健康・病気

ペットの医療・健康 第20回 「肥満」のリスク

ペットの「肥満」は、関節への負担を増やし、心臓にも悪影響を及ぼすなど体に様々な悪影響を及ぼします。
飼い主の意識によって予防も解消も可能ですので、予備知識を持っておくとがペットの健康にとても大切なことです。

「肥満」は栄養失調って知っていましたか?

一般的に、「栄養失調=栄養不足=痩せている」と思いがちですが、栄養素やエネルギーの過剰摂取に起因する肥満も栄養失調の結果なのです。

「肥満」が健康に及ぼす影響

肥満は、適正体重に比べて寿命が短くなったり、さまざまな病気にかかりやすくなります。
肥満がペットの健康に及ぼす影響は、とてもたくさんあります。

骨や関節へのリスク増加(関節炎・椎間板ヘルニア・前十字靭帯断絶など)
心臓や呼吸器系の負担増加
肝臓などの機能低下
糖尿病の原因、または糖尿病の悪化
免疫機能低下や皮膚疾患などの危険性を高める
手術の際、麻酔のリスク増加
体温調整障害、暑さに対する抵抗力の低下

愛犬・愛猫が健康な状態で、少しでも長生きするために、肥満は絶対に避けなければいけない障害です。

肥満の定義

体に脂肪が過剰に蓄積されて状態が、体重の増加=肥満となります。
肥満の種類と対処法
・単純肥満
摂取カロリーが消費カロリーを上回る(エネルギーの過剰摂取)
完全室内飼育の猫や散歩が少ない小型犬は、運動不足になりがちです。
また、おやつやフードを少し多めに与えるなど、ちょっとした習慣がカロリーオーバーを招きます。
→栄養管理・食事管理による減量コントロール
・先天性の代謝障害や内分泌異常(副腎皮質機能亢進症や甲状腺機能低下症など)
→医師による治療が必要です

肥満の原因

ここで肥満をもたらす原因を改めて知っていきましょう。
1.過食
消費エネルギーよりも摂取エネルギーが上回る
2.運動不足
消費エネルギーが摂取エネルギーを下回る
3.去勢避妊手術、加齢
基礎新陳代謝の低下

肥満の判定

愛犬・愛猫が肥満であるかどうか判断する方法は、「ボディコンディショニングスコア(BCS)」です。
ボディコンディショニングスコアには、5段階の設定があります。
BCS1 … 痩せすぎ
BCS2 … 痩せ気味
BCS3 … 理想体重
BCS4 … 太り気味
BCS5 … 肥満
愛犬・愛猫の体を見てチェックしてみましょう。
〈犬のボディコンディショニングスコア 参考サイト:PETLINE〉http://www.petline.co.jp/bc/about/
〈猫のボディコンディショニングスコア 参考サイト:wanfoo〉http://www.wanfoo.co.jp/cat/school/report5/

もし、愛犬・愛猫の健康のために減量をしようと決めたら、周りの人・家族の理解と協力が不可欠です。
肥満による健康リスクを減らし、愛犬・愛猫が健康に長生きできるようにしていきましょう。

ペットの医療・健康 第19回 アレルギー性皮膚炎

ペットの医療・健康 第21回 前庭疾患(突発性前庭疾患)

吉川 奈美紀

吉川 奈美紀

投稿者の記事一覧

(きっかわ なみき)

ヨガ・ピラティス・空中ヨガ インストラクター
メディカルアロマアドバイザー

関連記事

  1. ペットの医療・健康 第9回 ワクチンの知識 猫編
  2. ペットの医療・健康 第13回 「てんかん」について知ろう 【体験…
  3. 家に残すペットの命を守るために 〜東日本大震災から9年、今の私た…
  4. ペットの医療・健康 第3回 ペットの健康診断について
  5. 2016年の動物愛護週間 環境省や動物愛護団体のイベントに参加し…
  6. 犬のリハビリテーション 第3回 ハイドロセラピーを体験!
  7. 動物愛護週間のイベントに参加してみよう!
  8. 動物を手助けする6つの方法

今月の人気ランキング

PAGE TOP