トラブル

被災地に残されたペットの救済 〜被災地に学ぶこと 1〜

今年の長梅雨と豪雨により、台風シーズンを前に、すでにヘトヘトに疲れはてている地域もでてきています。
「コロナと災害」これから夏の暑さも加わり、どうなっていくか身構えています。

今回は「被災地に残されたペットの救済」について、動物虐待や違法行為などに関する「獣医法医学」を修了した認定法医学獣医師であり、アメリカ在住の現役臨床獣医師、シェルターメディシンでもある西山ゆう子さんにうかがいました。
実際に行われた「熊本県球磨村での犬・猫、そして住民の救済」から学び考えることです。

GORON 吉川奈美紀


西山ゆう子さんの情報サイトより(2020年7月25日)
https://yukonishiyama.com/disaster-pet-rescue/

この度の豪雨により、被災された方々に、心からお見舞い申し上げます。

新型ウイルス伝染病、異常気象、暴風雨、地震。。。
私たちは、いつの時代も自然と闘いながら、自分を、社会を、人類を守らな畔はいけなのだなー、と感じています。
そんな中で、やはり私たちは、どんな時もペットを守らなくてはならない、ペットを守る義務があると痛感しています。

熊本の球磨村での犬・猫、そして住民の救済記事について

ところで気になる記事を目にしたので、今日はこれに関する個人的な感想を述べたいと思います。

避難した後に、自宅に残された犬・猫を助けてほしい、という要望が、ARROWSに入り、ヘリコプターが出動し、動物は無事に保護されたとのこと。
その途中で、孤立状態になっていた住民17人の移動も手助けをした、という記事である。
残されたペットが無事保護され、避難所の飼い主と再会できたことは、すばらしい、よかった、と安堵するニュースである。
しかし、この方はジャーナリスト。
記事の報道に関して、するどい指摘をしている。

以下、中東氏のコメント。

球磨村の担当者は「結果的に早期救助につながってよかった。とはいえ今回は偶然のケース。今後同様のことがあった場合は、状況に応じて判断する」としている。
素直に担当者が喜んだコメントを載せないのは何故?
西日本新聞は、なぜ17人の置かれた状況を説明しない?
何故、自衛隊は17人を発見できなかった?
素朴な疑問がいくつか。。。。

次ページへ、続く

被災地に残されたペットの救済 ~被災地に学ぶこと 2 ~

吉川 奈美紀

吉川 奈美紀

投稿者の記事一覧

(きっかわ なみき)

ヨガ・ピラティス・空中ヨガ インストラクター
メディカルアロマアドバイザー

関連記事

  1. ペットの医療・健康 第21回 前庭疾患(突発性前庭疾患)
  2. おうち時間を犬と楽しもう!
  3. ペットの医療・健康 第24回「鼻水・くしゃみ」が出るとき
  4. ペットと共に暮らすために考えたいこと 第5回 ペットが迷子になっ…
  5. 犬のリハビリテーション 第3回 ハイドロセラピーを体験!
  6. アメリカのシェルターにおけるコロナ対策「新型コロナウイルス流行が…
  7. 『パックウォーク』のすすめ – 1
  8. ドキュメンタリー映画「今日もどこかで馬は生まれる」
    映画の…

今月の人気ランキング

PAGE TOP