トラブル

子供と犬を守るために 乳児とゴールデンレトリバーの事故を考える

子供と犬を守るために

乳児とゴールデンレトリバーの事故を考える


   はじめに

2017年3月、ゴールデン・レトリーバーが乳児の頭部を噛んで死亡事故を起こしたというニュースを知り、犬と暮らしている人も暮らしていない人も、犬が好きな人もそうでもない人も、きっと多くの人が何らかしらのショックを受けました。
 
犬の咬傷事故は、これまでも度々起き、メディアでも取り上げられきました。
しかし、今回の事故が私たちに特別強いショックを与えたのは、
   10ヶ月でハイハイのし始めの乳児が噛まれたこと
   飼い主である祖父母の目の前で起きた事故であること
   ゴールデンレトリバーという犬種へのイメージ
ということからではないかと感じています。

 

 

この事故に対して、メディアやドッグトレーナー、そして犬と暮らす飼い主など、ネットで様々な立場から様々な反応がありました。
このような痛ましい事故が再び起きることがないように、人が知らなくてはならないこと、飼い主が注意しなくてはならないことがあるとしたらそれは、
 
「感情や思い込みから出てくる言葉や話ではなく、正しい認識と判断の助けになるシンプルな知識」
 
今回の特別記事『乳児とゴールデンレトリバーの事故を考える』は、
異なる立場で様々なタイプの犬と関わりをもつ3人のライターから提供いただいたコラム連載です。
読み比べるうちに見えてくる共通点や、犬と子供とを観る新たな視点があります。
お読みいただく皆さんそれぞれに、届きやすい言葉、受け取りやすいコラムがありますように。
 
どうぞご覧ください。

 

   ライタープロフィール


    里見 潤 (ドッグコーチ) 

1975年、横浜市生まれ。2004年、警察犬訓練校に入学、出張トレーニング会社を経て、保護活動団体「Dog shelter」の専属スタッフとして、保護犬のトレーニング、一時預かり家庭と里親家庭の間に入り、アフターフォローを担当する。
2012年7月より独立。出張、及び預託トレーニングを柱に活動する傍ら、保護犬の一時預かりを継続中。
 
日本警察犬協会公認訓練士
ジャパンケネルクラブ公認訓練士
東京都動物愛護推進員
 
保護犬預かりを主に、トレーニングのことを書いている里見潤さんのブログ
 「イヌと歩けば。」http://setahachidog.blog.fc2.com
 


    栗山 典子 (CPDT-KA) 

幼少期をスイス・ジュネーブで過ごし、帰国後、日本の保護団体にて保護犬のリトレーニングなどを学ぶ。
トレーナー育成アカデミーを卒業し、現在は保護団体でのボランティア活動を引き続き行いつつ、動物病院に勤務している。
 
犬のこと トレーニングのこと 日々のこと。栗山典子さんのブログ
 「あびりんぶー」http://ameblo.jp/abirinbu/
 


    桜沢 ルミ 

子供の頃からの夢である犬との暮らしを始めたものの、ビーグルのやんちゃぶりに生活の危機を感じ、近所のしつけ教室に駆け込む。
以来ドッグトレーニングの素晴らしさに目覚め、愛犬と共にオビディエンス・アジリティ・優良過程犬テスト・k9ゲーム・ドッグダンス・ノーズワークと多様な競技にチャレンジを続けている。
また愛犬の体調管理のため、ドッグスクールアウラにて手作り食、犬護舎にてセルフケアマッサージを習得し毎日の健康管理に努めると共に、Song of Earthにてアニマルコミュニケーション講座を受講。
アニマルコミュニケーター・ヒーラーとしての独立を目指し日々勉強中。

 

2017年3月31日掲載

子供と犬を守るために 乳児とゴールデンレトリバーの事故を考える ドッグコーチ 里見 潤さん

吉川 奈美紀

吉川 奈美紀

投稿者の記事一覧

(きっかわ なみき)

ヨガ・ピラティス・空中ヨガ インストラクター
メディカルアロマアドバイザー

関連記事

  1. イヌに教え、教えられ 第31回 犬(動物)目線からの譲渡
  2. イヌに教え、教えられ 第19回 みんな違っていい
  3. 仔犬との暮らし手帖 第4回 とても大切な「社会化期」の過ごし方
  4. ペットのフード選び 第5回.避けたほうがよい食材
  5. 猫を飼い始めてからの必須ステップ 前編 – 健康チ…
  6. ペットと共に暮らすために考えたいこと 第5回 ペットが迷子になっ…
  7. ペットを葬るために
  8. 日本は動物愛護後進国! ~海外に学ぶ動物愛護 第5回~

今月の人気ランキング

PAGE TOP