ペット

  1. 被災地に残されたペットの救済 〜 被災地に学ぶこと 3 〜


    犬も猫も人も助かってよかった、だけではない。 ひとりでも多くの人が日頃から避難について考え、「助かってよかった、だけではない」ことを意識をして、避難行動をするきっかけとなれたら幸いです。

  2. 被災地に残されたペットの救済 ~被災地に学ぶこと 2 ~

    《 実際に、災害が起きて救助作業をする時、考慮しなくてはならないポイントは3つ 》 *総監督の指示が絶対 *現地の人員 行政・警察・自衛隊・プロ・関係者・被災者、そしてボランティアのチームワーク *トリアージュ

  3. 被災地に残されたペットの救済 〜被災地に学ぶこと 1〜

    今回は、「被災地に残されたペットの救済」について、動物虐待や違法行為などに関する「獣医法医学」を修了した認定法医学獣医師であり、アメリカ在住の現役臨床獣医師、シェルターメディシンでもある西山ゆう子さんにうかがいました。 実際に行われた「熊本県球磨村での犬・猫、そして住民の救済」から学び考えることです。

  4. 犬にとって危険な植物たち ~危険!犬に食べさせてはいけない植物 2~

    とても身近に毒性のある植物があります。 気づかず被害にあってしまうことがないように、正しい知識と情報を身につけておきたですね。 ガーデニングで人気のある植物たちも多いので、植えるときは、ペットや子供が触れないように、有毒植物であることを自覚して栽培しましょう。

  5. 犬にとって危険な植物たち ~危険!犬に食べさせてはいけない植物~

    犬にとってとても危険でいちばん注意しなくてはならないのは、球根植物です。 犬が絶対に食べないように注意してください。

  6. 犬にとって危険な植物たち ~犬が食べていい植物は?~

  7. 新型コロナウイルスに感染した人が住んでいる住居に入る時の注意

  8. 新型コロナウイルスに感染した人が住んでいる住居に入る時の注意 「ペットの取り扱いを注意する理由」

  9. ペットと暮らす「部屋探し」と「家づくり」~周辺環境のチェックポイント~

  10. 新型コロナウイルス(2019 n-CoV)のペットへの感染について

  11. ペットの救急箱 我が家のオリジナル救急セットをつくろう!

  12. 災害時のペットとの避難を考える ~アメリカの事例:ペット同行避難のために事前計画を~

  13. 災害時のペットとの避難を考える ~アメリカの『スノーボール法』~

  14. 台風19号で被災した動物保護施設をみんなで支援しよう!

  15. これからのパートナー(犬・猫)と暮らす住まい ~多様なライフスタイルに対応できる間取り~  第2回 ずっと一緒にパートナーと過ごせる住まい

今月の人気ランキング

おすすめ記事

鳥猟犬をたすけるために 第1回 CACIの活動を始めるまで

現在の日本では、猟犬は「狩の道具」であり、狩の現場で飼い主が放棄してしまうことが多いのです。これらの猟犬たちは、動物愛護センターに保護されますが、鳥猟犬を家庭犬として引き取ってもらうのは難しく、多くの犬たちはガスによる殺処分によって命を終えてしまいます。

新着記事

PAGE TOP