トラブル

犬にとって危険な植物たち ~犬が食べていい植物は?~

 犬が食べてもいい植物たち

犬が食べてはいけない植物は、驚くほどたくさんあります。
そこでまずは、犬が食べてもいい植物を覚えておきましょう。

食べてもいい植物を覚えることで、それ以外の植物を犬が食べないように気を付けたり、庭に植える植物やベランダ・室内などに置く植物を選んだり、危険がないような配置を考えることに役立てられますね。

《 笹 》
くま笹などの若い芽を好んで食べます。
吐き出したいものがあるとき、食べることもある植物です。

《 イネ科の植物 》
エンバク・エノコログサ(ネコジャラシ)・スズメノカタビラなど
細長い葉の植物たち、道や公園などでよく見かける雑草です。
エンバクは、胃もたれや胸やけを解消することができます。

《 カモミール 》
カモミールは、ダニやノミ対策にも効果があります。
香りが良く犬にとって安全なハーブです。

《 ローズマリー 》
我が家の愛犬は、雨上がりの立性のローズマリーが大好きです。
葉にある香りのついた雨水を身体につけるように、すり寄っていました。
少し接触するだけで香りが広がるローズマリーは、犬の匂いの消臭にも役立ちます。

《 タイム 》
タイムは、繁殖力が強く日当たりがよければ横に広がっていきます。
タイムも消臭効果があるハーブです。

これらが、犬の食べてもいい植物です。
では、次に注意が必要な植物を押さえておきましょう。

 

犬にとって危険な植物たち ~犬が植物を食べる理由とは?~

犬にとって危険な植物たち ~危険!犬に食べさせてはいけない植物~

吉川 奈美紀

吉川 奈美紀

投稿者の記事一覧

(きっかわ なみき)

ヨガ・ピラティス・空中ヨガ インストラクター
メディカルアロマアドバイザー

関連記事

  1. いろいろある犬や猫の記念日(5~8月)
  2. クリスマスに動物愛護団体や愛護センターの動物たちへ愛のプレゼント…
  3. 毎年9月は動物愛護週間
  4. ペットの医療・健康 第14回 「てんかん」について知ろう 【体験…
  5. 被災地に残されたペットの救済 ~被災地に学ぶこと 2 ~
  6. 犬と猫と人間 『皮膚のトラブルと皮膚常在菌』のお話し
  7. ブリーダー崩壊・多頭飼育崩壊現場ボランティア 第1回 準備する「…
  8. 臨床検査を受けるときの注意点とお家でできる健康チェック

今月の人気ランキング

PAGE TOP