飼い方

  1. 日本は動物愛護後進国! ~海外に学ぶ動物愛護 第3回~

    ティアハイムには犬猫に限らず、豚やウサギ、蛇などたくさんの種類の動物がいて、保護されている動物たちに「滞在期限」はありません。そのため、里親が見つかるまで動物たちはティアハイムで暮らすことができるので、殺処分数0件を実現することができたのです。

  2. 日本は動物愛護後進国! ~海外に学ぶ動物愛護 第2回~

    動物愛護団体にも日本では見られないような活動が見られます。その一つが「アニマル・ポリス」です。これは「王立動物虐待防止協会」の中に設けられたセクションで、動物愛護に関する法律の違反を調査・摘発する、いわば動物愛護のGメン的な役割を担っています。

  3. ワンコと赤ちゃんのいる暮らし 第2回 初めてのご対面と共に成長する中で ~キャバリアりんちゃんのお家では~

    初めての育児に精いっぱいだった私、助産師さんの新生児訪問では、メモ帳片手に大マジメで「犬(室内飼い)で気をつけることは?」と質問した記憶があります。 正直、「動物はダメ」とか「お部屋は分けて」とか注意されると思っていたのですが、返ってきた答えが 「赤ちゃんのお世話をしているときも、なるべくワンコをかまってあげるといいらしいですよ。 ワンコがヤキモチを焼いて赤ちゃんに敵対心を持ってしまうこともあるそう。 あとは抜け毛に気をつけて、掃除をマメに」でした。 この一言で一気に肩の力が抜けたのを覚えています。 最終的には「マニュアル」も「正解」もなく、今まで以上に深い愛情が大切なのだと感じました。 じつはこの方、元ワンコ飼いの現在ニャンコ飼いの助産師さんでした。

  4. ワンコと赤ちゃんのいる暮らし 第1回 妊娠・出産 ワンコとの暮らしを考えて ~キャバリアりんちゃんのお家では~

    我が家には5歳になる息子がいます。 愛犬(キャバリア・りんちゃん・7歳)を先に迎えているので、姉と弟といったところでしょうか。 毎日りんちゃん相手に遊んだり、お世話のお手伝いをしたりしています。 今でこそ見ていて微笑ましいですが、これまで決して平坦な道のりではありませんでした。 とくに、妊娠・出産時は試行錯誤の連続。 初めての妊娠の上に、ワンコ(室内飼い)と赤ちゃんのいる生活なんて、どんな育児書にも載ってなかったから……。

  5. ペットを失うということ 第2回 ペットを失ってしまったら

    ペットに向けてお手紙を書いたり、友人にお話をされたりすることも悲しみを表現するという大切なことです。「ご家族や友人に話すことができない」とお悩みの方へのサポートも行われています。 Pet Lovers Meetingは、3ヶ月に1回「ミーティング」を開催し、同じ経験を持つ人たちと経験を語り合い、お互いに支えあう場を提供されています。

  6. ペットを失うということ 第1回 ペットを失った時おこりうること

  7. 飼い主だから分かってあげたい!ペットのSOS~Part(4) 腹部ぼうまん~

  8. 飼い主だから分かってあげたい!ペットのSOS~Part(3) 歯周病~

  9. 飼い主だから分かってあげたい!ペットのSOS~Part(2) 多飲・多尿~

  10. 飼い主だから分かってあげたい!ペットのSOS~Part(1) 鼻の異常~

  11. 猫の飼い方 第4回.猫を迎える準備

  12. 災害と動物「ペットのための災害対策」

  13. 猫の飼い方 第3回.猫の選びかたと出逢い

  14. 犬の習慣から分かること 第3回.犬からみえる家庭の様子

  15. 猫の飼い方 第2回.猫を飼うための環境・費用

今月の人気ランキング

おすすめ記事

みんなの夢、猫の未来 第1回「不幸な猫をなくそう!」

猫は、保健所による捕獲義務のない動物です。その代わりに去勢や避妊の助成を行っている自治体が多くあります。足立区では、オス猫の去勢に2000円、メス猫の避妊に4000円の助成金制度を設けています。

新着記事

PAGE TOP