当する。
2012年7月より独立。出張、及び預託トレーニングを柱に活動する傍ら、保護犬の一時預かりを継続中。
 
日本警察犬協会公認訓練士
ジャパンケネルクラブ公認訓練士
東京都動物愛護推進員

 保護犬預かりを主に、トレーニングのことを書いている里見潤さんのブログ
 「イヌと歩けば。」http://setahachidog.blog.fc2.com

関連記事

  1. イヌに教え、教えられ 第28回 互いに成長する関係
  2. 犬と共に踏み出す一歩「KIDOGS」 第3回 若者と保護犬 KI…
  3. イヌに教え、教えられ 第29回 根気よく、気長に向き合う
  4. これから
  5. お悩みグセ解消エクササイズ 5時間目 止まって、歩かない
  6. イヌに教え、教えられ 第9回 競争は意欲を生む
  7. 人と命の間で
  8. 子供と犬を守るために 乳児とゴールデンレトリバーの事故を考え 桜…

今月の人気ランキング

PAGE TOP